« リヤハブ変形? | トップページ | バルブ根元パンクが起こりやすいチューブ? »

2023年11月12日 (日)

ご依頼が減ってきました。

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、三輪電動アシスト自転車の前輪のタイヤ交換のご依頼です。
お伺いしてみると、タイヤはまだ新しく、交換の必要はありません。
ウエルドラインパンクか揉まれパンクか判然としませんが、パンクしていましたので、パンク修理して、各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、子供車前輪のパンク修理のご依頼です。
バルブ根元が剥がれていてご自分での修理を断念されたそうです。
チューブが22x1.75で手持ちは有りません。
バルブ根元パンク修理で対応しました。
水調べも、空気充填後の石鹸水チェックもクリアーですが、お客様にはリスクのある修理とお伝えし、再発すればチューブ交換にお伺いしますとお伝えしました。
お子さんもおられたので、サドルの高さを調整し、乗車チェックをして頂き、修理完了です。

« リヤハブ変形? | トップページ | バルブ根元パンクが起こりやすいチューブ? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リヤハブ変形? | トップページ | バルブ根元パンクが起こりやすいチューブ? »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)