« 四件、四様 | トップページ | 日没後の修理はリスクが増えます。 »

2021年11月 1日 (月)

あさひさんはパンク修理の割合が少ないです。

https://www.cb-asahi.co.jp/news/detail/594/

で発行の経緯は紹介されていますが、

あさひレポート 2021(https://www.cb-asahi.co.jp/lp/common/file/asahi_report2021.pdf)

というサイクルベースあさひさんの紹介(IRレポート?)があります。

自転車屋として外から見ていて気になったのは、
Asahi_report2021
こちらの数字です。
修理件数300万件に対して、パンク修理が一割も有りません。
ご依頼件数のデータなのか?修理結果のデータなのか?
他の修理項目が明示されていないので、点検や空気補充だけの数字が入っているのか?
など詳細は分かりません。

パンク防止剤が効果を発揮しているから、この数字なのでしょうか?
パンク修理の数字が一桁間違っていると言われれば、まだ納得できそうな数字なのですが、そうすると修理件数の数字を超えてしまいます。

この数字から見れば、新車の必需品と書かれているスライムパンク防止剤の存在価値もすごく限定的なものになりそうです。

【11/07追記】
サイクルベースあさひさんへの問い合わせを封印されている身として窮余の一策で
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/bicycle/1633655164/137
5ch で問いかけて見ましたが、答えは有りませんでした。

採用情報の「数字で見るあさひ(https://www.cb-asahi.co.jp/lp/recruit/data/)サイト」では、25万件のパンク修理が2019年10月〜2020年9月のデータとして使われているので、件数の間違いではなさそうです。

« 四件、四様 | トップページ | 日没後の修理はリスクが増えます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四件、四様 | トップページ | 日没後の修理はリスクが増えます。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.3℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ