« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月の30件の記事

2023年10月31日 (火)

空気補充二件

昨日は、七件8台のご依頼です。

一件目は、空気補充のご依頼です。
各部点検して注油して終了ですが、自転車の用途は乗用ではなく、ごみの運搬用とのことです。
腕に力が入らず、空気を入れられないとのことで、電動の空気入れをお勧めしました。

二件目は、外装変速のシティ車にスカートを巻き込んだとのご依頼
ハブナットを緩めて後輪を逆回転させながら取り外し、各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムに目立つ弱りはなかったのですが、三回の水調べでもパンク穴は見つけられず、トップナットの緩み?のようです。
各部点検、注油して終了です。

四件目は、シティ車後輪のパンクでタイヤ交換のご依頼です。
タイヤはきれいに使い込まれていて全周つるつるです。
一部ですがカーカスが見え始めていましたので、タイヤ、チューブ交換で対処です。

五件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
バルブ座脇の擦れパンクです。
やすり掛けに時間がかかりましたが、Sパッチで対処です。

六件目は、子供載せ電動アシスト自転車のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムを交換されていて、トップナットが少し緩んでいました。
毎日お使いではないとのことで、空気のみ補充して一日様子見をお願いしました。

七件目は、700Cクロスバイクの前輪のパンク修理のご依頼です。
リム側のパンクで、やすり掛けをしてパンク穴を確認するとチューブに割れが見つかりました。
チューブ交換で対処に切り替えました。
修理が終わった処で、奥様から子供載せ自転車の後輪不調のご依頼です。
空気がすぐ抜けることと、タイヤサイドのリムと当たる部分のタイヤ割れです。
空気を入れるとカーカスが一層切れてタイヤがゆがんでいます。
日没のため、出直し修理とさせて頂きました。

2023年10月30日 (月)

昨日はパンクは一件だけ

昨日は四件4台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪パンク修理のご依頼です。
スペシャルgバルブ(底十字)が使われていて、バルブからも少しづつのエアー漏れです。
空気圧が下がった為だと思われますがバルブ付近でチューブが団子になっていました。
パンク穴は折り目(山折り)パンクです。チューブの両サイドに折り目が出来ていたので、パンク予備軍にもパッチを貼って対処です。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、鍵を無くされたとのことでリング錠交換のご依頼です。
後輪から気になる音がするとのことで点検しますが、音の原因がはっきりしません。
漕ぐのをやめても音がするのでホイールに問題が有りそうです。
ホイールを外してローラーブレーキも外し内装三段ハブの状態から音を確認しながら組み上げです。
異音は無かったのですが、ローラブレーキグリスをついでですから足しておきます。
組み上げると音は消えていましたので、リング錠を交換して修理完了です。

三件目は子供載せ電動アシスト自転車のブレーキ不調です。
前ブレーキ(スマートコントロールブレーキ)のブレーキシューは減っていたので交換です。
後ブレーキはローラーブレーキですが、ホイールロックするのでグリスを追加しました。
チェーンが固まりかけていたので、揉んで柔らかくしておきます。
注油して修理完了です。

四件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
空気は残っているのですが、空気の減りが早いとのこと。
チューブを大きく膨らませ二回の水調べです。
パンク穴は見つからず、虫ゴム交換をして様子見をお願いしました。
まだ新しい自転車なのですが、一応点検注油しました。

2023年10月28日 (土)

二台目のパンク防止ベルト外し

今日は四件5台のご依頼です。

一件目は、2台のクロスバイクのブレーキ点検のご依頼です。
1台は握り代の残りもあり、シューに溝も残っているので点検通過です。
もう1台は、シューの溝がなく前後ともブレーキシューを交換です。
各部点検も異状なく、チェーンに注油して修理完了です。

二件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
接地面で破れたようなパンク穴を見つけ、タイヤを確認したらタイヤもカーカス切れで破れています。
お客様に状態を確認して頂き、タイヤチューブ交換で対処です。

三件目は、通学用シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムの弱りが有り、チューブが団子になっていました。
水調べで揉まれパンクを見つけましたが、折り目のパンクは有りませんでした。
大判パッチで予備軍を抑え込み、月一回の空気入れをお願いしました。
ブレーキレバーの取付を正しい位置に戻し注油して修理完了です。

四件目はリヤカー牽引自転車の後輪パンク修理のご依頼です。
一昨日の修理車かとびくびくしながらお伺いしましたが、別な自転車でした。
やはりチューブサイドで前回修理と近い位置です。
お願いして、パンク防止ベルトを外させて頂き、パンク穴はSパッチで対処です。
帰ってからの反省ですが、パンク防止ベルトを外した際は、タイヤの異物チェックを行うべきでした。
二日に一度パンクしていた自転車は、二日経過しましたが、パンクの連絡は有りません。

2023年10月27日 (金)

下小阪の大ケヤキ

 Dsc_0016_20231027202901
ケヤキの間を通って神社が有ります。
ちょっと感動する大きさです。

Dsc_0017_20231027202901
説明文が有りましたが、推定樹齢が500年を超えているそうです。
Dsc_0018_20231027202901
全景をとりましたが、木の間を通った迫力は表現できません。

耐パンクベルトを外しました。

昨日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いして確認すると、カーカスが切れタイヤに穴が開いてチューブが露出しています。
タイヤ・チューブを交換し、ハブにはグリスを入れ玉当たりを取ってホイールをセットします。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムの大部分が飛んでしまって穴が剝き出しです。
多分虫ゴム不良とは思いながらも、毎日お使いのご予定とのことで、念のため水調べです。
パンク穴を見つけることは出来ず、虫ゴム不良で確定します。
各部点検、注油で修理完了です。

三件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
お母様の形見の自転車とのことですが、カーカスが切れていましたので、タイヤチューブ交換とさせて頂きました。
BB部のガタを左ワンで取って、各部注油で修理完了です。

四件目は、パンクが連続して発生しているリヤカー牽引車の前々日に続いてのパンク修理です。
タイヤは24x1 1/2ですが、追加で耐パンクベルトが入っています。
パンク個所はチューブサイドでパンク位置は固定されてはいませんが範囲としては集中しています。
今回は、お客様にもご了解いただいて、耐パンクベルトを外します。
チューブも交換して、様子を見て頂くことになりました。

五件目は、日没間近のシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
暫くお伺いしていませんでしたが、揉まれとチューブ欠陥の複合のようで。溝は深くありません。
パッチ修理して、各部点検注油して日没前に終えることができました。

2023年10月26日 (木)

事故車のホイール交換見積り

昨日は、一件の見積もりと三件4台のご依頼です。

一件目は、事故にあわれた電動クロスバイクのホイール交換の見積もりのご依頼です。
お伺いすると確かにホイールはリムが大きく変形して交換が必要です。
事故の状況をお伺いすると、ぶつかったというより、自転車に自動車が乗り上げて引きつぶされたようです。
ホイール以外にもディレーラーハンガーの曲がりや、左クランクの曲がりが有り、フレームへのダメージがないとは言えない状況でした。
素直に、自転車の買い替えをお勧めして終了です。

二件目は。シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムはご主人が交換されているそうです。
パンクは折り目(山折り)パンクでした。
バルブのそばで、少しやすり掛けが面倒でしたがしっかりやすり掛けをしてSパッチで対処です。
各部点検。注油して修理完了です。

三件目は子供車二台のパンク修理のご依頼です。
まだ空気は残っており、空気の充填だけで終了です。

四件目は、日没間近でしたが、前輪タイヤ交換のご依頼です。
日没までにタイヤ交換と点検を終えることができましたが、帰路は夕闇です。

2023年10月25日 (水)

ちょっと嚙み合わない一日

昨日は、四件5台のご依頼です。

一件目は、子供車2台のパンク修理のご依頼です。
うまく連絡が取れず、ご不在時に訪問となり、後日再訪です。

2件目は、先日チューブ交換したばかりのリヤカー牽引自転車の後輪パンクです。
チューブサイドの揉まれともスレともつかないパンクです。
分厚く縁に厚みのある耐パンクベルトがタイヤ内に入れられており、耐パンクベルトによるパンクを疑い始めています。
次回からチューブ交換やタイヤ交換の際に、耐パンクベルトを外して様子を見ます。

三件目は700Cクロスバイクのパンク修理のご依頼です。
ホッチキスの針が刺さっていましたが、それとは別な場所でリム打ちと複数の星屑状パンクです。
パンク修理は諦めて、チューブ交換で対処させて頂きました。

四件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムを交換した?とのことですが、空気は入っていません。
水調べを二周しましたが、パンク穴を見つけることは出来ず、原因がはっきりしません。
各部点検で見つけたBB部のガタを取り、注油して完了です。

2023年10月23日 (月)

LEDブロックダイナモ不点灯

昨日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、一昨日、虫ゴム切れと判断したリヤカー牽引自転車の後輪パンク修理のご依頼です。
パンク穴が有るつもりでしっかり空気を入れて水調べすると、パンク穴が見つかりました。
チューブサイドですが、揉まれ傷は深くなく、揉まれに弱いⅤパッチではなくSパッチで対処です。

二件目は、小径電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
バルブ部でチューブが折り畳まれていました。2か所の山折りパンクですが、パンク穴が近かったのでSパッチでの対処をさせて頂きました。
多分次回のパンク時にはチューブを交換するようですとお伝えし、月一回の空気入れをお願いしました。
各部点検、注油して修理完了です。

三件目はシティ車の前照灯不点灯のご依頼です。
LEDランプのブロックダイナモなので、ランプ切れは無視できるだろうと思ったのですが導通チェックは正常で発電も電圧は出ているのですが点灯しません。
LEDランプのブロックダイナモは手持ちがなく、電球タイプのブロックダイナモと交換で対処させて頂きました。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は、配達用リヤカーの左車輪のパンク修理のご依頼です。
車輪がほぼむき出しなので、ホイールさえ浮かせておければ作業としては楽です。
今回のタイヤチューブは交換されたばかりとのことです。
パンク穴がチューブサイドでかぎ裂き状です。
リムがギザギザしていたのでやすりで均しはしたのですが、あまり原因とは結び付きません。
これで落ち着いてくれれば嬉しいのですが・・・

2023年10月22日 (日)

タルク粉追加

昨日は四件5台のご依頼です。

一件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
先日もお伺いしたばかりで、再修理かと不安がよぎりましたが、新たなリム打ちパンクでした。
パッチの縦貼りで対処でき、各部点検。注油して修理完了です。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
チューブに連即したひび割れが有り、その一部からエアー漏れです。
大判パッチで対処しましたが、チューブをセットして、空気を入れるとタイヤのサイドが大きく割れています。
2層のカーカスの内一層が切れていました。
状況をお伝えして、タイヤ・チューブ交換となりました。
ハブのチェックもしましたが、以前にもタイヤ交換させて頂いて、たっぷりグリスを入れた自転車ですのでガタの有無のみチェックです。
各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
タイヤ交換もご希望でしたが、まだ溝が残っており、タイヤ交換ではなく、パッチ処理で対応させて頂きました。
パンクは、揉まれパンクで以前に処置した大判パッチに穴が開いています。
パッチを削り取ってSパッチを貼りなおしました。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目はリヤカー牽引電動アシスト自転車2台の後輪のパンク修理のご依頼です。
 1台目は、チューブの5cmぐらいの範囲で複数個所からエアー漏れです。
しばらく悩んだのですが、修理後の安心感を優先して、チューブ交換で対処をさせて頂きました。
シュワルベ英式バルブに交換済みの機体ですが、先日交換したチューブの不具合のようです。
 2台目は、バルブの虫ゴム切れです。
バルブをシュワルベ英式バルブに交換して、空気を補充してホイールの回転をチェックした際にスポーク折れに気づきました。
内装三段の通しハブでしたので、FIXスポークもどきを作って交換です。
もとにスポークが#12ですが手持ちがなく#13で対応です。
#12のスポークも在庫する必要が出てきました。
今日の作業では、タイヤ内にタルク粉の塗布を追加しました。
それぞれ、各部点検、注油して修理完了です。

2023年10月20日 (金)

初めてのお散歩カー修理

今日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
前輪駆動の電動アシスト自転車です。
以前にも揉まれパンクで大判パッチで対処していましたが、揉まれの予備軍がパンクしてエアー漏れです。
溝も深いので、お客様にご確認いただき、チューブ交換とさせて頂きました。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
半日ぐらいは補充した空気が持つそうです。
バルブコアを見ると虫ゴムが切れていて、空気の残っていた噴出音がします。
虫ゴム以外のパンクが有っても一日の役には立つとのことで、様子見をお願いしました。
前輪の虫ゴムも交換し、各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、お散歩カーのブレーキ不具合のご依頼です。
様子見を兼ねて、見積もりのつもりでお伺いしましたが、不具合の内容は単純なブレーキワイヤー切れでした。
太鼓のところでワイヤーが切れたようです。
インナーのみ交換し、太鼓受けや、ワイヤー出入り口のグリスを塗布しました。残ったワイヤーにも同様の処置をして修理完了です。

四件目は、ロードバイクの前輪ホイール交換のご依頼です。
車との軽い衝突だそうでお怪我も無いようです。
拝見すると、振れが5mm弱出ています。
試しに振れ取りをしてみると、左程無理を掛けることなく、振れ取りできました。
乗車点検でも、違和感はないとのことで、修理完了です。

バルブコアがなくなっていました。

昨日は、三件3台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
黒いキャップがなく、と言われ、よくお聞きするとバルブコアまで無いようです。
お伺いすると、やはりバルブコアまで無くなっています。
パンクではなさそうですが、念のために水調べです。
やはりパンク穴は見つけられず、バルブコアがなくなったことが原因のエアー抜けのようです。
ご本人不在での修理でしたので、バルブコアがなくなった状況は不明です。
曲がっていたブレーキレバー、ディレーラーガードを戻して、注油して修理完了です。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
盛大にエアー漏れしていて水調べ無しでパンク穴は見つかりました。
裂けたような穴(2mmぐらい)で接地面です。
異物を探しましたが見つからず、パッチ対応です。
各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、先日タイヤのトレッド剥がれを接着剤で応急処置したお客様。
タイヤを手配して交換にお伺いしましたが、剥がれる気配がなく使用できているとのこと。
タイヤを手配してもらったから、交換しないといけませんよねとのお気遣いでしたが、使えているものを交換して廃棄するのは、使えるものは長く使ってくださいとの当店のポリシーに反します。
修理せず、そのまま様子見をお願いしました。

 

2023年10月19日 (木)

スクーターのバッテリー上がり

昨日は、三件3台のご依頼ですが、そのうち2台は再修理です。
一件目に向かおうとしたら、スタートボタンを押しても、スクーターのエンジンが掛かりません。
キックスタートも効かず、急遽奥さんの車に道具を積み替えてお出かけです。

一件目は、15日にパンク修理したばかりのリヤカー牽引の電動アシスト自転車です。
Ⅴパッチ切り出しの大判パッチを貼っていたのですが、パッチが傷んでエアーが漏れていました。
チューブ交換に切り替えて修理しましたが、揉まれやスレに強いチューブというのは有るのでしょうか。
次はタルク粉を試してみようかと考えている店主です。

二件目は、子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
カーカスが露出し、カーカス切れでタイヤにも穴が開いています。
タイヤチューブ交換で対処をさせて頂きました。
各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
8月末にパンク修理をさせて頂いていますが、前回修理の近くで揉まれとチューブ欠陥の複合と疑われるエアー漏れです。
もう一度パッチで修理をさせて頂きましたが、これで再発するようなら、チューブを交換させて頂きたいとお願いして、様子を見て頂くことになりました。

修理に合間に、スクーターのエンジンが掛からない原因をネットで調べましたが、どうもこのスクーターでは、バッテリーがあってしまうとキックでも始動しないようです。
新しいバッテリーに交換しようかとバイク部品屋さんに見に行きましたが、16千円もします。
自宅に12Ⅴの電動自転車用バッテリーが有りましたので、バッテリーを繋いでみたら、無事始動しました。
バッテリーが上がってしまった原因は不明ですが、充電はされているようなので、しばらく様子を見ながら走ってみます。

2023年10月18日 (水)

ハブ交換終了

昨日は、二件2台のご依頼です。
実はもう一台、お預かりの自転車を触っていました。

一件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
タイヤを確認するとカーカスが見えて、一部破れています。
お客様にもご確認頂きタイヤチューブ交換です。
ホイールを外したところで、二本のスポーク折れを見つけました。
ご了解頂き、スポークも交換しますが、蝶穴ハブなので長さを合わせてねじ切りして交換です。
ハブにはグリスを追加してホイールを組み上げセットして、各部点検で見つけたヘッドのガタを取って、注油して修理完了です。

お預かりの折り畳み自転車のハブ交換してのホイール組は、一昨日終わっていましたので、昨日はホイールをセットして組み上げです。
各部点検で見つけたヘッドのガタを取り、BB部のガタを取り、注油して終了です。
明日のお引渡し予定です。

二件目は、折り畳み自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、まだ空気は残っています。
余程小さな穴か、虫ゴムかとバルブを開けると、わずかですが虫ゴムが切れています。
念のための水調べもしましたが、パンク穴は見つけられず、虫ゴム切れで確定します。
各部点検、注油して修理完了です。

2023年10月17日 (火)

キッシュのお店

あまり、食べ物屋さんを取り上げることのない当店のブログですが、今日は曲げてお付き合いください。

美味しい、まずいはそれぞれその人の感性ですから、味については申しません。
ただ、無くなって欲しくないお店なので、一人でも知って下さり、お店のファンになって下さる方が増えてくれれば、嬉しいです。

川越、鶴ヶ島では珍しいキッシュのお店です。
キッシュ?て何
お菓子ではないのですが、タルト生地の上で焼き上げて作ります。
いろんな具材を卵とチーズとクリームで作った固めのソースに混ぜ込んでタルト生地に乗せてオーブンで焼きます。
我が家では、夕飯として作りますが、お店のキッシュは軽食にぴったりのサイズ感です。

今日は、鮭ときのこのキッシュ、秋野菜のキッシュを家内と二人で食べて、ほうれん草とベーコンと玉ねぎのキッシュを半分づつ食べたらおなかが一杯になりました。

こちらがお店のチラシです。

Tentoumusi
ちょっと場所が分かりづらいですが、おいしいものを探すのも楽しみと考えてください。

お店のインスタはこちらTENTOUMUSHI KAWAGOE (@quiche_tentoumushi_kawagoe)

2023年10月16日 (月)

軽い修理ばかりでは終わりませんでした。

今日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
水調べしましたがパンク穴は見つけられず。
虫ゴムの切れもなく、明確な原因は不明ですが空気を入れる際にトップナットが緩んだ可能性がありそうです。

二件目は、シティ車のフリーの踏み抜けです。
ラチェット部に機械油を吹き込んで解消です。

三件目は、26インチ折り畳み自転車のハンドル固定と前かごの取付です。
通販購入車とのことでしたので、ペダルは増し締めし、前後ハブナットの固定確認です。

四件目は、外装六段シティ車後輪のタイヤチューブ交換のご依頼です。
タイヤがリムから外れチューブが飛びだしています。
見た目で分かる穴が開いていたので、ハッチを当てて水調べしてみると、揉まれ跡から盛大な空気漏れです。
揉まれ跡が深いので、パンク修理は断念しチューブ交換です。
ホイールを外して、チューブを交換し、ハブの軸受けにグリスを追加しようとしましたが、ボスフリーが外れません。
いつもなら、300mmのスパナに延長パイプをかまして、ホイールを固定して延長パイプに力を入れればすんなり外れるのですがびくともしません。
諦めてブレーキ側だけグリスを入れて終わるつもりでしたが、フリー側のダブルナットが効いていません。
組み上げるには、どうしてもボスフリーを外さなくてはいけなくなりました。
ダメもとだったのですが、AZ スーパーオイルスプレーをハブとの隙間に吹き込み、もう一度挑戦すると少し力は掛けましたが外れてくれました。
ホイールを組み上げてBB部のガタを見つけ左ワンで玉当たり調整です。ところがゴリゴリを音を出してクランクが回ります。
リテーナー破損確定です。
チェーンリングを外し、左ワンを開けて、右側リテーナーを交換です。
しっかり空気を言えれT乗っていただくと、軽くなったと喜んでいただけました。

雨の屋外でパンク修理

昨日は、五件5台のご依頼です。

一件目は雨の中でシティ車後輪のパンク修理です。
パンクは軽い揉まれパンクです。
パッチ処理をしましたが、雨の中で軒下で雨を避けての修理でしたので、ホットブローでゴムノリを乾かしての修理です。
無事パッチは剥がれることなく貼れました。
各部点検と、雨で流れてしまうでしょうが注油も行いました。

二件目は雨の中でシティ車前輪のパンク種利のご依頼です。
空気を入れるとすぐに空気が漏れるとのこと。
虫ゴムが飛んでしまっていました。
虫ゴム交換で様子見をお願いしました。
各部点検、注油して様子見です。

三件目は、しばらく放置されていたシティ車の前後輪のパンクチェックのご依頼です。
空気の抜けきっていた前輪は念のため水調べしましたがパンク穴を見つけることは出来ませんでした。
後輪は、少しですが空気が残っていたので、虫ゴム交換と空気補充です。
後かごの取り付けと、前後のカゴカバーの取付も行いました。
前ブレーキのひき代が大きかったので少しワイヤーを調整です。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は、一昨日のリヤカー牽引自転車をお持ちのお客様から自転車後輪のパンク修理のご依頼絵です。
再修理かと心配しながらのお伺いでしたが、先日の車両絵ではありませんでした。
パンクは、三回目の揉まれパンクです。
以前の2か所のパンク穴と近く、揉まれパンクの予備軍は付近に纏まっているようです。
大判パッチで予備軍を抑え込み、バルブコアをエアーハブ純正MPプランジャーから、シュワルベ英式バルブに交換です。
各部注油して修理完了です。

五件目は、シティ車後輪のパンク種利のご依頼です。
揉まれパンクです。
お客様が修理にお付き合い下さったので、パンク修理のことや、パンクの原因をお話ししながら、大判パッチで予備軍も抑え込みました。
BB部のガタをを見つけ、左ワンで玉当たり調整です。
その他点検、注油して修理完了です。

 

2023年10月13日 (金)

偶然のパンク修理

今日は、二件3台のご依頼です。

一件目は、リヤカーを牽引する電動アシスト自転車の現状確認のためのお伺いです。
パンクが頻発するとのことで、何か問題を抱えて運用されているのか知りたくて自転車を見せて頂きました。
リヤカー牽引に特化したチューニングを施された自転車で、エアハブが前後に装備され、タイヤ内にはオリジナル?の耐パンクベルトが装着されています。
パンクとは無縁に思える自転車ですが、毎週のようにどれかがパンクするそうです。(5台以上はお使いのようです)
刺さりものによるパンクは少ないとのことで、私に思いつくのはタイヤのリムからのずれぐらいしかありません。
タイヤの空気圧の適正値を見つけて、エアハブの逃し弁の作動圧を合わせてやれればパンクを減らせるかもしれないとお伝えし、タイヤを触った所でパンクを発見です。
チューブを引っ張り出して、水調べすると、接地面でエアー漏れです。
パッチを貼って異物調べをする際、前述の耐パンクベルトに気づきました。
かなり大きな異物のはずですが、異物を見つけることは出来ませんでした。
 お客様とご相談して、タイヤの空気圧を挙げるため、虫ゴム使用のバルブコアをシュワルベ英式バルブコアに変更させて頂きました。
試しですが、タイヤに悪影響なく、パンクが減れば、一番簡単なパンク対策になります。

二件目は、シティ車の前後パンク修理と子供車の点検のご依頼です。
シティ車はしばらく乗られていなかったとのことで、前輪は空気が抜けていますが、後輪は空気が減っているだけです。
前輪の水調べを行いましたが、パンク穴は見つけられず、虫ゴム劣化だったようです。
各部点検、注油して修理完了です。
 子供車は空気が減っているだけでした。
各部点検、注油して修理完了です。

 

連日のバルブ根元パンク修理

昨日は、二件2台のご依頼です。

一件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
先日揉まれがひどくチューブを交換させて頂いたお客様です。
チューブを取り出そうとタイヤを外すとバルブ部でチューブが固い団子状態です。
チューブを取り出しバルブ周りをチェックするとバルブの根元がチューブから1/3位剥がれています。
最近は余程の事情がなければバルブ根元パンクの修理はしないのですが、交換したばかりのチューブで痛みは少なく、タイヤはトレッドがなくなってそろそろ限界が近いです。
延命のためバルブ根元パンクの修理です。
瞬間接着剤を剥がれ部に擦り込み、接着完了までバルブにチューブを押し付けます。剥がれ部が口を開けないことを確認し。少し空気を入れて剥がれ部からのエアー漏れがないことを確認します。やすり掛けをして、ゴムノリを塗布し、穴あきパッチをバルブを通して貼ります。
タイラップの入る隙間を開けてバルブナットを入れておきます。
剥がれの反対側にヘッドを置いてタイラップをワイヤープライヤーで締め、余分を切って終了です。
水調べで漏れがないことは確認し、ホイールにセットして空気を充填し、バルブ周りに石鹸水を掛け差後のエアー漏れチェックです。
漏れがないことを確認して、お客様に状況のご報告です。
漏れが発見されれば、チューブ交換にお伺いします。

二件目は、子供車のチェーン外れとホイールの点検のご依頼です。
スポークプロテクターが割れてチェーン落ちしたそうです。
ホイールを外しスプロケットを緩めることで救出できました。
ホイールには異状はなく虫ゴム交換とブロックダイナモの位置調整、注油で修理完了です。

2023年10月12日 (木)

久しぶりの一輪車(ネコ車)

昨日は、三件4台のご依頼です。

一件目は、一本足スタンドの軸折れとサドル交換のご依頼です。
折れた軸は取り除いて半ネジに交換です。
今回は、手持ちの半ネジが細かったので、スタンド側にブッシュを追加して凌ぎました。
サドルの交換は、水平を意識しながら取り付けて、座面の高さを以前のサドルに合わせることで手直しなく終了です。
各部点検、注油して完了です。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクはバルブ脇の擦れパンクでパッチで対処しました。
点検でチェーンの弛みを見つけ対処、BB部のガタを左ワンで調整、左ブレーキレバーの取り付け位置調整です。
各部注油して、月一回の空気入れをお願いして修理完了です。

三件目は電動アシスト自転車後輪のタイヤ・チューブ交換のご依頼です。
しっかり空気圧を管理されていてきれいに摩耗したタイヤです。
トレッドがなく心配とのことでタイヤ・チューブを交換させて頂きました。
 交換作業中に一輪車(ネコ車)のパンク修理のご依頼です。
電動アシスト自転車後輪のタイヤ・チューブ交換を終え、各部点検、注油をして、一輪車の修理に掛かります。
ホイールを割ってチューブを取りだし、水調べするとバルブの根元からエアー漏れです。
チューブは準備していませんので、バルブ根元パンク修理で対応です。
水調べも、石鹸水チェックもクリアーしましたが、お客様には状況をお伝えし、再発するようならチューブ交換が必要とお伝えしました。

2023年10月11日 (水)

リング錠修理断念

昨日は、一件1台のご依頼です。

子供載せ電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
一個ニップルが飛んでいますので、チューブをセットする前にニップルを交換するようです。
パンクは原因が良く分かりませんがリム側で、擦れたような跡が有り、スレ後の中にパンク穴が有りました。
リムバンドにも、リムにも原因となるような突起は見当たりません。
パッチで対処し、チューブを収める前に#13ニップルの交換です。
振れ取りを終えたところで、突然の雨です。
屋根下をお借りして。閂が受け側の穴に入らなくなった、ダイキャスト製のリング錠の修復を試みます。
いろんな工具で挟んでは本体の歪みを取り、何とか、閂が受けに収まりました。
雨上がりまで待って自転車に取り付けましたが、修復の効果はなく、閂は受けの穴には収まりません。
リング錠の修理は断念です。
各部点検、注油して修理完了です。

2023年10月10日 (火)

回らない後輪

昨日は、一件1台のお預かり修理です。
後輪がグラグラしてフレームに当たるとのことで昨日見積もりをさせて頂いた折り畳み自転車の原因調べです。
ハブ軸折れと思っていたのですが、ハブナットが空転せずに緩みました。
ハブ軸折れでないとするとハブの玉受けが遊んでいるのかと思いながらホイールを外し、バンドブレーキのドラムも後の作業を考えて外します。
ボスを外そうとしたのですが、工具が入りません。
Dsc_0006_20231009224601

ブレーキ側の玉押しを外して、ハブ軸を動かしたら工具が入りました。

ハブ軸は折れてはおらず、こんな状態です。
Dsc_0015_20231009225901

ハブの中でベアリング球が二個遊んでいました。
ハブの玉受けや玉押しに目立つ損傷はなく、ハブ軸の交換で修理完了かと喜んだのですが、そうは問屋が卸しませんでした。
ホイールは回るようになったのですが、ハブがゆがんでしまっていました。
ボスの取付部が傾いてしまっています。
ボスフリーがゆらゆら動くのは、ハブに問題があったようです。

ハブを手配して交換します。

2023年10月 9日 (月)

見積もり、他

昨日は、一件の見積もり依頼と、三件3台の修理のご依頼です。

一件目は、折り畳み自転車の後輪がグラグラしてフレームに当たるとのことで修理費用の見積もりのご依頼です。
ハブ軸は折れているようなのですが、折れてからしばらく乗られたようでハブの玉受けの状態が懸念されます。
中古でホイールを探されるのが一番安く上がるかもしれませんとお伝えしたのですが、ちょっと難しい方法だったようです。
夕刻にご連絡を頂き、当店で修理させて頂くことになりました。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
パンクは、少し溝が深めの揉まれパンクでしたが、タイヤの寿命がもう長くなくチューブの延命のため、大判パッチで対処です。
修理中にスポーク折れを見つけていましたので、FIXスポークもどきを作ってスポーク交換です。
各部点検、注油して修理完了です。

三件目は、シティ車後輪のスポーク折れのご依頼です。
ニップル飛びだったのですが、遊んだスポークを曲げて対処されていたので、スポークも交換です。
内装三段のローラーブレーキハブでしたので、FIXスポークもどきを作って交換をさせて頂きました。
点検で内装三段のシフトワイヤーの固着を見つけましたが、使われていないようなので放置します。
その他点検、注油して修理完了です。

四件目は、700Cクロスバイクの前輪パンク修理のご依頼です。
後輪も空気圧は低めなのですが、前輪は後輪に比べかなり空気が減っています。
前回空気を入れられたのが、1ヶ月ほど前とのこと。
念のための水調べでは、パンク穴は見つけられず、わずかですが、バルブの先端から空気が漏れています。
フレンチバルブなのでトップナットを締めれば、漏れはなくなります。
原因が分かったので、空気を入れてホイールの回転チェックをしたところで、タイヤの割れとトレッド剥がれを見つけました。
接着剤と裏面のパッチで当面の抑え込みをしましたが、タイヤ交換が必要です。
ご確認いただいて、タイヤ、チューブとも取り寄せて、交換することになりました。

2023年10月 7日 (土)

初めてのチューブレスレディタイヤ

今日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
段差でパンクしたとのご説明くだっさた通りリム打ちパンクでした。
チューブを取り出す時にタイヤに違和感を感じたので確認すると一部分だけ偏摩耗してカーカスが露出しています。
パンク修理しても、タイヤが後3か月持ってくれるかどうかの状態です。
お客様にタイヤの状態を見て頂き、タイヤチューブ交換での対処に切り替えです。
ハブ軸にグリスを追加して玉当たりを取り、ホイールを組みつけました。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目は、20インチミニベロの漕ぎが重いとの点検のご依頼です。
当店のブログを読んで下さったようで、しっかり空気を入れたら軽く走るようになったとのことですが、一応点検をとのことで、
乗車点検、タイヤの回転チェックを行いましたが特に漕ぎが重くなる不具合は見つかりませんでした。
BB部のガタが有り、左ワンで玉当たり調整です。
その他点検注油して点検完了です。

三件目は、電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴム切れがあり、チューブが畳まれていました。
バルブ根元の剥がれがあり、お客様に確認いただいてチューブ交換で対処です。
前ブレーキから異音とのことでしたがダブルピポットブレーキでしたので、ブレーキのセンター調整で解消したようです。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は29インチMTBのタイヤ交換です。
純正タイヤを手配したものが入荷したので交換の訪問です。
タイヤがチューブレスレディタイヤだったので、いやな予感はあったのですが、リムもチューブレス対応リムでした。
古いタイヤを外すのにビードが落ちません。
チューブレス用のタイヤレバーを準備していなかったので、細いマイナスドライバーをリムとタイヤの間に差し込んで何とかビードを落とし、タイヤ、チューブを外しました。
ビードワックスは持っていたので、新しいタイヤにはビードワックスを使いました。
タイヤを嵌める際も、不本意でしたがタイヤレバーを使いました。
チューブドでのご使用でしたので、ビード上げは、5気圧まで空気圧を挙げて二発バン、バンと音を確認して終了です。

五件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
リム打ちの二つ穴パンクです。
Sパッチの縦貼りで対処し、各部点検、注油して修理完了です。

パンク穴の見つからない空気漏れ?

昨日は、四件5台のご依頼です。

一件目は、シティ車前輪のパンク修理とサドル交換のご依頼です。
バルブコアを取り出すと虫ゴムが掛かっていません。
念のため水調べもさせて頂きましたがパンク穴を見つけることは出来ませんでした。
サドルを交換して、各部点検、注油して乗車点検して修理完了です。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
バルブ座の脇でチューブが薄くなってのパンク穴です。
タイヤもそろそろ寿命を迎えそうなので、大判パッチで延命処置です。
先日お伺いしたばかりなので、点検もざっとです。
再修理ではありませんでしたが、修理が続くと申し訳なくちょっと落ち込みます。

三件目は、シティ車2台の前輪パンク?のご依頼です。
2台とも、完全には空気は抜けきっていません。
後輪も空気は少なく、念のための水調べでもパンク穴を見つけることは出来ませんでした。
2台とも各部点検、注油して修理完了です。

四件目は子供車の前輪パンク修理のご依頼です。
某社の緑の液体が注入されていました。
バルブ自体が緑に汚れていましたので、バルブコアごと交換し、水調べしましたがパンク穴は見つけることは出来ませんでした。
後輪もバルブコアを交換して、各部点検、注油してサドルを少し上げさせて頂いて乗車点検です。
暫く乗られていなかったとのことでしたが、問題はなく修理完了です。

2023年10月 6日 (金)

自己紹介(幼少期)

1951年(昭和26年)1月23日生まれの72歳です。
三人兄弟の真ん中ですが姉と弟の三人兄弟で、早くに亡くなった長男がいたそうです。
両親にすれば、長男のような存在だったのでしょうが、あまり長男らしいことをしては来ませんでした。
生まれたのは、神戸市垂水区、隣の明石市との市境に近いところです。
海岸にも近く、毎日瀬戸内海越しに淡路島を見ながら過ごしました。
風呂や、海で溺れかけた記憶があり、泳ぐことは出来ますが水はあまり得意ではありません。
どちらかというと引っ込み思案で本を読むのが好きな子供でした。
父親譲りで無口で何かモノを触っているのが好きで、いろんなものを分解しては元に戻せなくなっていたそうです。
自転車を買ってもらったのは小学校の5年生ぐらいでしょうか?
坂を下りて転んでハンドルで唇の下を切った傷跡があります。
自転車のフリーの蓋を外して元に戻せなくなった記憶はあるのですが、買ってもらった自転車でどんなところを走ったという記憶は朧です。
足の速い子に自転車でも追いつけなかった記憶や、水たまりに自転車の後輪を浸けて、水を飛ばした記憶などが残っています。朝の早い父親を踏切の近くまで見送ったり、幼稚園には神戸の市バスに乗って一人で通っていました。
キリスト教系の幼稚園に通っていたり、近所の教会の日曜学校に通っていたり、キリスト教の影響を受けて育ったのかもしれません。

2023年10月 5日 (木)

前輪パンク三連続

昨日は、四件5台のご依頼です。

一件目は、まず、小径折り畳み電動アシスト自転車のスポーク折れです。
アシスト基準適合車とのことでしたが、国内メーカー品では無い様で、半信半疑でお伺いしました。
私の不見識で、しっかり認定シールが貼られていました。
スポーク折れはすべてスプロケット側で7本あります。
スポーク組は36本2本組のすべて外頭の綾取り無しです。
ホイールインモーターです。
好きではないのですが、モーターへのコネクターを外し、ハブキャップ、18mmナットを外し、泥除けステー、ディレーラーガードをハブ軸から出るモーターへのコードに注意しながらはずし、スタンドも外します。
ホイールを外したら、タイヤ、チューブリムバンドを外して、折れたスポークの交換です。
スポークを交換し、振れ取り中に新たに二本のスポークが破断しました。
不安な部品がなくなってくれたことは良いことなのですが、もう一度スポーク交換からやり直しです。
ホイールを組みつけ、振れ取りを終えて、モーターのコネクターを接続、電源を入れてモーター駆動の確認です。
無事断線させることなく作業できました。
各部点検、注油して修理完了です。
 もう一台、シティ車の点検のご依頼です。
一本足スタンドの取り付けなおし、各部点検、注油で終了です。

二件目は、お仕事用シティ車の前輪パンクと、後輪スポーク折れのご依頼です。
前輪のパンクは異物によるものようでしたが、異物を見つけることは出来ませんでした。
お客様が異物に気づかれていましたので、取り除いて下さったようです。
スポーク交換は蝶穴ハブでしたので、ホイールを外すことなく振れ取りまで終了です。
点検でBB部のガタ付きを発見。
以前から治っていません。
右ワンをチェックして緩みを見つけ右ワンから修理です。
その他、点検、注油して修理完了です。

三件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
小石が刺さっていたそうで、お客様によって取り除かれています。
パッチで対処し、念のため異物を探しますがお客様のお言葉通り、異物は見つけられませんでした。
各部点検、注油して修理完了です。

四件目は、前輪パンク修理のご依頼です。
パンクは、リム打ちパンクです。
パッチの縦貼りで対処できました。
点検でBB部のガタを見つけ、左ワンで玉当たり調整です。
その他点検、注油して修理完了です。

2023年10月 4日 (水)

BB周りの異音→ペダル

昨日は、一件1台のご依頼です。

外装変速のシティ車ですが、ちょっと難しいご依頼で、漕いでいるとカチッと音がするそうです。
BB周りをチェックします。
BBシャフトにガタつきは有りません。
クランクの固定も増し締めしようとしましたが、増し締めの余地なく締まっています。
ペダルもしっかり固定されています。
ペダル軸とペダル本体にガタを感じたので、ペダルの玉当たり調整です。
キャップがプラスチックで細身のドライバーでこじ開けようとしましたが開きません。
キャップの中央に木ネジをねじ込んで無理やり開けました。
左ペダルは清掃、グリス交換、再組み立てで異常は見つけられません。
右ペダルは、ペダルだけをもって回転を確認すると違和感のある回転です。
分解すると、ベアリング球が一個割れています。
交換できるベアリング球の手持ちはなく、割れたベアリング球を取り除いて再組み立てです。
乗車点検しましたが異音は感じられず、各部点検、注油して一応修理完了です。

お客様には次回、同様の異音を感じたらペダル交換をお勧めしました。

お預かりのタイヤ交換は、本日お届けが完了しました。

2023年10月 2日 (月)

点検のご依頼でしたが、水調べまでさせて頂きました。

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、電動アシスト自転車後輪の周期的振動のご依頼
バルブ付近でチューブが重なっているようで、チューブを元通りにしてほしいとの詳細な情報を頂いての修理です。
前輪も空気が少なくチューブを外から確認しましたが畳まれた様子はなく、虫ゴム交換して空気の充填です。
後輪は、かなり固い団子でしたので、念のため水調べをしましたがパンク穴は見つけられずパンクはないとしました。
各部点検、注油して修理完了です。

二件目はシティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
タイヤはトレッドのパターンが消え罹っていて、ツートンタイヤの割れもありそれほど寿命は長くありません。
パンクは溝の深い揉まれパンかだったのですが、タイヤ交換までの延命でVパッチシートからの切り出し大判パッチで周辺のパンク予備軍も抑え込みです。
各部点検でチェーンの弛みとBB部のガタを見つけ処置しました。
注油して修理完了です。

一件の再修理

昨日は、三件3台のご依頼です。

一件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
虫ゴムは切れておらず、お伺いした際にはまだタイヤ内に空気が残っていました。
バルブの緩みかな思いつつ、水調べをしましたが、パンク穴は見つけられず、やりバルブの緩み?と思いつつ、お客様のゆっくり抜けるんですが気になり、さらにチューブを膨らませて二度目の水調べです。
以前の修理跡のパッチの傍にパンク穴を見つけました。
以前の修理時のパンクがリム打ちだったようです。
片方だけパッチを当てて、もう一個を見逃していたようです。
パッチが重なりましたが、もう一枚パッチを当てて各部点検、注油して終了です。

二件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、少ないですが空気は入っています。
空気を入れたのも直近ではないそうです。
空気を入れたときに、ここまでしか空気が入らなかったとのことで、当店の空気入れで空気を入れるとしっかり3気圧入りました。
各部点検。注油して修理完了です。
空気入れをお持ちでなかったそうですが、これを機に空気入れを購入されるそうです。

三件目は、シティ車前輪のパンク修理のご依頼です。
水調べで、並んだ二個のパンク穴、リム打ちです。さらに調べを進めてまた二個並びのパンク穴。
二枚のSパッチを縦貼りにして、パンク穴を塞ぎました。
各部点検、注油して修理完了です。

2023年10月 1日 (日)

一日で部品が届きました。

昨日は三件、3台のご依頼です。

一件目は、クロスバイクの前輪後輪のパンク修理のご依頼です。
前輪から始めました。
バルブ根元から3mmくらいのバルブ座の上でチューブ1mmに満たないくらいが切れていました。
ちょっと悩みましたが、使われているチューブが皿座金でバルブ根元を保護しているものでしたので、接着剤を併用し穴あきパッチをバルブに通して貼り、元の皿座金でバルブ周りのパッチを抑え込みました。
後輪は虫ゴムが切れて飛んだようで掛かっていません。
念のため水調べはしましたが、パンク穴は見つけられず、虫ゴム不良で確定します。

二件目は、クロスバイクのタイヤ交換?です。
太目のタイヤまでしか情報がなく、一抹の不安を抱えながらのお伺いです。
不安的中、29x2.20のメーカーロゴの入ったタイヤです。
カーカス切れでバーストしているので交換必須ですが、在庫は当然持っていません。
もう一台、今は乗られていないクロスバイクがあるとのことで、拝見すると注油すれば乗れるレベルです。
復活させてタイヤ手配のご依頼を頂きました。
クロスバイクの扱いをされているお店に今日タイヤの注文をしに行きます。

三件目は、シティ車後輪のパンク修理のご依頼です。
バルブを抜いても虫ゴムが見当たりません。
念のため、水調べしましたがパンク穴は見つけられず、虫ゴム不良確定です。
乗車点検で、ハンドルのがたつき、前輪クイックレリーズの固定不良、リヤディレーラーの変速不良を見つけて、修正です。
各部注油して、修理完了です。

一昨日お預かりした24インチシティ車は、タイヤ交換は終わり、お届け日も決まりました。
素早い対応をしてくださる、問屋さんに感謝です。

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ