« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月の30件の記事

2023年11月30日 (木)

空気の入れ方

昨日は、三件3台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪の異音修理のご依頼です。
乗ると後輪から、ゴトンゴトンと音がするとの事。
タイヤ内でチューブが団子になっていました。
前輪も空気が少なく暫く(一年ほど)乗らずに放置されていたそうです。
虫ゴムを交換して、前輪に空気を入れてから修理に掛かります。
チューブを取り出しバルブ周りをチェックするとしっかりとバルブ根元が剥がれています。
剥がれが1/3を超えていたため、チューブ交換をご提案しました。
了解を頂いて、チューブを交換します。
交換後の各部点検で内装三段ベルクランクの不動です。
ワイヤーが固着して1速固定になています。
変速は使われないとのことで、2速で固定に調整です。
各部注油して修理完了です。

二件目は、こちらも放置されていたMTBの空気入れのご依頼です。
フレンチバルブですが、うまく空気を入れることが出来ないそうです。
ホイールには仏→英アダプターがついていますが、フレンチバルブのトップナットを緩めるところからレクチャーです。
前輪に空気を入れ、準備していたフレンチ(仏式)アダプタ カラータイプを使って頂きます、
アダプターを外し、
トップナットを緩めて、
アダプターを装着し、
空気を入れて、
アダプターを外し、
トップナットを締めて、
アダプターを取り付けて
空気入れ完了です。
終わったかなと思ったら、前輪の空気が抜けています。
やはりパンクしていたようで、パンク修理に掛かります。
チューブのリム側で、チューブにひび割れを起こしていました。
大判パッチで、他のひび割れ個所も抑え込んで修理しましたが、継続して使用されるなら、使う気持ちになられた時点で、チューブ交換を検討してくださいとお伝えしました。
その他各部点検、注油して修理完了です。

三件目は通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
まだ新しく、チューブに目立った痛みは有りません。
水調べ用に空気を入れても空気が貯まらずチューブが膨らみません。
バルブ根元は無事なので多分リム打ちかなと思いながら漏れを探すとやはりパンク穴が二個並んでいました。
間隔は狭かったので、Sパッチの縦貼りで対処しました。
修理後の水調べでも、空気が貯まらず、2か所目のリム打ちを見つけ、こちらもSパッチで対処です。
緩んでいた前かごを固定しなおし、各部点検、注油して修理完了です。

2023年11月29日 (水)

駐輪場で修理

昨日は、一件1台のご依頼です。

駐輪場で、施錠されたシティ車後輪のパンク修理です。
駐輪場の管理の方には話が通じていて自転車は目の前においてくださっていました。
チューブの空気を4回ほど出し入れしてチューブ全周の水調べをし、パンク個所は異物による一か所のみでした。
チューブにはパッチ処理をし、タイヤの裂け目は少し大きかったので接着剤で埋めました。
各部点検で前かごの固定金具を取り付け、その他注油して修理完了です。

2023年11月28日 (火)

HEチューブのバルブ根元パンク修理

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は24インチシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
空気を入れてもシューと抜けてしまうとの事。
虫ゴムを確認すると大部分が飛んで行ったようでわずかしか残っていません。
虫ゴムを交換して様子見をお願いしました。

二件目は27インチHEタイヤ装着のクロスバイク風シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
水調べするとバルブ根元からのエアー漏れです。
27インチHEのチューブは常備していませんので、バルブ根元パンク修理で対処です。
水調べも。石鹸水チェックもクリアー出来、お客様にもリスクのご説明は行って、修理完了です。

2023年11月27日 (月)

カートリッジBBでもガタが出ることが有ります。

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目は二ヶ月ほど前にパンク修理をさせて頂いたシティ車後輪の再パンクです。
パンク個所は不明なまま、チューブ交換で対処です。

二件目は、子供載せ電動アシスト自転車前輪のパンク修理のご依頼です。
パンクは、間隔の広いリム打ちパンクです。
接着剤併用で2枚のパッチで対処しましたが。スポークの張りが弱いです。
チェックすると4本のスポーク切れ。
スポークを交換し。各部点検、注油して修理完了です。

三件目は購入されて2年目の通学用シティ車のBBのガタです。
メーカー製でしかもカートリッジBBですが、右ワンも左ワンも緩んでいます。
右ワンを外すと左ベアリングのついたBBシャフトが抜けます。
不調のまま乗り続けられたのだと思われます。
ベアリングにもワンのネジ部にも決定的なダメージはなかったので、カートリッジBBを組みなおし改めて自転車に組付けです。
まともに走る自転車に戻りました。

 

2023年11月26日 (日)

リヤカー牽引自転車、再パンク

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
揉まれが深くチューブ交換と悩むレベルでしたが、時間の制約が有り大判パッチでの対処とさせて頂きました。
お客様には、その旨お伝えしました。
各部点検でサドルのガタ付きを見つけ、櫓のナットを締めて解消です。

二件目は、リヤカー牽引自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
三日前にこれで完璧と思いながらタイヤチューブ交換とリムチューブ隔離処置をした自転車です。
ショックを受けながらの修理ですが、チューブもチューブに重ねたチューブもリムから外れてスプロケットとチェーンに巻き込んでズタズタです。
処置が悪くタイヤがリムから外れたのかと疑いましたが、乗っていた方からは、「空気が減っていると気づいたが、そのまま乗り続けてチューブが絡まった」とのことで、バーストでないことは確認できました。
チューブにチューブを重ねるのにリムテープで固定したのですが、リムテープが細かくちぎれていました。
タイヤの内面には異常が見られなかったので、タイヤはそのまま継続使用、チューブとチューブの重ね着は新しくしました。
リムテープはちぎれが気になり、使わずにセット出来たので使用しませんでした。

 

2023年11月25日 (土)

ちょっとした接触事故

昨日は、一件1台のご依頼です。

シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、タイヤのトレッド(接地面のゴム)が薄くなって一部ですがカーカス(タイヤの空気圧を保持する布層)が露出しています。
お客様にもご確認頂き、タイヤ・チューブ交換での作業です。
チューブはバルブの根元が剥がれていましたので、タイヤ・チューブ交換をご提案して事らも正解でした。
各部点検で、後輪の振れを見つけ振れ取りしましたが、お客様にお伺いすると怪我には至らなかったそうですが車とぶつかられたことがあるそうで、それが原因のリムの歪みのようです。
注油も行って、修理完了です。

2023年11月24日 (金)

何が起きたのか良く分かりませんでいた。

昨日は三件、3台のご依頼です。

一件目は、前輪のクイックレリーズがなくなったクロスバイクの修理のご依頼です。
クイックレリーズは、中古をお持ちして取付です。
後のシフトワイヤーの外れてぶら下がっています。
アウターも欠損しインナーも痛みがひどいので交換です。
ディレーラーのワイヤー受けも破損していたのでブレーキアウター受けで代用し、インナーワイヤーの固定ネジも欠損をナベネジと座金で代用です。
シフターもシフトダウンレバーが欠損していますが、マイクロシフトのシフターで部品の入手可否も不明です。
取り敢えず自走可能にはしましたので、後は、お客様が考えられるそうです。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴム切れが有り。
念のため水調べしましたが、パンク穴は見つけられず、虫ゴム不良で確定です。

三件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
軽い揉まれ跡は有りましたが陥没したチューブ欠損からのエアー漏れです。
チューブ欠陥と揉まれの複合パンクです。
Sパッチで対処です。
各部点検、注油して修理完了です。

2023年11月23日 (木)

リヤカー牽引自転車のパンク対策

昨日は、三件3台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
タイヤ内でチューブが畳まれていました。
バルブの根元が剥がれかけていたので、接着剤で補修しました。
パンクは折り目(谷折り)パンクでパッチで対処です。
変速の調子が悪いとのことでチェックするとディレーラー側でアウターの端部が潰れています。
アウター端部の整形をして調子は戻りました。

二件目は前輪モーターの子供載せ電動アシスト自転車の後輪のパンク修理のご依頼です。
タイヤ、チューブを交換したばかりなのですが、バルブ座の脇で擦れパンクです。
パンクはSパッチで対処です。
前輪にはしっかり空気が入っていますが、後輪だけ空気が少なかったのか、子供が乗っている分タイヤが動きやすいのか良く分かりません。
タルク粉を入れてタイヤとチューブの摩擦低減を図っておきました。

三件目はリヤカー牽引自転車のパンク修理のご依頼です。
4日前、さらにその3日前にパンク修理をしています。
昨日は、お客様と確認をして、タイヤ、チューブ交換で対処です。
チューブにはもう一枚チューブを縦にカットして重ね着してからタイヤにセットしました。
カットした部分は、何か所かリムテープで止めてチューブの形状を保たせました。
使用状況を考えるとタイヤが半年ぐらいで交換時期になるそうです、それまでパンクしなければ良いのですが、
エアハブ、異物パンク防止ベルト、チューブの重ね着で保護されていれば、大丈夫でしょう。

2023年11月22日 (水)

気になる異音

昨日は、一件1台のご依頼です。

走行中に後輪からカチャカチャと何かが当たっている音がするとのご依頼です。
ほぼ毎日お使いのシティ車ですが、以前に漕ぐのが重いとのことで、内装三段のスプロケットを大きな歯数に交換しています。
その際、全ケースのチェーンカバーの後蓋の固定ネジとチェーンが当たりちょっと苦労した自転車です。
チェーンケースが動いたかと、後蓋を開けましたが、当たっている様子はなく、音を確認させて頂くと、チェーンケースの中でチェーンが暴れているようです。
チェーンの張りを調整し、注油して音は消えました。

2023年11月20日 (月)

水が冷たい季節になりました。

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は子ども乗せ自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
しっかり空気圧管理をされているようで、チューブの痛みは有りません。
空気をしっかり入れると一日ぐらいは持つそうで、バルブ周りの可能性も考えながらの水調べです。
水が冷たい季節になりました。
バルブ周りには異状はなく、細い針金によるパンクでした。
パッチ処理して、各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、リヤカー右輪のパンク修理のご依頼ですが、チューブがタイヤから飛び出してタイヤもリムから外れています。
その状態で走られたようでリムの周囲がバリだらけです。
タイヤも消耗がひどく、左臨も一緒にタイヤ、チューブ交換です。
リムのバリの整形のほうが時間が掛かりましたが、タイヤ、チューブを交換し、ハブの回転もチェックして修理完了です。

 

2023年11月19日 (日)

今日は点検の日

今日は、三件4台のご依頼です。

一件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、虫ゴムが飛んでいます。
毎日ご使用ではないとのことで、虫ゴム交換して様子見です。
追加で、クロスバイクの点検のご依頼です。
虫ゴムを交換して、各部点検、注油してそれぞれ終了です。

二件目は、24インチシティ車の前輪のパンク修理のご依頼です。
空気はしっかり残っています。虫ゴムも異状は有りません。
念のため虫ゴムは交換して、各部点検、注油して様子見です。

三件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクは、珍しく折り目(谷折り)パンクです。
パンクはパッチで塞ぎましたが、点検で後輪のカラカラ音が気になります。
ローラーブレーキで、ブレーキを軽く握ると異音がなくなりますのでブレーキからの異音で間違いはないようです。
ローラーブレーキグリスをたっぷり入れて音は減りましたが時折鳴ります。
グリスを追加して音は消えました。

2023年11月18日 (土)

今日も応急処置

今日は、二件3台のご依頼です。

一件目は、シティ車2台纏めてのパンク修理のご依頼です。
 1台は軽い揉まれパンクでSパッチで対処です。
傷みかけていた虫ゴムを交換し、各部点検、注油して修理完了です。
 2台目は、2か所の揉まれパンクでチューブの傷みが激しいです。
タイヤも内部からカーカスの弱りが見え、チューブをセットして空気を入れるとトレッドが少し剥がれて、サイドの割れも拡がっています。
お客様にご確認いただき、タイヤチューブ交換です。
外装変速ですので、フリーを外して、玉当たり調整とグリスの追加です。
ついでにローラーブレーキにもグリス追加です。
お約束のタイヤ交換時のサービス、シュワルベ英式バルブを付けて、空気を充填、各部点検、注油して乗車点検して修理完了です。

二件目は、リヤカー牽引自転車のパンク応急処置のご依頼です。
3日前に応急処置したばかりですが、今日もチューブサイドのリム寄りでチューブが傷んだような傷の中でエアー漏れです。
今日もSパッチで応急処置ですが、抜本的な対処が必要ですとお伝えしてきました。

2023年11月17日 (金)

寒波の所為?

昨日は、五件5台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
揉まれパンクですが溝は浅く、Sパッチで対処です。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
接地面のパンク穴ですが、普段の空気管理がよくチューブにはまったく痛みが有りません。
異物も緑のガラスが見つかって取り除けましたので、今後の憂いは有りません。
ディレーラガードの変形を戻し、各部注油して終了です。

三件目は、寒波の所為かペダル踏み抜けのご依頼です。
後輪を回してもラチェット音がしません。
フリーのラチェット部にスプレーオイルを吹き込み、固まったグリスを溶かして、ラチェット音復活です。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムが飛んでいましたが、念のためチューブを取り出して水調べです。
パンク穴は見つけられず、虫ゴム不良で確定します。
前輪の虫ゴムも交換し、各部点検、注油して修理完了です。

五件目は、左のブレーキレバーがグラグラとのご依頼です。
ワイヤー切れかと思いながらのお伺いでしたが、ブレーキレバーの軸の脱落でした。
軸の代わりに5mmのねじを通してナットを掛けておきます。
BB部のガタを取って各部点検。注油して修理完了です。

2023年11月15日 (水)

スポーク折れ三件

今日は三件、3台のご依頼です。

一件目は、走行中にパキパキと音がして、後輪が回らなくなったとのご依頼です。
スポーク折れを想定しながらのお伺いですが、目視で2本スポークが折れていました。
蝶穴だったので、車輪を外すことなく、タイヤとチューブ、リムバンドを外してスポーク交換です。
交換中にもう1本、振れ取り中にもう1本、計4本のスポークを交換です。
各部点検で、ホイールがフレームセンターに来ていませんでしたので、ホイールの位置を調整です。
注油して、乗車点検して修理完了です。

二件目は、パンク修理のご依頼ですが、お伺いするとスポークが折れているかもしれないとのことで点検のど依頼が追加です。
パンクチェックは二回水調べをしましたがパンク穴は見つけられず、緩んでいたトップナットに起因するバルブコアの固定不良によるエアー漏れのようです。
スポークは二本折れていました。
通し穴のハブでしたので,FIXスポークもどきを作って交換です。
各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、リヤカー牽引自転車のパンク応急処置のご依頼。
原因不明のチューブサイドのチューブ痛みを伴う継続パンクです。
当店では、修理不能とお伝えしていますが、応急的にパンク穴を塞いでほしいとのご依頼です。
パンク穴を塞いで、チューブをセット中に一本のスポークが折れているのを発見。
通し穴なので、FIXスポークもどきを作ってスポーク交換です。
応急処置ですので、何日で次のパンクが起きるかは分かりませんが、販売元での解析が終わり対処されるまでは応急処置で凌ぐしかありません。

チェーン調整

昨日は、一件1台のご依頼です。
シティ車を漕ぐと後輪から異音がするとのご依頼、変速も不調があるとのことで、内装変速ハブ一式をもってお伺いです。
異音を探ると、チェーンとチェーンケースの擦れ音でした。
後輪のハブナットを緩めるのですが、内装変速ワイヤーが3速の位置で固着してベルクランクから外れません。
ソケットレンチが使えないので、ペダルレンチで緩めます。
チェーンの張りを調整し、ブレーキの固定、ハブナットの締め付け、各部点検、注油して乗車確認です。
異音は解消して修理完了です。

ちょっと寄り道をして、柿匠農園さんで柿を買って帰ります。
今年の次郎柿は出来良いそうですが、まだ味は見ていません。

2023年11月14日 (火)

受注断念

昨日は、四件5台のご依頼です。

一件目は電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
揉まれパンクですが、某社パンク防止剤入りです。
パンク穴から緑の液が顔を覗かせています。
修理を始めてから初?ですが、某社パンク防止剤の存在を理由にチューブ交換とさせて頂きました。
穴から漏れてくるパンク防止剤はパッチとチューブの接着面を剥離させます。
一時的には付きますが、やがてはパッチが剥がれます。
パンク防止剤に負けたゴム糊
各部点検。注油して修理完了です。

二件目は。リング錠交換のご依頼です。
閂が勝手に下りてくるそうで、閂の戻しばね切れです。
各部点検でチェーンの弛みを見つけ、調整、各部注油して修理完了です。

三件目は、リヤカー牽引自転車後輪のパンク修理のご依頼2台です。
10日ほど前に、チューブとリムの隔離を行った2台が揃ってパンクです。
一台は、チューブに開きにしたチューブを全周接着してタイヤ内に装着しましたが、もう一台は業務に合わせて(気持ちが折れて?)パッチで穴を塞ぐ処置のみにしました。
お客様には、これ以上の対処を続けることが出来ませんと今後の修理対応をお断りしました。
製造会社様に原因究明と対処を委ねてくださいとお願いしました。

四件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
空気圧不足が原因の揉まれパンクです。
まだ新しい自転車ですが、もう錆び始めています。
各部点検、注油して修理完了です。

2023年11月13日 (月)

バルブ根元パンクが起こりやすいチューブ?

一昨日、ご依頼が減ってきたと書いたのですが、昨日は五件、5台のご依頼です。

一件目は、子供載せ電動アシスト自転車の子ども乗せの付け替えと籠の移動です。ハンドル部に装着の子ども乗せを外して、キャリアについている籠をハンドル部へ。
空いたキャリアに、リアの子ども乗せの装着です。
難しい作業はないのですが、慣れてはいないのでそれなりの時間が掛かりました。
各部点検、注油して、乗車点検して頂き、取付完了です。

二件目は子ども車の後輪パンク修理のご依頼です。
前輪も空気はなく、頂き物の自転車とのことで、虫ゴムを確認すると傷んでいます。
虫ゴムを交換して、各部点検中に、後輪のエアー抜けです。
バルブ座の近くでパンク穴(擦れ)を見つけ、Sパッチで対処です。
サドルを上げて、乗車点検して頂き、修理完了です。

三件目は、ロードバイク後輪のパンク修理のご依頼です。
700X28Cのチューブですが、リム打ちのパンク穴です。
切り出しのひょうたん型パッチで、対処です。
パッチとチューブをクランプで挟んで、しばらく養生します。
水調べでは剥がれる様子もなく、チューブの適合範囲の下限で使われているので剥がれを起こすリスクは少なそうです。
お客様には、スポーツ車のパンク修理のリスクはお伝えし、チューブ交換になる可能性をお伝えして、修理完了です。

四件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
後輪だけではなく、前輪も空気が少ないですが、固いタイヤなので、非力な方だと空気が入っているように感じられるそうです。
後輪は揉まれパンクです。
まだ溝が浅く、Sパッチで対処です。
前輪もチューブの再セットを兼ねて水調べしましたが、こちらではパンク穴は見つけられませんでした。
各部点検、注油して修理完了です。

五件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
最近チューブ交換をさせて頂いたばかりですが、チューブに痛みはないのにバルブ根元パンクです。
1.2mmチューブはバルブ根元に掛かるストレスが大きいのかもしれませんが、ちょっと早すぎです。
バルブ根元パンク修理をさせて頂き、お客様にはリスクと再発時にはチューブ交換しますとお伝えし、各部点検して修理完了です。

2023年11月12日 (日)

ご依頼が減ってきました。

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、三輪電動アシスト自転車の前輪のタイヤ交換のご依頼です。
お伺いしてみると、タイヤはまだ新しく、交換の必要はありません。
ウエルドラインパンクか揉まれパンクか判然としませんが、パンクしていましたので、パンク修理して、各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、子供車前輪のパンク修理のご依頼です。
バルブ根元が剥がれていてご自分での修理を断念されたそうです。
チューブが22x1.75で手持ちは有りません。
バルブ根元パンク修理で対応しました。
水調べも、空気充填後の石鹸水チェックもクリアーですが、お客様にはリスクのある修理とお伝えし、再発すればチューブ交換にお伺いしますとお伝えしました。
お子さんもおられたので、サドルの高さを調整し、乗車チェックをして頂き、修理完了です。

2023年11月11日 (土)

リヤハブ変形?

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、通学用シティ車の後輪パンク修理のご依頼です。
施錠されたままでしたが、空気を2回入れ替えて水調べをし、揉まれパンクを見つけました。
3回目の揉まれパンクで、施錠されていなければチューブ交換も考えましたが、溝は浅めでしたので最後のSパッチでの対処です。
各部点検。注油して修理完了です。

二件目は、折り畳み自転車の後輪からガタガタ音がするとの事、
ホイールが左右にガタついており、ホイールを外して玉当たり調整です。
ハブのフランジ部が若干変形しているようで、なかなか当たりが取れません。
何とかちょっと重めの回転でガタを取りガタつきも感じない位置を見つけました。
ヘッドのガタとハンドルのガタ付きもありヘッドワンの調整、ハンドルの折り畳みヒンジ部の固定を強くして、普通の折り畳みの乗り味になりました。

夕方の依頼では、ちょっと不具合が重なるとすぐ日没を迎えます。
なるべく明るいうちに修理を終えられるよう時間の調整をさせて頂いておりますので、ご協力をお願いいたします。

2023年11月10日 (金)

全損の見積り

昨日は、修理のご依頼はなく、事故車の修理見積が一件です。

車と正面から当たられたそうで、前輪のステンレスリムが走行不能な曲がり方をしています。
前ブレーキもリムから離れてタイヤに当たってフロントフォークが明らかに変形しています。
フレームには塗装剥がれや見た目の歪みは有りませんが、前輪周りの状況からフレームの交換が必要と考えました。
メーカーに確認したところ、フレームの部品としての供給は設定していないとのことで、原状回復には新車購入しかすべが有りませんでした。
真摯に話を聞いて対応くださったメーカーの営業の方に感謝しています。

2023年11月 9日 (木)

久しぶりの車いすパンク修理

昨日は、五件6台のご依頼です。

一件目は、電動アシスト自転車の後輪のパンク修理のご依頼です。
長く乗られている自転車ですが、チューブの痛みは少なくしっかり空気圧を管理されています。
パンクはウエルドラインか揉まれか判断がつきませんでした。
Sパッチで対処です。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、車いす右車輪のパンク修理のご依頼です。
バルブ座の脇でエアー漏れですが、チューブがWO 25-540 EVです。
切り出しの小パッチで対処しましたが、様子を見て頂き、漏れるようならチューブ交換で再修理です。
乗車点検してブレーキ等の不具合がないことは確認しました。

三件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、虫ゴムを交換してみたら、空気が減らないようだとの事。
後輪の虫ゴム交換と各部点検、注油でシティ車は終わったのですが、もう一台電動アシスト自転車の点検が追加になりました。
 電動アシスト自転車は、後輪の振れが有り、スポークをチェックすると2本ニップルが破損しています。
ニップルを交換し、振れを取って各部注油して、修理完了しました。

四件目は、鍵を無くされたとのことでリング錠の交換です。
後輪がガタンガタンと言いながら走っているとのことで、チューブの水調べをして、チューブの再セットです。
前輪にも空気を入れて普通の自転車に戻ったそうです。

五件目は、前かごの交換です。
点検注油は省略で、かごの交換のみです。

2023年11月 8日 (水)

20x2.125タイヤを準備していません。

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、配達業務でお使いのリヤカー右輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、タイヤのカーカスが切れてタイヤに穴が開いています。
左輪も確認するとカーカスが見えています。
両輪とも交換必須ですが、20x2.125タイヤを準備していません。
自宅に取りに戻り、両輪のタイヤとチューブを交換しました。
頻発していたパンクは今のところ落ち着ているようですが、チューブ交換しているので、一週間は持つはずです。
二週間ご依頼がなければ、対策に効果があったと判断しようと思います。

二件目は、子供載せ電動アシスト自転車の後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、タイヤのカーカスが切れてタイヤに穴が開いています。
交換必須ですが、20x2.125タイヤを準備していません。
自宅に取り戻って再度到着した時には日没です。
何とかバイクの前照灯の明かりを頼りにタイヤとチューブを交換しました。
点検までは出来ませんでしたが、注油だけは行いました。

部品を積んで走れる自動車がうらやましいと思った一日です。

2023年11月 7日 (火)

パンク防止剤に負けたゴム糊

昨日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
某パンク防止剤の入ったチューブですが、以前に修理したパッチが剥がれてパッチ脇からのエアー漏れです。
古いパッチを剥がして瞬間接着剤を併用して新しいパッチで対処しました。
直後はパッチが着いているように見えても、時限爆弾のように時を稼いでパッチを剥がしていくようです。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、リヤカー牽引自転車の前輪パンク修理のご依頼です。(パンク頻発の自転車ではありません)
ついでにスポット摩耗してカーカスの切れた後輪のタイヤチューブ交換です。
パンクは接地面で、厚いパンク防止ベルトをものともせずチューブまで届いたようです。
パンク防止ベルトの中も探しましたが異物は見つけられませんでした。
パンク頻発の車両ではないので、チューブとリムの隔離処置は行っていません。

三件目は、長期保管の子供車の点検のご依頼です。
問題になりそうなのは、錆びて固まったチェーンですが、注油して固まったコマごとに動かしてやることで復活です。
変速調整をして、乗車点検をして点検終了です。

四件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。

揉まれパンク?ですが空気は定期的に入れておられたようで、溝は浅くSパッチで対処しました。
各部点検、注油して修理完了です。

2023年11月 6日 (月)

シュワルベ英式バルブコア エアー漏れ

昨日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、マウンテンバイク後輪のパンク修理のご依頼です。
チューブを取り出すと過去にも何度か異物でパンクしたようです。
チューブには痛みも少なく、異物パンクかなと想定しながらパンク穴を探すと、接地面にパンク穴です。
パンク位置をタイヤと合わせて指先で探ると、突起物の感触です。
タイヤ内からは引きぬくことが出来ず、タイヤ外から抜きました。
パッチを当ててチューブを戻し、各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
揉まれパンクの予備軍が発現したようです。
溝は浅く、Sパッチで対処しました。
各部点検、注油して完了です。

三件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクはしておらず、シュワルベの英式バルブコアから世代に空気が漏れています。
バルブコアの交換で後輪のエアー抜けは終了ですが、前輪のタイヤがトレッド剥がれや接地面の割れがあり、寿命を迎えています。
お客様もご不安だったようで、タイヤチューブ交換が追加です。

四件目は、子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
ちょっと強めの揉まれパンクですが、タイヤの寿命も考えて、切り出しの大判パッチで対処です。
各部点検、注油して修理完了です。

五件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
こまめに空気は入れておられるようですが、虫ゴム切れで空気の減りが早かったのか、軽い揉まれパンクでした。
パッチで対処させて頂きましたが、点検でBB部のガタを見つけました。
左ワンで調整と取り掛かったのですが、左ワンが回りません。
ゴリゴリという感触も気になったので、クランクを外してBB部を分解清掃、グリスアップです。
組み上げると気持ちよ回るようになりました。
その後各部注油して修理完了です。

2023年11月 5日 (日)

タイヤ交換三件

昨日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、まだ新しいシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
後輪のタイヤに見てわかる穴が開いています。
お伺いすると、鍵を無くして頑張って持ち上げて運んでいたのだけれど、疲れてしまって。ほんの少し引きずってしまったとの事。
修復不能で、タイヤチューブ交換となりました。
折角ですので、後輪ハブにはたっぷりとグリスを足しておきました。

二件目は、折り畳み小径車の後輪のタイヤ交換のご依頼です。
パンクしてタイヤが割れたそうで、タイヤは取り去り済み、チューブのパンクはご自分で修理されたそうです。
手順を見て頂きながら、ホイールを外して準備されたタイヤを装着です。
ハブにもグリスを入れたな当たりも調整しました。
折り畳みのヒンジ部もしっかり固定し、各部点検注油して完了です。

三件目は、シティ車後輪のタイヤ交換のご依頼です。
ほぼ全周タイヤサイドが裂けて、タイヤがうねっています。
カーカスが一層しか残っていませんので、タイヤチューブ交換をさせて頂きました。
しっかりしたフレームの自転車で消耗品を交換すればまだまだ乗れそうです。
内装三段ですのでハブは開けませんでしたが、ローラーブレーキグリスは追加しました。

四件目は、22インチ子供車の後輪パンク修理のご依頼です。
パンクは揉まれパンクでした。
タイヤの交換時期も迫っているため、パッチでの対処とさせて頂きました。
各部点検、注油して完了です。

 

2023年11月 3日 (金)

チューブとリムを隔離

今日は、一件1台のご依頼です。

リヤカー牽引自転車の後輪パンク修理のご依頼です。
リムからタイヤが外れ、チューブが飛び出してローラーブレーキに巻き付いています。
ホイールを外して、ローラーブレーキも外し、ローラーブレーキ内にまで入り込んだチューブのかけらを取りだすために、ローラーブレーキも分解です。
四苦八苦しながらローラーブレーキを組み上げて、チューブ交換の前に耐パンクベルトを再装着します。
新しいチューブをセットし、リムとチューブの間にバルブを取り除いたチューブを入れて、リムからチューブを隔離します。
バルブも以前のエアーハブ用MPバルブに戻しタイヤの空気圧を3気圧に戻します。
オリジナルに、リム隔離チューブバンドの追加ですが、これで頻発パンクが落ち着いてくれるでしょうか?

状態は悪化しています。

昨日は、三件4台のご依頼です。

一件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクは揉まれパンクで、溝が出来ているのですが、浅めなのと深い部分がパンク穴の周辺にしかないことから、大判パッチでの対処を選択しました。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、リヤカー牽引自転車2台の後輪パンクと、後輪ギヤ部へのチューブ巻き込みのご依頼です。
 後輪のパンクは二日前の修理車です。
チューブサイドのパッチの近くからエアー漏れで、予備軍の見逃しですが、予備軍の発生原因は不明のままです。
 後輪ギヤ部へのチューブの巻き込みは前日に、リム側でのパンク修理をした新品チューブ装着の自転車です。
チューブを交換し、リム側にチューブから切り出した保護ベルトを装着してみました。

三件目は子ども乗せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
揉まれ跡は殆どなくしっかり空気圧管理された自転車ですが、チューブサイドでのエアー漏れです。
ウエルドラインなのか、チューブ欠陥なのか原因の判別が出来ませんでした。

 

2023年11月 2日 (木)

原因の見誤り。

昨日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼。
虫ゴム切れが有り、一日ぐらいで抜けるとのことです。
代替えの自転車もお有りとの事で、虫ゴム交換での様子見となりました。

二件目は700Cクロス後輪のパンク修理のご依頼です。
パンク穴はリム側で見つかりましたがめくれ上がったようなパンク穴で原因が良く分かりません。
瞬間接着剤を併用の切り出し小パッチで対処です。

三件目は、シティ車前輪がパンクしたとのことで、タイヤ交換のご依頼です。
ツートンタイヤですが、あめ色部分の劣化もなく、トレッドも残っていますのでパンク修理で対処させて頂きます。
接地面のパンクでパンク穴の位置に刺さりものも見つかり、除去しましたので、心残りのないパンク修理となりました。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
リム打ちを見つけパッチ処理、折り目(山折り)を見つけパッチ処理、それでも空気が貯まりません。
切れたようなパンク穴と周辺からの多数のエアー漏れを見つけ、お客様に確認してチューブ交換での対処に切り替えました。
前照灯の球交換をして、BB部のガタを取りましたが、右のリテーナーが破損しているようです。
リテーナー交換はせず、このままご使用です。
各部注油して修理完了です。

五件目は、リヤカー牽引自転車の後輪パンク修理のご依頼です。
耐パンクベルトを除去して、チューブ交換もして、バルブもシュワルベに交換していましたが、まったく原因を見誤っていたようです。
パンク個所はチューブサイドのややリムよりです。
パンク穴近くのリムにリムテープを貼って、パンク穴はパッチで塞ぎ一時しのぎです。
もう一度原因を探しながら修理を続けることになります。

 

2023_11_01の異物

タイヤ内からは取り出せず、タイヤ外から穿り出しました。

Dsc_0010_20231102070301 Dsc_0016_20231102070301
石片のようです。

2023年11月 1日 (水)

バンドブレーキの通し穴ハブ、スポーク交換

昨日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、ビーチクルーザーの前輪が回らなくなったとのご依頼です。
お伺いすると、前輪のハブが変形しタイヤが泥除けのステート干渉しています。
ハブの変形の原因は前輪の右玉押しがベアリング球を押しながら車輪の回転で締まっていったことによるものの様です。
取り敢えず、自転車屋さんまで押していけるようにして欲しいとのことで、ホイールを外しガタが有るのは承知で変形したハブで玉当たりを調整し動くようにしました。
近くの自転車屋さんをご存じとのことで、ハブの交換をしてもらってくださいとお願いして引き上げです。

二件目は、子供載せ小径自転車の後輪タイヤ・チューブ交換です。
しっかりリムラインをチェックし、乗車点検までして修理完了です。

三件目は、先日耐パンクベルトを外したリヤカー牽引自転車のパンク修理のご依頼です。
チェックしなかったタイヤの異物残りは問題がなかったようで、チューブサイドからのエアー漏れです。
パンク予備軍の発現と思いますが、もうしばらく様子見をお願いしました。
次回同様のパンクが起きればチューブを交換します。
耐パンクベルトを外す際にはチューブも同時に交換したほうがよさそうです。

四件目は、27インチ外装変速バンドブレーキ車のスポーク折れのご依頼です。
通し穴のハブでしたが、FIXスポークもどきで対処を試みました。
折れていたスポークが二本ともバンドブレーキ側で外頭の一本はスポークが通りましたが、内頭の一本が通せず、ホイールを外し、ブレーキドラムを外し、ボスフリーを外しての交換に切り替えです。
振れを取って、BB部のガタを左ワンで取って、右リテーナーの破損に気づきましたが、お客様のお出かけの時間となりタイムアップです。
各部注油だけはさせて頂きました。

 

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ