« バンの後部扉で雨除け | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2024年4月 4日 (木)

シュワルベ英式バルブコア 寿命

今日は三件4台のご依頼です。

一件目は、後輪のタイヤが外れた子供載せ電動アシスト自転車と暫く乗られていなかったシティ車の点検です。
タイヤの外れは、パンクによるものでした。
チューブの損傷が心配でしたが、無理な扱いをされなかったようでチューブもパンク穴以外は無傷です。
揉まれか擦れによる痛みですが、パンク穴の周囲には深い傷はなくパッチで対処です。
各部点検、注油して修理完了です。
 シティ車は空気が抜けていましたが、虫ゴムを交換して、空気を入れて、もう一台の修理の間放置しましたが空気圧の低下は感じられません。
各部点検、注油して復活です。

二件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いしてチェックするとタイヤのカーカス切れによるバーストです。
お客様がお持ちの使用予定のない自転車が同サイズでしたので、前輪の状態の良いタイヤを移植です。
古い自転車でリムバンドがリムに張り付いていて、リムバンドの除去に一番時間が掛かりました。

三件目は、子供載せ自転車の前輪のパンク修理のご依頼です。
折り目(山折り)パンクでパンク穴はパッチで対処できましたが、後輪の空気はしっかり入っていて折り目が出来た原因を調べてバルブコアからのエアー漏れを見つけました。
シュワルベ英式バルブコアでしたが、やはり寿命は有るようです。
新しいバルブコアに交換し、各部点検。注油して修理完了です。

« バンの後部扉で雨除け | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バンの後部扉で雨除け | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ