« 内装三段 異音 | トップページ | サドル高さ、前後位置調整 »

2021年6月24日 (木)

前照灯不点灯

昨日は眠くて、ブログが書けませんでした。

三件、3台のご依頼を頂きました。

一件目は、折り畳み電動アシスト自転車の後輪のパンク修理です。
認定シールを確認してから、作業をしました。
チューブ欠陥と、揉まれの複合パンクで、チューブの劣化は殆ど在りませんでしたので、Sパッチで対処です。

二件目は、前照灯不点灯の修理のご依頼です。
ハブダイナモでランプ部はLEDです。
普通は、なかなか不点灯にはならない組み合わせです。
断線を疑って、導通チェックしましたが異常なし。
ダイナモからの出力も確認できました。
残るは、ランプ本体の電気基盤の不良化と思ったところで、もう一台のハブダイナモ仕様の自転車があるのに気づき、ランプ本体をお借りして、点灯を確認するとちゃんと点灯します。
不点灯だったランプ本体を別な自転車に取り付けてチェックすると、ことらも点灯します。
不点灯の原因は、ランプとフレームのアースラインの導通不良でした。
取り付け直して、修理完了です。

三件目は、ご不在中のパンク修理のご依頼です。
空気は抜けていたのですが、タイヤのカーカスが見えていて、タイヤ交換が必要です。
ご不在中とは言っても。お帰りの時間に合わせて修理を終える予定でのお伺いだったので、お帰りを待ってタイヤの状態を確認して頂き、修理再開です。
ハブにガタもあり、ボスフリーとバンドブレーキを外して、グリス充填とハブの玉当たりを調整してタイヤ・チューブを交換して、修理完了です。

« 内装三段 異音 | トップページ | サドル高さ、前後位置調整 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内装三段 異音 | トップページ | サドル高さ、前後位置調整 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ