« 業務再開 | トップページ | 明日は路面状況によってお休みするかもしれません。 »

2022年2月 9日 (水)

スライムパンク防止剤入りチューブのパンク修理

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、前輪タイヤ交換のご依頼。
トレッド摩耗で、カーカス切れ、チューブ露出でした。
タイヤ交換後のチェックで前輪ブレーキシューの摩耗に気付き、ブレーキシュー交換です。

二件目は、まだ購入後一年未満に見える自転車の後輪パンクです。
スライムパンク防止剤入りで、二か所の揉まれパンクですが、しっかり空気圧を管理してくださいとお願いしてパッチで対処です。
パッチ下のスライムパンク防止剤を押し除けてからのパンク修理ですが、ハッチが剥がれないかやはり気になります。
サイクルベースあさひさんが、パッチ貼りに苦労しているような記事はあまり見かけませんが、スライムパンク防止剤が入っていても簡単、確実にパッチを貼る方法があるのでしょうか?

パンク修理より、タイヤ交換の方が修理件数が多いそうですが、確実性が担保できないパンク修理はされずに、チューブを交換されているのでしょうか?

« 業務再開 | トップページ | 明日は路面状況によってお休みするかもしれません。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

とおりすがりさん コメントありがとうございます。

やはりタイヤチューブ(チューブのみ)交換二法が多いとの事。
教えて頂きありがとうございます。

おっしゃる通り、部品が積めないバイクでの出張修理のため、パンク修理で済ませすぎているのかもしれません。
最近は、チューブはなるべく積んでいくようにしています。
パンクで乗る機会が奪われることを考えると、リスクを少なくする方が正しいのかもしれません。

データは取っていませんが 当店でもパンク修理よりタイヤチューブ(チューブのみ)交換の方が多いと思います 
再修理での迷惑を考えると 空気圧不足でのパンクは再発防止の為お客様には基本的には交換を勧めています
口元の修理はしません 
あのこらさんがパンク修理で直しすぎのように思います
でも 真摯な姿勢で対応していて素晴らしい 

名前なしさん コメントありがとうございます。

実態も教えて下さり、タイヤ交換(チューブのみ交換も含んで)が、パンク修理より多いのが納得できました。
ありがとうございます。

あさひクオリティには驚きですが、お客様は、そのまま受け入れられることが多いのでしょうね。
またコメント頂けると嬉しいです。

当店の場合(あさひではありません)、昨年1年間でパンク修理が230件に対して、タイヤ交換(チューブのみ交換も含んで)は450件ありました。
あさひの統計も概ね正しいかと思います。

スライム入でも、ステープラーの針程度の穴でしたらパッチを貼っても問題はないと感じています。
ただ、そんな穴より空気圧不足のパンクがほとんどなので、この場合はスライム入かどうかに関係なくチューブ交換しています。

あさひでは「部品交換」を勧めてくることが多いので、タイヤとかチューブが劣化してたら交換しているんだと思います。
なので、スライム入でも問題なく修理を受け付けているんでしょう。

スポークが一本折れていても車輪交換、ブレーキシューが摩耗していたらキャリパーブレーキ交換、電動のメインスイッチが壊れていたらモーター交換になるかもとか平気で言ってしまうのが、あさひクオリティです。

あさひは店舗数が多いので、真面目でしっかりとした対応をしてくれる店もあります。
チェーン店の宿命ですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業務再開 | トップページ | 明日は路面状況によってお休みするかもしれません。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    36.4℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ