« 雨の屋外でパンク修理 | トップページ | キッシュのお店 »

2023年10月16日 (月)

軽い修理ばかりでは終わりませんでした。

今日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
水調べしましたがパンク穴は見つけられず。
虫ゴムの切れもなく、明確な原因は不明ですが空気を入れる際にトップナットが緩んだ可能性がありそうです。

二件目は、シティ車のフリーの踏み抜けです。
ラチェット部に機械油を吹き込んで解消です。

三件目は、26インチ折り畳み自転車のハンドル固定と前かごの取付です。
通販購入車とのことでしたので、ペダルは増し締めし、前後ハブナットの固定確認です。

四件目は、外装六段シティ車後輪のタイヤチューブ交換のご依頼です。
タイヤがリムから外れチューブが飛びだしています。
見た目で分かる穴が開いていたので、ハッチを当てて水調べしてみると、揉まれ跡から盛大な空気漏れです。
揉まれ跡が深いので、パンク修理は断念しチューブ交換です。
ホイールを外して、チューブを交換し、ハブの軸受けにグリスを追加しようとしましたが、ボスフリーが外れません。
いつもなら、300mmのスパナに延長パイプをかまして、ホイールを固定して延長パイプに力を入れればすんなり外れるのですがびくともしません。
諦めてブレーキ側だけグリスを入れて終わるつもりでしたが、フリー側のダブルナットが効いていません。
組み上げるには、どうしてもボスフリーを外さなくてはいけなくなりました。
ダメもとだったのですが、AZ スーパーオイルスプレーをハブとの隙間に吹き込み、もう一度挑戦すると少し力は掛けましたが外れてくれました。
ホイールを組み上げてBB部のガタを見つけ左ワンで玉当たり調整です。ところがゴリゴリを音を出してクランクが回ります。
リテーナー破損確定です。
チェーンリングを外し、左ワンを開けて、右側リテーナーを交換です。
しっかり空気を言えれT乗っていただくと、軽くなったと喜んでいただけました。

« 雨の屋外でパンク修理 | トップページ | キッシュのお店 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の屋外でパンク修理 | トップページ | キッシュのお店 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)