« 回らない後輪 | トップページ | 久しぶりの一輪車(ネコ車) »

2023年10月11日 (水)

リング錠修理断念

昨日は、一件1台のご依頼です。

子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
一個ニップルが飛んでいますので、チューブをセットする前にニップルを交換するようです。
パンクは原因が良く分かりませんがリム側で、擦れたような跡が有り、スレ後の中にパンク穴が有りました。
リムバンドにも、リムにも原因となるような突起は見当たりません。
パッチで対処し、チューブを収める前に#13ニップルの交換です。
振れ取りを終えたところで、突然の雨です。
屋根下をお借りして。閂が受け側の穴に入らなくなった、ダイキャスト製のリング錠の修復を試みます。
いろんな工具で挟んでは本体の歪みを取り、何とか、閂が受けに収まりました。
雨上がりまで待って自転車に取り付けましたが、修復の効果はなく、閂は受けの穴には収まりません。
リング錠の修理は断念です。
各部点検、注油して修理完了です。

« 回らない後輪 | トップページ | 久しぶりの一輪車(ネコ車) »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

テンションが低いスポークがニップル越しにチューブを繰り返し押して穴が開く
というのもありました
リアキャリア付けの錠だとキャリア側も歪んでみたいですね
サークル錠裏側の上部鉄板が開いてるとガタが多くて安定しないですね

774さん コメントありがとうございます。

キャリアに取り付けられた錠でした。
開いていた鉄板はCクランプで押し戻したのですが、結果には繋がりませんでした。
次の機会が有れば、キャリアの歪みに注意してみます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 回らない後輪 | トップページ | 久しぶりの一輪車(ネコ車) »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ