« ハンドル回り | トップページ | Vブレーキの調整 »

2023年3月17日 (金)

バルブ根元2件

昨日は、四件、7台のご依頼です。

一件目は、子供載せ電動アシスト自転車の駆動時の異音とリング錠の変形、前かごの固定不良のご依頼です。
駆動時の異音はチェーンとスプロケット、チェーンリングの関係で発生していたようで、注油で解消です。
リング錠は変形を直し、前かごは再固定で解消しました。

二件目は、2台のパンク修理のご依頼です。
1台は暫く乗らずに放置されていたとのことで、虫ゴムが劣化して切れていました。
もう1台は、バルブ付近でチューブが団子になっていますので、水調べ必須です。
とお話ししていると、実はということで、前照灯不点灯のご依頼が追加です。
暫く乗られていなかった1台目から取り掛かり、虫ゴムを交換して空気を入れ。様子見です。
2台目は、バルブ根元パンクです、剥がれが1/3ぐらいでしたので、バルブ根元パンク修理に挑戦です。
水調べ、空気注入後の石鹸水チェックもクリアーしました。
点検で前照灯のランプ切れを発見、電球交換です。
3台目は、何かとぶつかったのか、ホイールが振れていて、ブロックダイナモの底部の線接続部が破損し結線できません。
ブロックダイナモの交換です。
併せて、前輪の振れ取りも行いました。

三件目は、子供車2台のパンク修理のご依頼です。
1台目はリム打ちパンクでした。
パッチ処理して、各部点検で外装六段の変速不良を発見。ディレーラガードがディレーラと接触していたので曲げ戻しです。
2台目は子供車というよりはミニベロでした。
暫く乗られていなかったとのことで前輪、後輪とも空気は抜けていますが、フレンチバルブで20インチタイヤです。
前輪は空気注入で様子見、後輪はチューブの団子があり、チューブを取り出しました。
バルブの根元が剥がれかけていましたが、空気漏れは在りません。
瞬間接着剤で剥がれを補修し、様子見をお願いしました。
各部点検、注油して完了です。

四件目はリング錠交換のご依頼です。
交換して、各部点検、注油して完了です。

« ハンドル回り | トップページ | Vブレーキの調整 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンドル回り | トップページ | Vブレーキの調整 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ