« 子守りに追われています。 | トップページ | 自転車は、ちょっとしたことで故障します。 »

2021年12月16日 (木)

水調べの方向

今日のご依頼は一件、1台だけです。

後輪のパンク修理のご依頼でした。
空気圧不足だったようで、タイヤ内でチューブが団子になっていました。
パンク修理時は、概ね自転車の左に座って作業をします。
タイヤの水調べも、バルブ部から初めて、タイヤの走行時の回転方向とは逆に調べていくことが多いです。
そうすると、タイヤの中で団子になったチューブの折り目が附いた部分を先に調べることになり、パンク穴は早めに見つかることが多いです。

今日は、気まぐれで、逆回しで調べましたが、案の定水調べの最後でパンク穴が見つかりました。
折り目(谷折れ)パンクです。

パッチ処理をして、各部点検注油して、前後とも虫ゴムを交換して、修理完了です。

« 子守りに追われています。 | トップページ | 自転車は、ちょっとしたことで故障します。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子守りに追われています。 | トップページ | 自転車は、ちょっとしたことで故障します。 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ