« 久しぶりのバルブ根元パンクと、雨の中でのパンク修理。 | トップページ | パンク再修理(異物残り) »

2021年7月 9日 (金)

梅雨明け間近?

今日はパンク修理のご依頼を二件頂き、一件は雨の予報を見ながら、屋根がないとのことで明日に日延べして頂きました。

一件は、出先とのことで、お急ぎでした、雨の中ですが、修理にお伺いです。
パンクは、揉まれパンクで、Vパッチからの切り出しの大判パッチが必要です。やすり掛け後ホットブローでチューブを乾かし、バルカーン塗布後に、チューブをなるべく雨に当たらない場所に固定して、Vパッチから大判パッチを切り出します。
大判パッチもなるべく雨を避けて置き、バルカーンをホットブローでしっかり乾かし、大判パッチを貼りました。
チューブを膨らませての水調べで、パンク穴が塞がっていることと、パッチはGれがないことを確認して修理完了です。

昨日よりは雨は少なかったのですが、雨粒が小さく風で回って少しチューブに降りかかりました。
何とか修理できたようでホットしました。

修理中にセミの鳴き声が聞こえましたので、そろそろ梅雨明けかと思います。
雨の中でのパンク修理もあと少しです。

« 久しぶりのバルブ根元パンクと、雨の中でのパンク修理。 | トップページ | パンク再修理(異物残り) »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりのバルブ根元パンクと、雨の中でのパンク修理。 | トップページ | パンク再修理(異物残り) »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ