« 適応サイズ外のハブダイナモ | トップページ | カートリッジBB破損 »

2022年3月10日 (木)

18インチハブダイナモホイール完成

今日は、一件1台のご依頼です。

「自転車のスタンドが」とのご依頼で、スタンドを持って出かけましたが、スタンドは適合しませんでした。
故障自体は、左側のロックにかかるばねの紛失です。
ばねが掛かる、耳の部分が折れてばねが飛んで行ってしまったようです。
スタンドが適合しなかったこともあり、ばねを耳のなくなった穴に引っ掛けて取り付けです。
各部点検、注油をして完了です。

昨日から組み始めた18インチハブダイナモホイールは組みあがりました。
Dsc_0003_20220310225401
http://www.ikd21.co.jp/ikd/items/i2045.htmlにCapreoのハブダイナモの説明があり、

「20インチ以下の車輪の回転数を前提にした小径車用ハブ・ダイナモです。」
の記載があります。

回転数でホイールの適合が決まっているのかもしれません。

【追記】画像では、バルブ穴とスポークが干渉しているように。見えていました。
バルブ穴とスポークの位置関係はこうなっています。
Dsc_0003_20220311091801

【追記】スポーク組を間違えていましたので、組みなおしました。
Dsc_0003_20220312205501

« 適応サイズ外のハブダイナモ | トップページ | カートリッジBB破損 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん

画像だとバルブの穴とスポークの交差位置が干渉しているようにも見えますが…
(;'∀')

力太郎さん コメントありがとうございます。

おっしゃる通りですね。
自転車が組み上げ写真としてアップするには不適当なので、もう一枚アップしておきます。

あのこらさん、画像の追加ありがとうございます。
見間違ってしまって…汗
素人の余計なお節介、大変申し訳ないです…
<(_ _)>

ホイールの組み方で興味があったのですが前輪ハブダイナモ仕様は?
逆イタリアン組が良いのでしょうか?
コギングが軽くて常時点灯でも違和感なく軽い走りのシマノのHILMOハブダイナモで組んだ時は
JIS組3交差6本組で組んだり
https://ameblo.jp/rikitarou1979/image-12699567520-15006020744.html

古いMARINのMTBの前輪を組んだ時は付いていたハブの組み方を踏襲して
https://ameblo.jp/rikitarou1979/image-12387843327-14221999936.html
イタリアン組で4交差8本組をしましたが

何かオススメの組み方とかがあるのかな?と見ていて思いました。

前記事のコメントを見ていたら
中古のハブダイナモ、シマノ製は開けてグリスアップや球押し調整が一応?(※右側はコネクタ配線あって隙間を空けるのみですが)できる構造だから好きですがあまり防水性はないので、古いとグリス切れだったり錆びたりと酷い場合も多かったです。
自分が今まで開けた中では半分は状態が悪いかメンテナンス時期でした。
左玉押しの防水キャップが案外開けやすいのに気付いてから、こじってカバーを開けて様子を見てグリスアップの判断をしますが
サンヨー系のシールドベアリングやBSのミツバ製ハブダイナモでシールドベアリングが打ち込んであるのだとガタがあっても非分解式なのか?容易にメンテナンス出来ない構造で嫌いですw
(*^-^*)

力太郎さん 再度のコメントありがとうございます。

指摘いただいて、見直すと恥ずかしい写真でした。

ホイールの組み方ですが、
・経験的に、外頭のスポークが折れやすいこと。
・スポークにかかる力は、制動時が最も大きいと思っていること。
の二点から、このような組み方になっています。
と書いて、確かめたら内外が逆でした。
組みなおします。ごめんなさい。

シマノのハブダイナモは力太郎さんが言われる通り、メンテ性がいいので私も好きです。
最近は、動いているものを分解する怖さに怯え始めています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 適応サイズ外のハブダイナモ | トップページ | カートリッジBB破損 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)