« スポーク折れ多数 | トップページ | 雨ですがご依頼を頂きました。 »

2024年2月25日 (日)

ダブルピポットでもセンター出しは必要です。

昨日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、700Cクロスの前輪のパンク修理のご依頼です。
リム側のパンクでちょっと広い範囲の傷の中です。
パンク穴はパッチで塞ぐことが出来たのですが、該当位置にタイヤの削れ傷が有りました。
傷の原因はブレーキシューとタイヤの接触です。
ダブルピポットのブレーキですが、右側のブレーキシューが下限に取り付けられていて、取付位置を下げて逃げることが出来ません。
ブレーキのセンター出しをやり直し、右のピポット一を下げることで、ブレーキシューとタイヤの干渉を回避できました。

二件目は、クロスバイクの後輪スポーク折れです。
パッと見で5本以上折れていましたので、ホイールの持ち帰りです。
修理の合間に、スポークを交換し、全スポークのテンションを抜いて、スポーク張りからやり直しです。
フリー側で縦ブレを取って、反フリー側のスポークを張ってセンター出しです。
いつもより、全体のスポークテンションを上げました。
フリー側、反フリー側とも完璧ではないですが、スポークテンションを揃えて組みあがりました。

三件目は、部品が届いた幼児車の一本足スタンドの取付です。
各部点検。注油して取付完了です。

四件目は、荷物配達用リヤカーの右輪、タイヤチューブ交換です。
左はまだカーカスが出ていないため、寿命は短いですがもう少し使われるそうです。

五件目は、通学用シティ車の後輪パンク修理のご依頼です。
かなりチューブが広範囲で畳まれて調べると思った通りバルブ根元剥がれです。
剥がれの範囲がやや広く、遠方のお客様でしたのでリスク回避でチューブを交換させて頂きました。
各部点検でシフト調節をし、注油して修理完了です。

« スポーク折れ多数 | トップページ | 雨ですがご依頼を頂きました。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーク折れ多数 | トップページ | 雨ですがご依頼を頂きました。 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)