« 原因の見誤り。 | トップページ | チューブとリムを隔離 »

2023年11月 3日 (金)

状態は悪化しています。

昨日は、三件4台のご依頼です。

一件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクは揉まれパンクで、溝が出来ているのですが、浅めなのと深い部分がパンク穴の周辺にしかないことから、大判パッチでの対処を選択しました。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、リヤカー牽引自転車2台の後輪パンクと、後輪ギヤ部へのチューブ巻き込みのご依頼です。
 後輪のパンクは二日前の修理車です。
チューブサイドのパッチの近くからエアー漏れで、予備軍の見逃しですが、予備軍の発生原因は不明のままです。
 後輪ギヤ部へのチューブの巻き込みは前日に、リム側でのパンク修理をした新品チューブ装着の自転車です。
チューブを交換し、リム側にチューブから切り出した保護ベルトを装着してみました。

三件目は子ども乗せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
揉まれ跡は殆どなくしっかり空気圧管理された自転車ですが、チューブサイドでのエアー漏れです。
ウエルドラインなのか、チューブ欠陥なのか原因の判別が出来ませんでした。

 

« 原因の見誤り。 | トップページ | チューブとリムを隔離 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原因の見誤り。 | トップページ | チューブとリムを隔離 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)