« 白紙の日記 | トップページ | 12時~14時は休息時間としたいです。 »

2021年7月16日 (金)

700Cバルブ根元パンク

今日からは暑さとの戦いで、日陰になる作業場所探しです。

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目は、前輪のタイヤ交換のご依頼です。
カーカスが露出しているので、躊躇なく交換です。
各部点検で、チェーンの伸びが有り、チェーンの張りも調整です。

二件目は、パンク修理のご依頼。
お伺いすると、クロスバイクの700Cです。
前輪も空気は抜けていますが、わずかに残っていて、欧化がすると暫く乗られていなかったとのこと。
取りあえず、前輪に空気を入れて次の作業に移ります。
後輪は、チューブが畳まれていて、バルブ根元に亀裂が出来ています。
本来、チューブ交換が妥当なのですが、700Cのチューブは準備していませんでした。
初挑戦ですが、700Cチューブのバルブ根元パンクを修理してみます。
手順は普通のチューブと同じです。
亀裂面をリキッドバッファーで清掃、瞬間接着剤を亀裂面に注入、ホットブローではみ出した接着剤が白濁するまで加熱、余分な接着剤のやすりによる除去、チューブのやすり掛け、リキッドバッファーで清掃、パッチ貼り、バルブ固定ナットを併用して、インシュロックでパッチのバルブ根元を固定。
水調べも、石鹸水チェックもクリアーしたのですが、6気圧に耐えられるのか、バルブ座の小さいフレンチバルブなので心配です。
お客様には、修理状況をお話しし、エアー漏れを起こしたらチューブを交換しますとお伝えしています。
30分ほど時間をつぶし、エアー漏れを確認しましたが、漏れている様子は見られませんでした。

三件目は、パンク修理のご依頼です。
後輪のサイドに穴は見つかったのですが、顕著な揉まれ跡はなく、穴もえくぼ状ではなく、原因がちょっと分かりません。
各部点検も異状はなく、修理完了です。

« 白紙の日記 | トップページ | 12時~14時は休息時間としたいです。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白紙の日記 | トップページ | 12時~14時は休息時間としたいです。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.1℃
    36.0℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ