« ハンドル取り付けネジ緩み | トップページ | 2024_03_03の異物 »

2024年3月 3日 (日)

久しぶりの忙しさ

今日は、五件6台のご依頼です。

一件目は、予定の修理に出る前の折り畳み自転車パンク修理のご依頼です。
手を付けることは出来ず、お預かりしました。
放置でのエアー抜けの可能性も考え、バルブだけ新しくして空気を入れてから出かけます。

二件目は、シティ車の前ブレーキ異音と軽快車前輪のパンク修理のご依頼です。
 シティ車の前ブレーキの異音は、異音が恒常的には発生せず改善されたか良く分かりませんが、ヘッド部のガタを取ることで盛大ではない異音は解消しました。
各部点検、注油して様子見をお願いしました。
 軽快車の前輪パンクは接地面でSパッチ処置です。
空気圧管理の良い自転車でタイヤとチューブを合わせることで異物がすぐ見つかりました。

三件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
まだ新しい自転車ですが、前輪も空気が甘くあまりしっかりと空気は入れられていないようです。
タイヤ内でチューブが畳まれて削りカスも一杯です。
揉まれによる溝がまだ全周には至っていませんが、畳まれていた部分で強く発生しています。
大判パッチを切り出して予備軍を抑え込み、修理しました。
各部点検、注油して月一回の空気入れをお願いしました。

四件目は。クロスバイク後輪のパンク修理のご依頼です。700Cの英式バルブですが、バルブ根元剥がれです。
チューブとバルブの接合部に凹座金が掛かっていましたので、接着剤と穴あきパッチでバルブ根元パンク修理です。
水調べも石鹸水チェックもクリアして、お客様に状態をお伝えして修理完了です。

戻って一件目の折り畳み自転車をチェックしましたが。空気は減っておらずパンクしていないと判断しました。
各部点検、ハンドル曲がりの修正とサドル高さを限界で固定して、その後各部注油して修理完了です。

五件目はリヤカー牽引自転車の後輪パンク修理のご依頼です。
空気は減っていたのですが少し残っています。
三度水調べしましたがパンク穴は見つけられず、念のためバルブコアを交換して様子見をお願いしました。

« ハンドル取り付けネジ緩み | トップページ | 2024_03_03の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンドル取り付けネジ緩み | トップページ | 2024_03_03の異物 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)