« チューブ保護は難しいです。 | トップページ | BB部のガタ再発 »

2024年1月21日 (日)

久しぶりのスライムパンク防止剤サイト更新

あまりブログでは記事にしないようにしているのですが、ちょっとした発見がありましたので、報告がてらです。

英語では、パンクを表す表現が少なくとも二つあります。
Flat Tire と Puncture です。
日本語ではどちらもパンクと訳すようですが、Slime.comでは FLAT TIRE と PUNCTURE が使い分けられています。
FLAT TIREはパンクして空気が抜けた状態。
PUNCTUREは、FLAT TIREの原因になるパンク穴を示すようです。
パンク防止剤は、「PREVENT & RIPEAIR FLAT TIRES」と用途が記載され、パンク(PUNCTURE)を防ぐものではなく、FLAT TIREを防ぐもの。
パンク穴を塞いでパンク穴からの空気の漏れを減らす商品のようです

スライムパンク防止剤は
パンク(Flat Tire)防止剤だから、パンク(Puncture)防止を期待してはいけないのだとどのようにお伝えすれば分かって頂けるのか。
現状のスライムパンク防止剤被害低減プロジェクトの記載で十分でしょうか?
https://anocora.com/Slime/
https://anocora.com/slime_details/
https://anocora.com/Slime/slime2022index.html

« チューブ保護は難しいです。 | トップページ | BB部のガタ再発 »

スライムパンク防止剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューブ保護は難しいです。 | トップページ | BB部のガタ再発 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)