« 18インチハブダイナモホイール完成 | トップページ | フレームのリヤエンド不良 »

2022年3月12日 (土)

カートリッジBB破損

昨日は、三件3台のご依頼です。

一件目は、ペダルから音がするとのご依頼。
スタンドを立てての無負荷での回転では違和感も異音もなく回ります。
乗車点検で一回転?ごとにカキッカキッと音がします。
次の予定も考えて、程度のいい中古ペダルに交換したのですが、今思うと増し締めだけで治った異音だったかもしれません。

二件目は、しばらく乗られていなかった自転車の点検のご依頼です。
虫ゴム交換、空気充填、各部注油で完了です。

三件目は、BB工具の出番です。記事で。カートリッジBBに交換したお客様。
一年足らずで、カートリッジBBの破損です。
部品を準備しての再訪問です。

Dsc_0004_20220311225201
BB軸が大きく動きます。

Dsc_0006_20220311225501
右ワンも、左ワンも緩みはありません。

Dsc_0017_20220311225701
チェーンリングを外すと得体のしれないものが出てきました。(ベアリングのシールだったようです。)

Dsc_0020_20220311225901
転がり出たベアリング球です。思いのほか小さいです。

Dsc_0022_20220311230101 
右ワンのチェーンケースロックリング、きれいです。

Dsc_0024_20220311230301
筒の中も違和感はありません。

Dsc_0023_20220311230601
BB軸です。
シールドベアリングのリテーナーが壊れ、ベアリング球が抜けることで、一気に破損したようです。
ベアリングの内筒、外筒、ベアリング球には目立つ損傷は在りません。

何故リテーナーが破損したのか分かりません。
単体の不良だったのか?
取り付けにミスがあったのか?
お客様にお願いして、もう一度カートリッジBBを付けさせていただきました。

« 18インチハブダイナモホイール完成 | トップページ | フレームのリヤエンド不良 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんにちは!
丈夫で回転性が良いカートリッジBBが短期間に、ここまでは損するのは珍しい事象ですが…
自分も軽快車用タンゲLN3922Cで似た経験があります。

https://ameblo.jp/rikitarou1979/image-12332956786-13813290083.html

一番最初に軽快車に取り付けた物で半年で壊れて…泣
グリスを見ると金属が焼ける特有の嫌な匂いと変色にベアリングの破損がありましたが
自分なりの壊れた時に考察すると…?
①元々、不良品だった
これをすぐさま思いつきましたが、左ダストカバーが付属し、取り付けようとカートリッジBB本体に付ける
左側スペーサーがありますが、案外これの嵌り加減が重要ではと思いました。

https://ameblo.jp/rikitarou1979/image-12340267227-15086645574.html

カートリッジBB本体と左側のシールドベアリングは一応繋がっていましたが
左側スペーサーに嵌る位置は随分浅いなと思いました。
スペーサーが確り嵌って(締付)ないと駄目なのでしょうが…
この時はダストカバーが嵌りやすいように、今思うと誤った取り付け方ですが
鬼締めで固着するのを恐れて、あえて左側スペーサーの締め付け加減を甘めにした覚えがあります。
回転性の良さとペダルを漕ぐ力が逃げないなど走行性の良さを実感しましたが
半年も経たずに壊れました。

LN3922Cを計三個購入しましたが
ちょっと、悔しくて追加で二個購入したら
化粧箱が簡素な白い箱でも?

一番最初に取り付けたやつは化粧箱が豪華でw後から二個購入したモノは締め付けトルク値が記載ありました。
【500kgf.cm】※N・mだと約49N・m

今度はしっかり締めることに意識して嵌り代が無くてダストカバーを付けられないなら付けないで
乗ってみた所、6年以上経っても壊れず回転性は良好です。
また同じころに購入した中古品を今、ニュースクルに取り付けて半年経ちますが
ガタも無く回転性は良いです。

https://ameblo.jp/rikitarou1979/image-12702081734-15006005180.html

結果的に部品不良かな?と思ったのですが取り付け方に留意したら
あとの二個は6年近く経ってますが問題なく使えているので短期で壊れたのは
自分の取付ミスと思いました。

しかしメリダスパノバに取りつけたシマノのカートリッジBB(BBーUN26)は早期に回転が渋くなったので…w
部品不良も無くは無いと思いますが

あのこらさんの取り付けたLN3922Cだとしっかりダストカバーが嵌っていたので
毎日乗る距離がある方の自転車だと振動などで緩みが発生した可能性も十分あり得ますね。

カートリッジBBのガタや緩み確認で、もう少し短いスパンで締め付け確認の点検ができると良いですね。

自分の場合はカートリッジBBの回転性は問題ないですがペダルが駄目になっての交換が多いです。
(ノД`)・゜・。


力太郎さん コメントありがとうございます。

しっかり規定トルクをかけられたカートリッジBBは破損していないとのことですので、今回のカートリッジBBも固定トルク不足だったのかもしれませんね。

BBシェルの肉厚が薄い奴みたいなのでかなりBBに負担がかかります
距離を乗る人はメーカー車のBBシェルの肉厚なのがいいです(ロックリングとツライチ)
左ワンはシェルに完全にめり込みますのでロックリングはつかないです
BBシェル鉄素材が柔らかいので強トルクで締めるとねじ山ゆがむのでネジロック塗布で(スリーボンドネジロック1401)
ワンの内側にはグリス塗布で

774さん コメントありがとうございます。

カートリッジBBの扱いの注意点、ご教示ありがとうございます。
もう少し、注意して扱うように心掛けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 18インチハブダイナモホイール完成 | トップページ | フレームのリヤエンド不良 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)