« パンク穴の見つからない空気漏れ? | トップページ | 見積もり、他 »

2023年10月 7日 (土)

初めてのチューブレスレディタイヤ

今日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
段差でパンクしたとのご説明くだっさた通りリム打ちパンクでした。
チューブを取り出す時にタイヤに違和感を感じたので確認すると一部分だけ偏摩耗してカーカスが露出しています。
パンク修理しても、タイヤが後3か月持ってくれるかどうかの状態です。
お客様にタイヤの状態を見て頂き、タイヤチューブ交換での対処に切り替えです。
ハブ軸にグリスを追加して玉当たりを取り、ホイールを組みつけました。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、20インチミニベロの漕ぎが重いとの点検のご依頼です。
当店のブログを読んで下さったようで、しっかり空気を入れたら軽く走るようになったとのことですが、一応点検をとのことで、
乗車点検、タイヤの回転チェックを行いましたが特に漕ぎが重くなる不具合は見つかりませんでした。
BB部のガタが有り、左ワンで玉当たり調整です。
その他点検注油して点検完了です。

三件目は、電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴム切れがあり、チューブが畳まれていました。
バルブ根元の剥がれがあり、お客様に確認いただいてチューブ交換で対処です。
前ブレーキから異音とのことでしたがダブルピポットブレーキでしたので、ブレーキのセンター調整で解消したようです。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は29インチMTBのタイヤ交換です。
純正タイヤを手配したものが入荷したので交換の訪問です。
タイヤがチューブレスレディタイヤだったので、いやな予感はあったのですが、リムもチューブレス対応リムでした。
古いタイヤを外すのにビードが落ちません。
チューブレス用のタイヤレバーを準備していなかったので、細いマイナスドライバーをリムとタイヤの間に差し込んで何とかビードを落とし、タイヤ、チューブを外しました。
ビードワックスは持っていたので、新しいタイヤにはビードワックスを使いました。
タイヤを嵌める際も、不本意でしたがタイヤレバーを使いました。
チューブドでのご使用でしたので、ビード上げは、5気圧まで空気圧を挙げて二発バン、バンと音を確認して終了です。

五件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
リム打ちの二つ穴パンクです。
Sパッチの縦貼りで対処し、各部点検、注油して修理完了です。

« パンク穴の見つからない空気漏れ? | トップページ | 見積もり、他 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンク穴の見つからない空気漏れ? | トップページ | 見積もり、他 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)