« スポーク交換が重なりました。 | トップページ | 岡林 信康 »

2022年6月27日 (月)

内装三段の不調

今日は、一件2台のご依頼です。
ご依頼はほかにもあったのですが、明日以降に日延べをお願いしたり、他店様を紹介させて頂きました。

ご依頼は、バーストしたとのことで電動アシスト自転車のタイヤチューブ交換と後輪がふらふらしているとのご依頼です。
20インチとタイヤサイズを確認して、タイヤを持って出掛けましたが、持って行ったのがHEで自転車は20インチWOでした。
タイヤを取りに戻りましたが、チューブが有りませんン。
バーストでしたが、チューブはパンク修理をして新しいタイヤで組み上げました。
点検で内装変速のロッドが3速に押し込めないのを見つけました。
乗車点検しても、あまり気持ちのいいアシスト感が有りません。
手を付けるか悩んだのですが、意を決して開けてみました。
プラネタリーの固定用のEリングが外れていて、Eリングを嵌めて、ロッドは押し込めました。
乗車点検では、踏み抜けるようなガリガリ音が有ります。
後悔先に立たずで、この先のご依頼はすべてお断りしましたが、正解でした。
一旦、昼食に戻り、日中の日差しを避けて小休止の後、変速機の内部アッセンブリを持って、20インチのチューブも購入して再出動です。
諦め悪く、玉当たりの調整をやり直してみましたが、乗車点検すると治っていません。
アセンブリ交換で異音解消です。
内装三段を調整で直そうとすると、いったん組み上げて乗車点検しないと結果が分かりません。
アセンブリ交換が修理法としては最良の選択に思えました。

もう一台の外装変速、バンドブレーキ車の二本のスポーク交換は、ボスフリーも、ブレーキドラムも苦労なく外れたので、すんないと振れ取りまでおわりました。

« スポーク交換が重なりました。 | トップページ | 岡林 信康 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーク交換が重なりました。 | トップページ | 岡林 信康 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    36.4℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ