« チューブ単体でのパンクチェック | トップページ | リム変形によるバーストパンク »

2022年1月31日 (月)

シュワルベ英式バルブコア トップナット緩み

今日は、二件4台の修理、点検のご依頼です。

一件目は、後輪パンク修理のご依頼。
リピーターのお客様で、バルブコアはシュワルベ英式バルブコアに交換済みです。
お伺いしてチェックすると、トップナットに緩みが有ります。
チューブを取り出して水調べを行いましたが、パンク穴は発見できず。
シュワルベ英式バルブコアなので、メンテナンスは不要のため、トップナットをしっかり締めこんで、様子見をお願いしました。

二件目は、1台の後輪パンク修理と2台の点検のご依頼です。
パンクは、タイヤが劣化してチューブがはみ出してのパンクです。
ご確認いただいて、タイヤ・チューブ交換で対処させて頂きました。
2台の点検は、1台はまだ新しく、注油と硬すぎる前ブレーキの調整です。
もう1台は、BBの緩みと、チェーンの弛みがあり、いずれも調整して終了です。

« チューブ単体でのパンクチェック | トップページ | リム変形によるバーストパンク »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューブ単体でのパンクチェック | トップページ | リム変形によるバーストパンク »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

もみTan(もみたん)