« 連日のバルブ根元パンク修理 | トップページ | 雨の屋外でパンク修理 »

2023年10月13日 (金)

偶然のパンク修理

今日は、二件3台のご依頼です。

一件目は、リヤカーを牽引する電動アシスト自転車の現状確認のためのお伺いです。
パンクが頻発するとのことで、何か問題を抱えて運用されているのか知りたくて自転車を見せて頂きました。
リヤカー牽引に特化したチューニングを施された自転車で、エアハブが前後に装備され、タイヤ内にはオリジナル?の耐パンクベルトが装着されています。
パンクとは無縁に思える自転車ですが、毎週のようにどれかがパンクするそうです。(5台以上はお使いのようです)
刺さりものによるパンクは少ないとのことで、私に思いつくのはタイヤのリムからのずれぐらいしかありません。
タイヤの空気圧の適正値を見つけて、エアハブの逃し弁の作動圧を合わせてやれればパンクを減らせるかもしれないとお伝えし、タイヤを触った所でパンクを発見です。
チューブを引っ張り出して、水調べすると、接地面でエアー漏れです。
パッチを貼って異物調べをする際、前述の耐パンクベルトに気づきました。
かなり大きな異物のはずですが、異物を見つけることは出来ませんでした。
 お客様とご相談して、タイヤの空気圧を挙げるため、虫ゴム使用のバルブコアをシュワルベ英式バルブコアに変更させて頂きました。
試しですが、タイヤに悪影響なく、パンクが減れば、一番簡単なパンク対策になります。

二件目は、シティ車の前後パンク修理と子供車の点検のご依頼です。
シティ車はしばらく乗られていなかったとのことで、前輪は空気が抜けていますが、後輪は空気が減っているだけです。
前輪の水調べを行いましたが、パンク穴は見つけられず、虫ゴム劣化だったようです。
各部点検、注油して修理完了です。
 子供車は空気が減っているだけでした。
各部点検、注油して修理完了です。

 

« 連日のバルブ根元パンク修理 | トップページ | 雨の屋外でパンク修理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連日のバルブ根元パンク修理 | トップページ | 雨の屋外でパンク修理 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)