« ハンドルの曲がり修正 | トップページ | ダブルピポットでもセンター出しは必要です。 »

2024年2月23日 (金)

スポーク折れ多数

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、小径折り畳み自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクはチューブの継ぎ目の剥離です。
リム側で空気圧管理はしっかりされている自転車でしたので、ニップルの頭との干渉が有ったのかもしえrません。
BB部のガタもあり左ワンで当たりの調整ですが、左ワン用のスパナではトルクが足りず、クランクを外して左ワン工具とスパナの出番になりました。
パンク修理後、チューブを嵌める時にスポーク折れを10本以上見つけました。
スポークの強度にも不信を持ってしまい、スポーク交換ではなくホイール交換をお勧めしました。
土自身でホイールを手配した後、再度ホイール交換のご依頼を頂くことになりました。

二件目は電動アシストのシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
溝は浅いのですが、揉まれ跡からのパンクです。
パッチ処理して各部点検して修理完了です。

« ハンドルの曲がり修正 | トップページ | ダブルピポットでもセンター出しは必要です。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンドルの曲がり修正 | トップページ | ダブルピポットでもセンター出しは必要です。 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)