« 久しぶりの一輪車(ネコ車) | トップページ | 偶然のパンク修理 »

2023年10月13日 (金)

連日のバルブ根元パンク修理

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
先日揉まれがひどくチューブを交換させて頂いたお客様です。
チューブを取り出そうとタイヤを外すとバルブ部でチューブが固い団子状態です。
チューブを取り出しバルブ周りをチェックするとバルブの根元がチューブから1/3位剥がれています。
最近は余程の事情がなければバルブ根元パンクの修理はしないのですが、交換したばかりのチューブで痛みは少なく、タイヤはトレッドがなくなってそろそろ限界が近いです。
延命のためバルブ根元パンクの修理です。
瞬間接着剤を剥がれ部に擦り込み、接着完了までバルブにチューブを押し付けます。剥がれ部が口を開けないことを確認し。少し空気を入れて剥がれ部からのエアー漏れがないことを確認します。やすり掛けをして、ゴムノリを塗布し、穴あきパッチをバルブを通して貼ります。
タイラップの入る隙間を開けてバルブナットを入れておきます。
剥がれの反対側にヘッドを置いてタイラップをワイヤープライヤーで締め、余分を切って終了です。
水調べで漏れがないことは確認し、ホイールにセットして空気を充填し、バルブ周りに石鹸水を掛け差後のエアー漏れチェックです。
漏れがないことを確認して、お客様に状況のご報告です。
漏れが発見されれば、チューブ交換にお伺いします。

二件目は、子供車のチェーン外れとホイールの点検のご依頼です。
スポークプロテクターが割れてチェーン落ちしたそうです。
ホイールを外しスプロケットを緩めることで救出できました。
ホイールには異状はなく虫ゴム交換とブロックダイナモの位置調整、注油で修理完了です。

« 久しぶりの一輪車(ネコ車) | トップページ | 偶然のパンク修理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの一輪車(ネコ車) | トップページ | 偶然のパンク修理 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)