« アット@ランプ | トップページ | がチャリンコ スタンド修理 »

2022年5月20日 (金)

修理法の決断

今日は、一件1台のご依頼です。

前輪のパンク修理のご依頼で、パンク穴はすぐ見つかったのですが、パンクの原因がチューブの部分劣化?の気がして、チューブ交換とパンク修理の選択に迷いました。
しっかり空気圧管理はして下さっているお客様なので、大判パッチで劣化部分を覆ってやればまだ使えると判断し、パンク修理での対応とさせて頂きました。
お客様には、状況と当店の判断をお伝えし、再発するようならチューブ交換が必要ともお伝えしました。

« アット@ランプ | トップページ | がチャリンコ スタンド修理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アット@ランプ | トップページ | がチャリンコ スタンド修理 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ