« 700Cバルブ根元パンク | トップページ | 施錠された後輪のパンク修理 »

2021年7月17日 (土)

12時~14時は休息時間としたいです。

今日は、四件5台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼です。
前後ともパンクとのことでしたが、お伺いすると前輪には空気がしっかりはいっています。
一週間位前に入れられたとのことで、パンクはしていないと判断しました。
後輪は、サイドにパンク穴です。
チューブに痛みは少なく、えくぼ状のパンク穴で、チューブの欠陥の露呈と判断しました。
各部点検で、ブレーキレバーが内側に入りすぎていたので修正しました。

二件目は、パンク修理のご依頼。
先日お伺いして、パンク穴が見つけられなかったお客様です。
今回は、パンク穴を見つけることが出来ましたので、一安心です。
チューブのウェルドラインに沿って、点々とえくぼが有りました。

三件目は、持ち込みでパンク修理のご依頼。
空気が少し残っていて、虫ゴム切れもあり、虫ゴム交換で様子見も考えたのですが、お客様と連絡がつかず、ご使用状態が分からなかったので、水調べをすると、折り目(谷折れ)パンクが見つかりました。
前かごの変形とブレーキレバーの位置調整をして、修理完了です。

四件目は、チェーン外れとリング錠交換の2台のご依頼です。
チューン外れは、フリー側のハブナットを緩めるだけで、チェーンが救出できました。
掛け直して、原因を探したのですが、原因となりそうな不具合は有りませんでした。
リング錠交換はまだ新しい自転車で、他に不具合は有りませんでした。

今日から、夏の暑さとの戦いです。
梅雨明けと符合するようにご依頼が一気に増えました。
体力に不安を感じる年齢となり、暑い間は、12時~14時の間のご依頼は、お断りさせて頂こうと思っております。
この時間帯のご依頼はお控えいただければ幸いです。

« 700Cバルブ根元パンク | トップページ | 施錠された後輪のパンク修理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 700Cバルブ根元パンク | トップページ | 施錠された後輪のパンク修理 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.1℃
    36.0℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ