« 一筋縄では終わりません。 | トップページ | 駆動ユニットでの踏み抜け »

2022年3月15日 (火)

一安心

今日は一件、一台のご依頼です。

自転車同士でぶつかって、チェーンが回ったり回らなかったりするとのご依頼。
駆動系を見ても、チェーンは錆びていますが、チェーン外れなどは在りません。
ディレーラーのケージが随分引っ張られていると印象はあったのですが、それでも変速はそれなりに動きます。
乗車点検で、ハンドルの曲がりとハンドルのポストに対しての取り付け角度が気になり修正しました。
チェーンに注油して、変速の調整を始めたのですが、ガイドプーリーがスプロケットから随分離れています。
ディレーラーのエンドへの取り付けねじを緩めてディレーラーが正しい位置に戻りました。
ディレーラーの調整中に、リムとブレーキの接触を見つけ、触れ取りをして、多分不具合解消です。

自転車の持ち主不在で、確認をお願いして修理を終えたのですが、その後、調子が戻っていますとのご連絡を頂けました。

« 一筋縄では終わりません。 | トップページ | 駆動ユニットでの踏み抜け »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一筋縄では終わりません。 | トップページ | 駆動ユニットでの踏み抜け »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)