« 検索ツールを変えてみる | トップページ | 自転車の空気は減るものです。 »

2022年3月 2日 (水)

スローパンク パンク穴発見

今日は三件、3台のご依頼です。

一件目は、点検と清掃のご依頼でしたが、清掃については手を付けず、点検のみ承りました。
チェーンの伸びがあり、チェーン交換です。
一度倒されたのか、左のブレーキレバーの位置がおかしく、取付位置の調整を行いました。
清掃については、それなりに味のあるくたびれ方をしていて、手を付けるなら清掃というよりはオーバーホールになります。
現状では、性能に影響する汚れや劣化がなく、費用対効果が望めませんでした。

二件目は、電動アシスト自転車、後輪のスローパンク。
2週間で空気が減るそうです。
チューブ交換でとのご依頼でしたが、チューブを膨らませての水調べで、ウエルドラインのパンク穴を発見。
パッチで修理を終えました。
フレームとホイールのクリアランスが大きかったことが幸運だったかなと思いますが、このレベルのパンク穴を見つけるとちょっと嬉しいです。

三件目は、後輪のパンクのご依頼。
タイヤ内にチューブがたたまれてセットされていて、折り目(山折り)パンクでした。
当店の前回修理の不手際かと思ったのですが、お客様のご記憶では前回のご依頼時にはパンク修理はしていないとのこと。
パンクはパッチ処理をして、少し伸びて収まりの悪くなっているチューブでしたので、タルク粉を振って、チューブを収めました。

« 検索ツールを変えてみる | トップページ | 自転車の空気は減るものです。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 検索ツールを変えてみる | トップページ | 自転車の空気は減るものです。 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)