« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月の33件の記事

2021年6月30日 (水)

パンク修理のご依頼二件ですが、一件は日延べして頂きました。

今日は、二件、2台のご依頼を頂いたのですが、

一件目は、パンク修理のご依頼、雨が降っている時間帯で、ちょっと遠方で、修理場所に屋根がないとのことで、パンク修理の作業手順をお話しし、天気のいい日のご依頼をお願いし、日延べです。

二件目は、パンク修理のご依頼で、こちらも屋根はなかったのですが、近場でちょっと天気も安定していたのでお伺いしました。
一ヶ月ほど前に、後輪のパンク修理のご依頼でお伺いしたお客様です。
今回は前輪とのことで、修理ミスの心配はせずお伺い出来ました。
Dsc_0002_20210630230801
しっかり刺さりものは残っていて、チューブを貫通かな?と思いながら、触ったら.ポロっと取れてしまい、グレーチングの間から溝に落ちて行方不明です。
当然、貫通していなかったので、Sパッチで対処し修理完了です。

2021年6月29日 (火)

今日は、悩む修理無し。

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目は、持ち込みで、前輪のハブのガタつき修理のご依頼です。
古い自転車でしたので、ベアリング廻りの痛みも懸念したのですが、玉押しの緩みだけで痛みは有りません。
グリスを追加し、玉当たりをとってやると、快調に回ります。
各部点検も異状なく終了です。

二件目はパンク修理のご依頼です前輪の空気が少なく、後輪のバルブ付近にチューブの団子が有ります。
底十字のスーパーバルブで、バルブに問題はなく、折り目(山折り)パンクでした。
チューブの痛みは少なく、Sパッチで対処しました。
ty-部が少し伸びていましたが、問題なくタイヤ内に収納です。

三件目は、自転車が重いので、空気補充と点検をとのご依頼です。
空気の補充と、各部点検、注油で完了。

2021年6月27日 (日)

明日28日は臨時休業いたします。

今日は、一件1台のご依頼です。

クロスバイクのパンクです。
接地面の、異物と思われるパンクでしたが、異物は見つかりませんでした。
クロスバイクなので,Vパッチから1.5cm角のパッチを切り出し、接地面だったので、パンク穴を瞬間接着剤で塞いでから、はみ出した瞬間接着剤をやすりで削り取り、パッチ処理です。
パッチの剥がれはなく、六気圧まで、空気を入れましたが、漏れの気配は有りません。
お客様には、明日の朝まで様子を見て頂いて、エアーが抜けていたら、チューブ交換をしますとお伝えしました。

明日28日は臨時休業いたします。

代わりに、翌火曜日は営業日とさせて頂きます。

お急ぎのお客様は、

自転車修理のぴよちゃん

Shirokuma

自転車修理キーマン

さんを頼ってみてください。

鏝絵?

修理待ちの、時間つぶし中に見つけました。

ちゃんとした鏝絵を見たことがないので、鏝絵と呼んでいいのか分かりません。

龍でしょうが、頭部は修復されているのか、色も違いますし、細工の出来が良くなさそうです。

でも、川越の市内で、こんな細工物は初めて見ました。

Dsc_0002_20210627015101

写真が下手ですみません。

【09_15追記】

余りにひどいので、撮り直してきました。

Dsc_0005_20210915175501

裏からです。

Dsc_0010_20210915175701

 

2021年6月26日 (土)

修理ミス2件

今日は、三件、3台のご依頼です。

一件目は、バーストパンクのご依頼。最近当店でタイヤ・チューブ交換をさせて頂いたお客様です。
「空気の入れすぎでしょうか?」とご不安そうでしたが、新しいタイヤで、バーストするのは、リム噛みやタイヤの装着不良(ビードの掛かり不良)タイヤの不良ぐらいしか原因は有りません。
今回は、バーストが一直線で、リム紙特有の破裂穴が有りませんでした。
タイヤも異状はなく、当店のタイヤ装着不良です。
チューブを交換させて頂きました。

二件目は、パンク修理のご依頼。
軽い揉まれ跡が、チューブの繋ぎ目で穴を開けていました。
揉まれと、チューブ欠陥の複合パンクです。
Sパッチで対処し、空気を入れて、前輪の弱った虫ゴムを交換し、各部点検を終えて、後輪を見ると空気が抜けています。
全周、水調べし、パッチ処置後の水調べを終えています。
訳が分からないまま、もう一度水調べをしました、当然ですがパンク穴は見つかりません。
トップナットを強めに締めて、空気を入れ暫く様子を見ましたが、今度は抜けません。
何年か前に、新品でバルブコア受け部の傷で空気が漏れた経験が有りますが、同じメーカーのチューブでした。

三件目は、先日パンク修理をさせて頂いたばかりのお客様、修理後も、一日位で空気が抜けるそうです。
子供乗せ電動アシスト自転車で小径、太めのタイヤです。
今回は、ホイールを外し、チューブを取り出しての水調べです。
タイヤの内面に、亀裂が有り、チューブを痛めて穴が開いたようです。
タイヤ側にもパッチを貼って亀裂の影響を無くし、Sパッチでチューブ側は対処です。

2021年6月25日 (金)

2021_06_25の異物

Dsc_0001_20210625222701
タイヤの外からでは、想像できませんでしたが、

Dsc_0007_20210625222701
金属加工の切粉のようです。

自転車のカギはNoを記録して置けば入手可能なことがあります。

今日は、二件3台のご依頼です。

一件目は、鍵を無くされたとのことで、リング錠の交換です。
元のリング錠はGORIN製でした。
NIKKOさんのリング錠に交換し、キーNoを記録した紙もお渡ししました。

大手メーカーの自転車なら、キーNoを記録して置けば、キーNoから、新し鍵を入手できます。
リング錠メーカーのGORINさんや、NIKKOさんでも同様に入手可能です。

自転車のキーNoは、必ず保管しましょう。
紙だと、無くすかもと不安な方は、スマホや携帯にメモしておきましょう。
スペアーキーの入手法は、自転車のスペアキー記事とゴリン スペアキーの注文方法に記載した、各社の注文方法を参考にして下さい。
当店で、取り次ぐこと致しておりません。

二件目は、パンク修理と前輪からの異音の二台のご依頼です。
パンクは、接地面で、異物が刺さっていました。
ちょっと大きめの穴だったことと接地面のパンクで、パッチ下チューブ割れの不安が有ったので、パンク穴をまず瞬間接着剤で補修し、Sパッチ処理をしました。
効果が検証できる機会がなければいいのですが、2年後に、パッチ下チューブ割れが起きていなければ、効果ありと判断することにします。
パッチはしっかりついていますので、修理への悪影響はないと思いたいです。
前輪からの異音は、ホイールの振れで、ブレーキシューとリムの擦れ音でした。
振れ取りをして、修理完了です。

 

2021_06_24の異物

Dsc_0002_20210625000201
見事に刺さっています。

Dsc_0004_20210625000201
チューブの穴もはっきり見えます。

Dsc_0007_20210625000201
3cm位の錆釘です。

2021年6月24日 (木)

サドル高さ、前後位置調整

今日は、一件1台のご依頼です。

パンク修理のご依頼です。
特に、パンクの心当たりは無いとのことでしたが、「朝で掛けようとして、自転車を動かしたら、急に空気が無くなった?」とのことです。
スライムパンク防止剤のシールが貼ってあり、トップナットを緩めたら、チョロっと、緑の液体が漏れ出そうとします。
噴出させないように、注意しながらチューブを取り出す作業中に、原因判明です。
3cm位の釘が刺さっていました。
パッチ処理後の水調べてもう一個パンク穴を発見、リム側まで貫通していました。
朝、動かされた時に、リム側の穴が開いて、スライムパンク防止剤で塞ぎきれず、空気が漏れたのかもしれません。
動かす前に、空気の減りに気づいて頂けていれば、スライムパンク防止剤が、パンクを防いでいた初体験になったかもとちょっと残念です。
二か所目もパッチ処理して、乗車点検でサドルのお尻下がりが気になって修正です。
お客様に乗車確認して頂くと、サドルも低めです。
購入店では、一番下まで下げて貰ったそうですが、乗車してのチェックはなかったそうです。
サドルを目一杯、後方に移動して、綱引き効果が少し出るようにしました。

各部調整で、チェーンの弛みを調整し、注油で修理完了です。

前照灯不点灯

昨日は眠くて、ブログが書けませんでした。

三件、3台のご依頼を頂きました。

一件目は、折り畳み電動アシスト自転車の後輪のパンク修理です。
認定シールを確認してから、作業をしました。
チューブ欠陥と、揉まれの複合パンクで、チューブの劣化は殆ど在りませんでしたので、Sパッチで対処です。

二件目は、前照灯不点灯の修理のご依頼です。
ハブダイナモでランプ部はLEDです。
普通は、なかなか不点灯にはならない組み合わせです。
断線を疑って、導通チェックしましたが異常なし。
ダイナモからの出力も確認できました。
残るは、ランプ本体の電気基盤の不良化と思ったところで、もう一台のハブダイナモ仕様の自転車があるのに気づき、ランプ本体をお借りして、点灯を確認するとちゃんと点灯します。
不点灯だったランプ本体を別な自転車に取り付けてチェックすると、ことらも点灯します。
不点灯の原因は、ランプとフレームのアースラインの導通不良でした。
取り付け直して、修理完了です。

三件目は、ご不在中のパンク修理のご依頼です。
空気は抜けていたのですが、タイヤのカーカスが見えていて、タイヤ交換が必要です。
ご不在中とは言っても。お帰りの時間に合わせて修理を終える予定でのお伺いだったので、お帰りを待ってタイヤの状態を確認して頂き、修理再開です。
ハブにガタもあり、ボスフリーとバンドブレーキを外して、グリス充填とハブの玉当たりを調整してタイヤ・チューブを交換して、修理完了です。

2021年6月22日 (火)

内装三段 異音

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼。
異物パンクの様なのですが、以前に修理したパッチに穴が開いています。
Dsc_0009_20210622215501
タイヤ側からは、異物の跡が確認できましたが、異物は見つけられませんでした。

パッチの上から、パッチを貼るのは嫌なので、パッチを剥がしたいのですが、バルカーンで貼ったパッチは、ホットブローでは剥がれませんので、シコシコとやすり掛けして、剥がします。
パッチ処理で終了です。

二件目は、先日の電動アシスト自転車のチェーン交換後に残ったモーターギヤからの異音対処です。
モーターギヤを交換し、チェーンの異音は解消したのですが、内装三段ハブから、異音です。
ギヤユニットを抜き、プラネタリーギヤを外して、ギヤー軸を確認すると、全て折れていました。Dsc_0011_20210622215501Kimg3328_20210622220301
右側が、正常品です、左側の軸は半分位の長さで折れていました。
プラネタリーギヤ部交換で、異音解消です。

以前、内装ハブを分解した際に、一番部品としては弱いかなと思い、問屋さんに無理を言って取り寄せてもらった部品が初めて役に立ちました。
10年の修理屋歴で初めての交換です。

三件目は、パンク修理のご依頼です。
2~3年前の接地面の異物パンク修理箇所のパッチ下チューブ割れです。
気長に、シコシコやすり掛けして、パッチを剥がし、パッチの貼りなおしです。
空気圧不足で、チューブの変形が大きい要因もあるのでしょうが、一番の課題です。

2021年6月21日 (月)

瞬間接着剤

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼。
接地面で、異物を踏んだようなちょっと長い切れ目のパンクです。
Dsc_0002_20210621222201

タイヤのカーカスも入れています。
Dsc_0004_20210621222201

ゼリー状の瞬間接着剤でタイヤを補修です。
Dsc_0005_20210621222201

しっかり、空気を入れましたが、拡がる様子はありませんので、大丈夫かなと思います。 Dsc_0007_20210621222201

二件目は、パンク修理のご依頼。
「前も後も、虫ゴムを交換したけど、減りが早いんです」とのこと。
前輪は、空気が少なく、後輪は空気が有りません。
前輪はタイヤも摩耗しカーカスが見えて交換時期です。
乗られていない自転車にまだ新しいタイヤが着いていましたので、タイヤを移植です。
ついでに、チューブを取り出して、目いっぱい膨らませて、水調べしましたがパンク穴は見つけられませんでした。
後輪は、チューブサイドの軽い揉まれ跡からのエアー漏れです。
こちらはパッチで対処です。

2021年6月20日 (日)

原因不明のエアー抜け二件

今日は、四件4台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼です。
GoogleMapが例によって区画の反対側のお宅まで案内してくれました。
見えてはいるのですが、グルーっと回らないとお伺いできません。
パンクしにくいタイヤが装着された自転車の軽微な揉まれパンクでした。
Sパッチで対処し、お客様には、タイヤサイドで三気圧の硬さを体感して頂き、月一回の空気入れをお願いしました。

二件目は、「チューブがダメかもしれない」とパンク修理のご依頼です。
子供乗せ電動アシスト自転車とのことで、20インチHEのチューブを持ってお伺いです。
空気は抜けていたのですが、トップナットの緩みもなく、虫ゴムも切れていません。
念のため、2回の水調べをしましたが、パンク穴は見つけられません。
しっかり空気を入れて、ハンドルの高さ調整、ブレーキレバーの取り付け直し、前ブレーキの調整、各部点検・注油をして、漏れを確認しましたが、大丈夫でした。
空気抜けの原因は不明です。

三件目は、虫ゴムを交換したけれど、空気が抜けるとのご依頼。
「空気が抜けないように、しっかり締めたんですが」とのことで、虫ゴムをチェックすると、トップナットの締め過ぎによる、虫ゴム切れです。
虫ゴムを交換して、締める時の力加減を覚えて頂きました。

四件目は、パンク修理のご依頼で持ち込みです。
空気はしっかり入っています。
念のため、水調べしましたが、パンク穴は見つけられませんでした。
虫ゴム切れもなし、トップナットの緩みもなし。
ということで原因不明の空気抜けです。
空気がしっかり入っていたのは、持ち込み前に空気を入れてから来られたそうです。

2021年6月19日 (土)

今日は、パンク?二件です。

今日は、雨の中二件2台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼です。
購入されて4年目、タイヤ・チューブも虫ゴムも交換されていないそうで、前輪には緑のスライムシールがしっかり貼られています。
前輪のエアー抜けでしたので、緑の液体が噴き出すのを覚悟して、バルブコアを抜きましたが、拍子抜けです。
何も出てきません。
4年間交換していなかった虫ゴムは、当然のように切れています。
明日もご使用に予定があるとのことで、念のため水調べしましたが、やはりパンク穴は見つかりませんでした。
後輪の虫ゴムも切れていたので、交換ですが、後輪はトップナットが緑に染まっていたので、注意して、緑の液体を噴出させないよう作業しました。
バルブコアの先端が溶け始めていましたので、バルブコアもあさひさんに倣って交換です。
前輪から、緑の液体が出なかったのが謎ですが、入っていないに越したことは無いので、そのままにします。
バンドブレーキの音消しと、各部点検・注油で完了です。

二件目は、パンク修理のご依頼です。
出先で、ご本人不在の修理です。
自転車はすぐ見つかったのですが、前輪後輪とも空気は少ないですが残っています。
まず虫ゴムを交換して、空気を入れて、各部点検、注油です。
作業は終わって、空気漏れの兆候は有りません。
念のため、30分様子を見ましたが、大丈夫そうです。
終了と、状況をご連絡しましたが、帰ってきた答えは、「ガタガタ言い始めたのでパンクだと思ってしまいました」とのこと。
対応に間違いはなかったようです。

二件とも屋根の下の作業で、雨の影響は有りませんでした。

2021年6月18日 (金)

今日は虫ゴムの日

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目は、パンク?修理のご依頼です。
後輪に比べて、前輪の空気の減りが早いとのこと。
空気を入れても、1~2日で減ってしまう。
と状況をお聞きしました。
虫ゴムを目視でチェックしたのですが、切れてはいないです。
チューブを取り出し、水調べすると、バルブの口からエアー漏れ、虫ゴム交換で漏れは止まりました。
百均の虫ゴムにご自分で交換されたそうで、二人して、「やっぱり百均ではだめですね」と結論。
後輪の虫ゴムも交換して、修理完了です。

二件目は、パンク修理ご依頼です。
「先日、空気を入れたんですが、すぐに抜けてしまった」とのことで、バルブをチェックすると、トップナットが緩いです。
虫ゴムをチェックしようとすると、バルブコアが素直に抜けません切れた虫ゴムがバルブ内に残りました。
チューブ内に落とし込んで、新しい虫ゴムを装着したバルブコアを使って、空気を入れました。
後輪も、虫ゴム切れが有り、虫ゴム交換です。
水調べはせず、様子見をお願いしました。

2021年6月17日 (木)

修理完了出来ず。

今日は、二件、2台のご依頼です。

一件目は、サドル交換のご依頼。
サドルベースが割れて、サドルばねの固定が外れて、サドルのトップとレールが分離していました。
サドルベースの丈夫なサドルと交換です。

二件目は、電動アシスト自転車のチェーン交換のご依頼。
チェーンの交換は左程苦労なく終わり、アシストなしで乗車点検では不具合を感じず、お客様に確認して頂くと、盛大に異音発生です。
アシスト有でも点検すべきでしたが、後の祭りです。
チェーンリングを新しいものに変えて、多少は改善しましたが、左程の改善は見られません。
残りは、スプロケットギヤとモーターの駆動ギヤ、テンションプーリーですが、アシストの有無でスプロケットやテンションプーリーが影響を受けることはなさそうなので、一番疑わしいのはモーターギヤですが、手持ちの部品は有りません。
日没も重なったので、今日は撤収です。
取りあえず、走行に支障はないので、後日部品を準備して再訪です。

2021年6月16日 (水)

2021_06_16の異物

Dsc_0003_20210616233901
今までで一番太い異物?

Dsc_0004_20210616233901

外側からは、それほど目立ちません。

Dsc_0006_20210616233901

竹串の一部?

卒業まで乗れるかな?

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼です。
お客様はご不在だったのですが、近所のリピータのお客様が、確認をして下さいました。
パンクは、折り目(山折り)と揉まれの2カ所です。
先に揉まれのパンクか起きて、その後パンクした状態で自転車を動かされて、チューブがバルブ付近に集まっての折り目パンクの発生と想像しました。
タイヤが、それなりに摩耗して、寿命が近そうです。
あと一年で、卒業されるとのことで、何とか延命したく、前後タイヤのローテーションです。
BBのガタ、ヘッドのガタも取って、前かごの固定もしましたので、卒業までは延命できたかなと思います。

二件目はパンク修理のご依頼です。
異物パンクです。
パンク処理後の点検で、BBのガタ、前輪泥除けの固定不良、サドルのお尻下がり、チェーンの伸びを見つけました。
BBのガタ、泥除けの再固定、サドルの調整は終えましたが、チェーンの交換は、行き付けの自転車屋さんでの交換となりました。

三件目はパンク修理のご依頼です。
接地面のパンクで、異物パンク?のようでしたが、異物は見つけられませんでした。
変速がちょっと不調で、ワイヤー調整し復調しました。

2021年6月15日 (火)

空気入れが変わります。

当店で仕入れ価格でお届けしていた空気入れ

4938402242680

が、廃番となりました。

今後は、これに変わります。

4977716073801

価格も、変わりますが、ご了承頂きたく、お願いいたします。

2021年6月14日 (月)

2021_06_14の異物

Dsc_0001_20210614220601 Dsc_0004_20210614220601

画鋲です。
貫通して、6個の穴を開けてくれました。

エリア外からのご依頼。

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼。
しっかり画鋲が刺さっていて、チューブには6個の穴が纏まって開いていました。
Sパッチでは心もとなく、大判パッチを切り出しての対処です。
今の出張エリアからは外れているのですが、開業当初からご依頼を頂いているお客様なのでエリアは関係なくお伺いしました。
まだ何とかバイクの航続距離の範囲内です。

二件目はパンク修理のご依頼。
長く愛用されているビーチクルーザーで、バルブの近くで揉まれ跡とも言い難いあばた状のチューブ表面の欠損が線上に並んでいて、そのあばたの一つからのエアー漏れです。
反対側にも同様のチューブ表面の欠損が有りましたので、予防の意味でこちらにもパッチを当てました。

三件目は、チェーン外れのご依頼です。
今日のチェーン外れは、シングルギヤでしたの簡単かなと思ったのですが、フロントのチェーンリング側も外れており、ハーフですがチェーンケースの取り外しが必要でした。
でも、昨日のチェーン外れからすると楽勝で、たまには、手間の掛かる修理もしておくと、次が楽に感じるものです。

2021年6月13日 (日)

チューブ製造不良

今日は一件の持ち込み修理と、二件の出張修理ご依頼です。

一件目は、持ち込みで、外装変速のチェーン外れのご依頼。
スポークプロテクターとボスフリーの間にチェーン落ちです。
最近のスポークプロテクターはまともに機能しないものがあるようです。
何とか引っ張り上げられないかとやってみたのですが、結局ボスフリーを外さないとダメでした。

二件目は、先日、チューブ不良のパンクでお伺いしたお客様
通販購入自転車のチューブ不良 
前回は後輪でしたが、今日は前輪です。
結論から言えば、今回もチューブ不良です。
チューブの内面にチューブが薄くなっている溝が有り、溝の部分でパンクです。
溝の長さが3cm以上あり、パンク修理しても、再発の可能性があると判断、チューブを交換させて頂きました。
チューブはKENDA製ですが、KENDA製とは思えない粗悪チューブです。
Dsc_0011_20210613234801
自転車のメーカーに送れるよう、保管しています。

三件目は、先日前輪のタイヤ・チューブ交換をさせて頂いたお客様から、前輪のパンクのご依頼です。
原因は良く分かりませんが、シュワルベ英式バルブコアからのエアー漏れです。
交換して完了です。

2021年6月12日 (土)

10年目のバルブ根元パンク

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼です。
Dsc_0001_20210612204801
この時点では、まだパンク修理可能かなと思っていたのですが、

Dsc_0003_20210612204801
ちょっと嫌な予感です。

Dsc_0005_20210612204801
チューブ交換を覚悟しました。

Dsc_0006_20210612204801
お客様に状態を確認して頂きました。
通常なら、バルブ根元パンクの対処をさせて頂くのですが、流石に、「試させてください」とは言えませんでした。
パンク修理ではなく、チューブ交換で対処される自転車屋さんの気持ちがよく理解できます。

Dsc_0008_20210612204801
10年のご使用ですが、パンク歴はなく、空気圧管理もしっかりされていて、チューブの痛みは有りません。
スライムパンク防止剤をお勧めして注入しなければ、まだ使い続けられたチューブです。

どなたが入れられたのか分かりませんが、心の痛みは感じられませんか?
10年使えればいいじゃないかと、言い訳されますか?

二件目は、パンク修理のご依頼。
カーカス切れで、タイヤに穴が開いていました。
タイヤ・チューブ交換で対処です。

三件目は、パンク修理のご依頼。
接地面ではなく、リム側のパンク穴です。
先輩に貸したら、パンクして戻ってきたそうですが、チューブ成型不良の発現です。
先輩の所為ではないことを、説明させて頂きました。

2021年6月11日 (金)

ブレーキの音

昨日は修理のご依頼は有りませんでした。

今日は、一件2台のご依頼です。
2台とも、異音ですが、一台は購入して一年経っていない、後輪のバンドブレーキからの音鳴り。
もう一台は、漕ぐと異音がするとのことです。

音鳴りは、音消し処置で、あっさり解消です。
もう一台も、チェーンケースと、チェーンリング(プラスチックガード)とチェーンケースの干渉で、チェーンケースの変形を戻して完了です。

2台とも点検、注油して異常は有りません。

 

余った時間で、営業用バイクのスタンドの修理です。
今はサイドスタンドしか使えていないのですが、先日コンビニで買い物をして戻ったらバイクが倒れていました。
回りに何もなく、ご迷惑を掛けることは無かったのですが、周りに自転車でもあったらと不安になりました。
幸い、サイドスタンドのネジを締めこむだけで安定して立ってくれるようになりました。
ついでに、溶接品のストッパーが飛んでしまったセンタースタンドもストッパーとしてボルトを付けました。
一応、機能的には復活です。

2021年6月 9日 (水)

ディスクブレーキの修理が増えるのでしょうか?

今日は、四件4台のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼です。
通勤途中でパンクされたとのことで、預かって頂いたコンビニの駐輪場での修理です。
前輪のパンクだったのですが、原因がタイヤのバーストです。
ご本人とはお話しできなかったのですが、ご家族の方に状況をご説明し、ご了解を頂けたので、タイヤ・チューブ交換で対処完了です。

二件目は、タイヤが回らなくなったとのご依頼です。
取りあえずは修理費の見積もりをとのことでしたが、お伺いしてみると、小径の電動アシスト自転車で、ホイールもアルミのキャストフレームです。
予想していたスポーク折れでは有りませんでした。
何故、そうなったのかは分かりませんが、ディスクブレーキのマウントアダプターが変形し、ブレーキパッドがローターと当たっています。
アルミ部品なので無理に曲げ戻すと破損の可能性があることはお伝えし、マウントアダプター変形をある程度修正し、ディスクブレーキキャリパーの再取り付けです。
ローターも曲がっていたのですが、何とか艇庫なくホイールが回る位置に取り付けが出来ました。
購入されたお店の商品ライナップからは消えていて、ディスクブレーキの仕様が分かりません。

三件目は、ご自分でブレーキの片当たりを直そうとして、リターンスプリングが取り付けられなくなったと、持ち込みでの修理依頼です。
シングルピポットのキャリパーブレーキでしたが、一旦分解して、リターンスプリングを取り付けて、ブレーキを本体に取り付けです。
こんな修理も大歓迎です。

四件目は、2台のタイヤ交換のご依頼です。
一台は、ひび割れを気にされていたのですが、購入して一年足らず、またトレッドパターンもしっかりしていたので、もうしばらく乗り続けて頂くことになりました。
もう一台は、完全にツルツルなのですが、ブリヂストンのタイヤが装着されていました。
さすがにこちらももう少し使いましょうとは言えず、タイヤ・チューブ交換をさせて頂きました。

2021年6月 8日 (火)

通販購入自転車のチューブ不良

今日は、4件のご依頼を頂きましたが、二件お断りをしました。
二件、2台のご訪問です。

お断りした二件は、
一件は自転車後輪への着衣の巻き込みです。
通勤時間帯のご依頼でしたから、急いでおられたと思います。
着衣の巻き込みは、おろしたての服が多いです。
無傷で取り出したいお気持ちは分かりますが、
チェーンとスプロケットの間に巻き込むと、必ずと言って程、服に油が付き、穴も開いて、二度と着ることは出来ません。
ハサミで服を切って頂くことをお勧めしました。

もう一件は、エリア外からの自転車組み立てのご依頼です。
お近くの出張修理店をお伝えしましたが、引き受けて貰えたでしょうか?
通販で、自転車を購入されることを、全否定するつもりは有りません。
形にするだけなら、簡単かもしれませんが、修理や目線では付属の工具では必要なトルクでの締め付けは難しいです。
いろんなところの調整も必要です。
普段、自転車を触り慣れていない方は、組み立ててくれる自転車修理屋さんを見つけておくか、完全組み立て済みの自転車の購入をお勧めします。

二件の修理は
一件目はパンク修理のご依頼です。
まだ通販で買われたばかりの自転車のパンクで、いたずらで開けられたかと心配されていました。
Dsc_0001_20210608232501

パンクはチューブ成型の接合部です。

Dsc_0005_20210608232501 Dsc_0004_20210608232501
チューブの膨らみが足りませんが、空気漏れは確認できます。
Dsc_0009_20210608232501
やすり掛け後のチューブです。

明らかに、チューブの製造不良です。

自転車の通販会社にお願いします。
このような、明らかな不良品でも、面倒だからとか、直ぐ使いたいからと言って泣き寝入りされるお客様が多いです。
お客様が、不利益を被らないよう、修理料金返還システムは作れないでしょうか。

二件目は、後輪から異音のお客様。
ハブのグリスとローラーブレーキグリスの注入で異音解消です。
シュワルベ英式バルブコアに交換済みのお客様で、虫ゴム交換は無し、前ブレーキの調整と各部注油で完了です。

2021年6月 7日 (月)

一年でパッチ下チューブ割れ再発

今日は一件のご依頼と、一件の再修理です。

一件目のご依頼は後輪のパンクですが、一年前に接地面のパッチ下チューブ割れ修理跡の脇からのエアー漏れです。
チューブの割れが拡がっていました。
バルカーンとSパッチでの対処だったので、ホットブローでのパッチ剥がしは諦めて、やすり掛けで古いパッチを取り除きました。
今回は、割れ目をボンド アロンアルフア(R) ゼリー状で接着してからはみ出した接着剤をやすりで取り除き、大判パッチで塞ぎました。
何とか次回のタイヤ交換まで持ってほしいと祈っての修理です。

再修理は、昨日虫ゴム不良と判断して様子見にして頂いたお客様、昨日は大丈夫だったそうですが、今日の夕方には抜けていたそうです。
折り目(山折り)のパンク穴を見つけパッチで対処したのですが、パッチ処理後の水調べでもう一個パンク穴を発見。
直ぐにパンク穴と分かる漏れ方で、予備軍だったものがチューブを膨らませることでパンク穴になったのか、水調べ中に空気圧が下がって見つけられなかったものか、判然としません。
でも見つけることが出来て対処出来ましたので、一安心です。

2021年6月 6日 (日)

変わりない日々です。

今日は、三件5台のご依頼です。

一件目は、ブレーキの音消しのご依頼と、ついでに2台の点検です。
 後輪のバンドブレーキは、一度の対処では消えきれず、2度の対処で一応消えました。
前ブレーキは、ブレーキシューの摩耗を考慮してでしょうが、少し握り代が浅くて力が入りにくい状態でした。
握り代を浅くして、強めのブレーキを掛けてやることで音が消えました。
使われていなかった所為で、ブレーキシューの表面の劣化が進んでいたようです。
併せて、ちょっと高めだったグリップ位置を下げ、取り付けの曲がっていた前かごの曲がり修正、破損していた後ろの反射板の交換です。
 点検の一台目は、特に不具合はなく、虫ゴム交換と注油で完了です。
 点検の二台目は、ちょっと手古摺りました。
最初に気づいたのが、ヘッドのガタつき、これは玉当たりの調整で完了。
時間が掛かったのが、変速ワイヤーの不動です。
外装変速で、フルアウター、インナーワイヤーの錆び付きです。
AZのスーパーオイル<スプレー>220mを吹き込んで、しばらく放置で何とか動きましたが、動きは悪いです。l9004_00080656m
シフトダウンは出来ますが、シフトアップでもたつきます。
ご相談したら、このままでいいとのことで、ワイヤーの交換には至りませんでした。
各部点検と、注油で完了です。

二件目は、パンク修理のご依頼でしたが、虫ゴムの不良を見つけ、虫ゴム交換です。
様子見をお願いしました。

三件目は、パンク修理のご依頼。
譲り受けた自転車とのことですが、当店の修理跡の有る自転車でした。
後輪の揉まれパンクの再発ですが、最後のチャンスということで、大判パッチで付近の予備軍も抑え込みました。
再発するようならチューブ交換での対処となることはお伝えしました。

2021年6月 5日 (土)

空模様が気になる季節です。

今日は、四件4台のご依頼を頂き、内一件は嬉しいキャンセルでした。

一件目は、鍵を無くされたとのことでリング錠交換のご依頼でしたが、お伺いする途中で、「鍵が見つかりました」との嬉しいキャンセルとなりました。

途中、お預かりのロードバイクのお引き渡しです。
ホイールの回転は問題なく、ブレーキの効きは満足して頂けました。

二件目は、タイヤ交換のご依頼です。
黒白タイヤで割れが気になるとのことでしたが、まだカーカスはしっかりしていたので、虫ゴムを交換して、点検のみです。

三件目はパンク修理のご依頼です。
チューブのサイドにあばた状のパンクです。
チューブの欠陥の露呈のようです。
先日、チューブを交換させて頂いたばかりですので。点検もなくパンク修理のみです。

四件目は、タイヤ交換のご依頼です。
バースト音がしたとのことで、タイヤもつるつるです。
ついでにハブのベアリング部に注油と玉当たり調整をして、組み上げて完了です。

一日、雲が気になる空模様でしたが、修理中は雨に降られることなく一日が終了です。

2021年6月 4日 (金)

こちを買ってきました。

今日は天候の所為なのか、定休日だからなのか、ご依頼は有りませんでした。

ご依頼がなさそうな予感もあり、魚屋さんの広告を見て、こちを買ってきました。

なんと、一匹500円です。
Original
こちのエビチリ風を作りたくて、三枚におろして貰い、アラも当然頂いてきました。
アラは塩胡椒して、小麦粉を振って唐揚げに、三枚おろしの身の一部は、家内が食べたことがないというので、お刺身に。

こち尽くしの夕飯でしたが、刺身はコリっとした弾力と癖のない甘さで、唐揚げは、たっぷりのゼラチン質をなめるように頂きました。

肝心のエビチリ風ですが、今回はちょっと甘さを控えたせいか、感激するほどの味には仕上がりませんでした。
チリソースをもう少し研究してまた手に入れば再挑戦したいです。

おろして貰った身よりも、唐揚げのほうが食べ応えが有ったのは・・・

コロナの所為で高級魚が値下がりしているとは聞いたことがありますが、魚好きには嬉しいです。

ブレーキワイヤーの弛み

昨日は、一昨日持ち込みのロードの修理です。
 一昨日、前輪のセンター出しは終えていたので、後輪の振れ取りからスタートです。
型番は分かりませんが、シマノの完組ホイールのようです。
ニップルの形状が普通のものとは違っていましたが、#12用のニップル回しが使えました。
リムにはダメージがなかったので、エアロ用のスポーク工具を併用しながら振れ取りは完了です。
センター出しも終わりましたが、リム穴がオフセットされていたので、少し楽を出来た気がします。
 楽しみにしていたリヤのブレーキワイヤーの弛みですが、ブレーキアーチを完全にばらしてみましたが、動きの渋いところはなく、リターンスプリングの戻りを強くして解消です。
 残ったBB部のグリス注入ですが、お客様が一度開けて下さっていたので、特に苦労をすることなく、分解、注入、組み戻しは無事終わりました。
 ホイールをセットして、ブレーキの調整、各部点検で修理完了です。

作業中に持ち込みでパンク修理のご依頼が有ったのですが、バルブが折れていましたので、チューブ交換となりました。
お客様が使われていた際のバルブ折れでは無いそうで、バルブ折れの原因は不明です。

2021年6月 2日 (水)

今日もパンク修理のご依頼なし。

今日は四件4台のご依頼です。

一件目は、後輪が回らなくなったとのご依頼です。
スポークが6本折れて、ホイールの振れが大きく、タイヤがシートステーやチェーンステーに当たります。
落車されたのか、何かとぶつかったのか、リムも少し変形しているようです。
スポークを交換し、何とか振れを抑え込みました。
ついでに、チェーンの弛みを取りました。

二件目は、ブレーキワイヤー切れのご依頼です。
ブレーキレバー側の太鼓の根元で切れていました。
そういえば、ここ暫くブレーキワイヤーの交換はご依頼がなかったです。

三件目は、ロードバイクの持ち込み修理です。
ご自分で分解されたそうですが、BB部のグリス切れでグリス注入のご依頼。
リヤホイールの縦ブレ、横ブレ取り。
リヤのブレーキワイヤーが弛み気味。
とのことです。
取りあえず、フロントホイールのセンター出しはしましたが、次のご予約が有ったので、本来のご依頼にはまだ手を付けていません。
リヤのブレーキワイヤーの弛みがちょっと楽しみです。

四件目はクロスバイクの車輪が揺ら揺らして、ディレーラーの変速が上手く動かないとのご依頼。
ハブ軸のガタかと思いながらお伺いしたのですが、前後ともタイヤの空気圧が全く足りません、6気圧までしっかり空気を入れて、ホイールの不調は解消です。
ディレーラーの変速不調は、シフトアウターのキャップ割れと、アウターケーブル端末の破損です。
キャップを交換し、アウターはちょっと長すぎたので、破損部をカットして組み直しです。
変速調整で、全段快調に変速できるようになりました。

今から、持ち込みの自転車を少し触ります。

2021年6月 1日 (火)

バルブコア不良二件

今日は二件、2台のご依頼です。

一件目は、パンク修理のご依頼。
虫ゴム切れが在り、空気の残っている前輪もしっかり空気が入っていました。
念のため、水調べをしましたが、パンク穴は発見できず、虫ゴム交換で様子見です。
点検で、ブレーキレバーの握り代の余裕がなく、ブレーキ調整です。
変速が動かず、ご指摘をしたところ、直したかったとのことで、インナーワイヤーだけの交換で治るだろうと作業を始めたのですが、ロー側への動きが重いです。
アウターの手持ちがなく、部品購入に走りアウターも交換して全段軽く動くようになりました。

二件目は車椅子のパンク修理のご依頼。
エリア外で、虫ゴム交換をお勧めしたのですが、付いていたバルブコアが底十字型のスペシャルGバルブだったので、虫ゴムが有りませんと再度のご連絡です。
ご説明が難しくなったので、お伺いすることにしました。
結果はバルブコアの不良です。
バルブコアをシュワルベ英式バルブコアに交換し完了です。
屋内で使用されている車椅子では、チューブに穴が開いたパンクにはめったにお目にかかることは有りません。

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    36.1℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ