« 空気補充二件 | トップページ | 2023_11_01の異物 »

2023年11月 1日 (水)

バンドブレーキの通し穴ハブ、スポーク交換

昨日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、ビーチクルーザーの前輪が回らなくなったとのご依頼です。
お伺いすると、前輪のハブが変形しタイヤが泥除けのステート干渉しています。
ハブの変形の原因は前輪の右玉押しがベアリング球を押しながら車輪の回転で締まっていったことによるものの様です。
取り敢えず、自転車屋さんまで押していけるようにして欲しいとのことで、ホイールを外しガタが有るのは承知で変形したハブで玉当たりを調整し動くようにしました。
近くの自転車屋さんをご存じとのことで、ハブの交換をしてもらってくださいとお願いして引き上げです。

二件目は、子供載せ小径自転車の後輪タイヤ・チューブ交換です。
しっかりリムラインをチェックし、乗車点検までして修理完了です。

三件目は、先日耐パンクベルトを外したリヤカー牽引自転車のパンク修理のご依頼です。
チェックしなかったタイヤの異物残りは問題がなかったようで、チューブサイドからのエアー漏れです。
パンク予備軍の発現と思いますが、もうしばらく様子見をお願いしました。
次回同様のパンクが起きればチューブを交換します。
耐パンクベルトを外す際にはチューブも同時に交換したほうがよさそうです。

四件目は、27インチ外装変速バンドブレーキ車のスポーク折れのご依頼です。
通し穴のハブでしたが、FIXスポークもどきで対処を試みました。
折れていたスポークが二本ともバンドブレーキ側で外頭の一本はスポークが通りましたが、内頭の一本が通せず、ホイールを外し、ブレーキドラムを外し、ボスフリーを外しての交換に切り替えです。
振れを取って、BB部のガタを左ワンで取って、右リテーナーの破損に気づきましたが、お客様のお出かけの時間となりタイムアップです。
各部注油だけはさせて頂きました。

 

« 空気補充二件 | トップページ | 2023_11_01の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気補充二件 | トップページ | 2023_11_01の異物 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)