« 電動バイクを廃車します。 | トップページ | ブレーキのリターンスプリング折れ »

2021年9月25日 (土)

工具を壊しました。

今日は五件、5台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼です。
虫ゴム切れが有り、一日様子見は可能とのことで、虫ゴム交換で様子見をお願いしました。

二件目はパンク修理のご依頼です。
こちらも虫ゴム切れが有り、一日様子見は可能とのことで、虫ゴム交換で様子見をお願いしました。

三件目は、タイヤ交換のご依頼です。
虫ゴム切れが有り、現在装着されているタイヤはブリヂストン製です。
摩耗は進んでいますが、交換するにはちょっと早いです。
今までなら、私の見立てを押し付けていましたが、最近はお客様のご要望を優先しています。
タイヤ・チューブを交換させて頂きました。

四件目は、パンク修理のご依頼です。
久しぶりのバルブ根元パンクです。
石鹸水チェックもクリヤーしました。
点検で、BBのガタを見つけたのですが、左のロックリングが鬼締めされていて緩みません。
C-135 全ケースロックリングツールを使って緩めようとしましたが、ツールの爪の溶接が外れて、工具が壊れました。
ガタつきは軽微なので、お客様に気を付けて下さいとのお伝えに留めました。

五件目は、タイヤ交換のご依頼です。
タイヤ寿命のカーカス切れで、バースト寸前です。
見た目の劣化は無いのですが、リスク回避でチューブも交換をさせて頂きました。

« 電動バイクを廃車します。 | トップページ | ブレーキのリターンスプリング折れ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、おはようございます。

お客様のタイヤ交換の依頼でまだ使えそうでも?ここまで減ると危険だと長年、自転車に乗っているとこれ以上は交換時期なのだと乗る人なりの一定の指針があるのでしょうね。

自分もいつかは購入したいと思っていた
C-135 全ケースロックリングツールが壊れるんですね!!
( ̄▽ ̄)
自分みたいな素人が使うなら一生モノ?と思ったのですが、購入に躊躇しますねw

チェーンカバーのフルケースの右ロックリングの時に使いたいな~と思っていましたが
固着していると溶接個所で?壊れる事もあるんですね…

右ロックリングで外せない程の固着はまだ経験ないですが
左ロックリングは2,3度ありました。
その時は
シマノのTL-SR23(TL-SR22) スプロケット戻し工具など持っていたので
引掛けスパナ(45-52)より柄が長くて左ロックリングの脱着はできましたが
引掛けスパナ部分が欠けそうになりました。

ガタがあるのに鬼締めで専用工具が壊れる程ですから…
組み立て工場のラインで機械任せで鬼締めしているのでしょうね。
( ̄▽ ̄)

力太郎さん コメントありがとうございます。

本来は、右ワンのロックリング専用工具なので、左ワンに使うのが間違いです。
分かってはいるのですが、ついつい、使い易くて、左ワンのロックリングにも使ってしまい、壊してしまいました。
右ワンだけに使っていれば、きっと一生ものだったと思います。

ガタが出やすい自転車ほど、左ワンが固く締められていて、調整に苦労することが多い気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電動バイクを廃車します。 | トップページ | ブレーキのリターンスプリング折れ »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    35.8℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ