« 原因不明のエアー抜け二件 | トップページ | 内装三段 異音 »

2021年6月21日 (月)

瞬間接着剤

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼。
接地面で、異物を踏んだようなちょっと長い切れ目のパンクです。
Dsc_0002_20210621222201

タイヤのカーカスも入れています。
Dsc_0004_20210621222201

ゼリー状の瞬間接着剤でタイヤを補修です。
Dsc_0005_20210621222201

しっかり、空気を入れましたが、拡がる様子はありませんので、大丈夫かなと思います。 Dsc_0007_20210621222201

二件目は、パンク修理のご依頼。
「前も後も、虫ゴムを交換したけど、減りが早いんです」とのこと。
前輪は、空気が少なく、後輪は空気が有りません。
前輪はタイヤも摩耗しカーカスが見えて交換時期です。
乗られていない自転車にまだ新しいタイヤが着いていましたので、タイヤを移植です。
ついでに、チューブを取り出して、目いっぱい膨らませて、水調べしましたがパンク穴は見つけられませんでした。
後輪は、チューブサイドの軽い揉まれ跡からのエアー漏れです。
こちらはパッチで対処です。

« 原因不明のエアー抜け二件 | トップページ | 内装三段 異音 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

「ゼリー状の瞬間接着剤でタイヤを補修です。」
そうですか。ゴムがくっつく瞬間接着剤ならいいんですね。
今まではバーストしたときの緊急用として、パワーテープというものを持ち歩いていました。
とりあえずこれで、自宅まで帰れたこともあります。
さらに瞬間接着剤もサイクリングの携帯品にくわえようかな。

トンサン コメントありがとうございます。

今回のパンクは二枚目の画像の通り、タイヤ内の切れ目は左程大きくなく、タイヤの切れ目が大きかったので、接着剤で、切れ目に充填した感じです。

タイヤ内の切れ目が大きいと空気圧に耐えられず、切れ目が開く可能性はあると思います。
パワーテープと併用すれば、切れ目に異物を拾いこむ可能性を減らせるので、より有効ではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原因不明のエアー抜け二件 | トップページ | 内装三段 異音 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.1℃
    36.0℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ