« 一件で六時間 | トップページ | 作業ミス? »

2021年7月 2日 (金)

虫ゴム切れの分かりやすい空気抜け

今日は、一件、1台のご依頼です。

「空気を入れてもすぐに抜けてしまうんです。」
とのことです。
大きなパンク穴なら、空気が溜まりません。
小さな穴なら、空気を入れた後、すぐには抜けません。

空気入れにも、空気の逆流を防ぐ逆止弁の機構が入っていて、虫ゴムがなくても、空気入れが繋がっていると空気は貯まります。

「空気を最近入れられましたか?それまでは少しは空気は入っていましたか?」とお尋ねすると、「その通りです。」とお答えが返ってきました。

バルブコアを抜いてみると、上部だけを残して、空気穴に虫ゴムが掛かっていません。飛んで行ってしまっていました。

空気が抜ける理由をお話しして、虫ゴム交換して空気を入れました。
パンク穴の存在は否定できませんので、様子見をお願いしましたが、多分大丈夫だと思います。

こんな症状なら、虫ゴム交換ご自分でやられると、安く上がります。

« 一件で六時間 | トップページ | 作業ミス? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一件で六時間 | トップページ | 作業ミス? »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    36.4℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ