« 後輪ハブ軸ガタ | トップページ | チェーンケース破損 »

2022年3月20日 (日)

#15用にダイスヘッド調整

当店のスポーク交換作業は、長いスポークを適正長にカットして、ねじ切りしています。
スポークの在庫を減らすための苦肉の策です。

基本、シティ車の#14、#13のスポークに対応させて頂いています。
#14のスポークのほうが折れやすく、作業頻度も高いだろう、#14の駒のほうが華奢で壊れやすいかもと、予備を一個持っていたのですが、#15のスポークねじ切りのご依頼があり、予備で持っていた#14/15駒を#15用に調整することにしました。
調整とは言っても、駒の胴体のねじ部のナットを閉めるだけなのですが。

Dsc_0022_20220319120801 Dsc_0027

#15のねじ切りの終わっているスポークに、ねじ部を延長するように、新しい駒でねじ切りをし、つながりに違和感がないダイス径に調整しました。
作業時に、ニップルが通ることを確認し、必要なら再調整します。

« 後輪ハブ軸ガタ | トップページ | チェーンケース破損 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後輪ハブ軸ガタ | トップページ | チェーンケース破損 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ