« 極圧剤? | トップページ | 保証対象外部品 »

2022年5月28日 (土)

チューブの団子チェックをすべきか

一昨日は、三件3台のご依頼です。

一件目は。電動アシスト自転車後輪のパンク修理のご依頼です。
軽い揉まれとチューブ欠陥の複合パンクでした。
揉まれは軽微でしたので、パッチで対処です。

二件目は、通販で購入された折り畳み自転車の組み立て依頼でしたが、殆ど組み立ては終えられていて。ペダルの増し締めハンドルステムの増し締め、グリップの角度調整と各部注油程度しか作業は残っていませんでした。

三件目は、電動アシスト自転車前輪のパンク修理のご依頼です。
折り目(谷折り)パンクが2個開いていました。
どちらもパッチで対処です。
かなり前からチューブの俺があったようですが、以前お伺いしてお願いした、空気入れを習慣化して下さっていたようです。
揉まれ跡は在りませんでした。

昨日は、二件2台のご依頼です。
後輪のパンクでお伺いしてまだ一週間ですが、前輪がパンクしたそうです。
お伺いすると折り目(山折り)パンクでした。
パッチで対処できましたが、先日チューブの収まりをチェックしていれば再訪せずに済んだかなとちょっと落ち込んでいます。

二件目は、先日交換したシートポストのサドルレールの固定が緩んだとのこと。
増し締めで対処は終わったのですが、それなりのトルクで絞めておいたはずなので、著と釈然としません。
のブランドのシートポストでしたが、シートポストは信頼性を大事にしたほうがよさそうです。

« 極圧剤? | トップページ | 保証対象外部品 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 極圧剤? | トップページ | 保証対象外部品 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ