« 同じ日に二回の修理依頼 | トップページ | 折り畳み自転車組み立て »

2023年12月23日 (土)

久しぶりのブレーキドラム外し

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目はお孫さんのロードのへダルをピンディングペダルへの交換のご依頼です。
お孫さんが、右のペダルは外されたそうですが、左は外せなかったそうです。
逆ネジをご存じなかったのかもしれません。
アルミクランクへの取付なのでアンチシーズコンパウンドを塗布して取付です。
アンチシーズを興味深そうにご覧になっていました。

二件目は、シティ車の漕ぎが重くなったとのご依頼です。
体力維持のため月間400キロ走破を目指されているそうですが、今まで50分で行けたところに60分掛かるようになったとの事。
治せるかと不安を持ちながらのお伺いです。
前輪は軽く回ります。
後輪は少し重い気がしますが、それほどの重さは感じません。
お借りして乗ってみると微妙に重い気がします。
ホイールを外してチェックしようとして、フリーとフレームの間の草の茎が絡まっているのを見つけて取り除きました。
ハブ軸を回しても重さは感じません。
フレームとホイールのセンタ合わせに気を使いながらチェーンの張りを少し緩めにしました。
絡んだ草のせいだったのか、乗ってみると少し軽く漕げる気がします。
それほどは減っていなかったのですが、規定の3気圧まで空気を補充して乗車確認して頂くと、軽く走れるようになったとのお言葉。
無事修理出来たようです。

三件目は、しばらく乗られていなかった自転車の再生です。
鍵を無くされて、リング錠を外そうとされていました。
後輪の空気が抜けていますが、前輪は少し空気が残っています。
パンクチェックで、削れたような大きな穴(長さ3mm幅1mm)を見つけ、パッチを貼りましたが、パンクした理由が分かりませんでした。
タイヤを嵌めようとして、スポークが一本折れているのに気づきました。
外装6段、バンドブレーキのギヤ側で内頭のスポークです。
スポークプロテクターが干渉して、Fixスポークもどきがハブ穴に通りません。
ホイールを外してボスフリーを外しましたが、ブレーキドラムが邪魔をしてスポークが通りません。
久しぶりでブレーキドラムを外しました。
振れ取りしようとして、タイヤのスポット摩耗に気づきました。
鍵を無くされた時に、後輪を引きずられてのパンクでした。
タイヤチューブも交換して、各部注油して、BBのガタを取って修理完了です。

« 同じ日に二回の修理依頼 | トップページ | 折り畳み自転車組み立て »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同じ日に二回の修理依頼 | トップページ | 折り畳み自転車組み立て »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)