« 変わりない日々です。 | トップページ | 通販購入自転車のチューブ不良 »

2021年6月 7日 (月)

一年でパッチ下チューブ割れ再発

今日は一件のご依頼と、一件の再修理です。

一件目のご依頼は後輪のパンクですが、一年前に接地面のパッチ下チューブ割れ修理跡の脇からのエアー漏れです。
チューブの割れが拡がっていました。
バルカーンとSパッチでの対処だったので、ホットブローでのパッチ剥がしは諦めて、やすり掛けで古いパッチを取り除きました。
今回は、割れ目をボンド アロンアルフア(R) ゼリー状で接着してからはみ出した接着剤をやすりで取り除き、大判パッチで塞ぎました。
何とか次回のタイヤ交換まで持ってほしいと祈っての修理です。

再修理は、昨日虫ゴム不良と判断して様子見にして頂いたお客様、昨日は大丈夫だったそうですが、今日の夕方には抜けていたそうです。
折り目(山折り)のパンク穴を見つけパッチで対処したのですが、パッチ処理後の水調べでもう一個パンク穴を発見。
直ぐにパンク穴と分かる漏れ方で、予備軍だったものがチューブを膨らませることでパンク穴になったのか、水調べ中に空気圧が下がって見つけられなかったものか、判然としません。
でも見つけることが出来て対処出来ましたので、一安心です。

« 変わりない日々です。 | トップページ | 通販購入自転車のチューブ不良 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わりない日々です。 | トップページ | 通販購入自転車のチューブ不良 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.5℃
    36.3℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ