« 2021_05_06の異物 | トップページ | 電動アシスト用20x1.75タイヤ »

2021年5月 7日 (金)

修理は飽きないです。

今日は三件3台の修理のご依頼です。

一件目は、前輪のパンク修理のご依頼。
ちょっと長くお使いの自転車のようでしたので、虫ゴムをチェックすると完全に切れていました。
タイヤ内でチューブが団子になっている手触りはなく、虫ゴムぎ手でのエアー漏れ?と思いながら、虫ゴムを交換して空気をしっかり入れ、その他の点検、注油をしながら、前輪の空気圧をチェックすると、少し空気圧が下がった感じです。
注油を終えてもう一度、前輪をチェックすると明らかに空気圧が下がっています。
水調べで、接地面のパンか穴が見つかりました。
異物パンクです。
パッチ修理後、タイヤ内をチェックすると、タルク粉が漏れた後が有り、中心に異物が見つかりました。
異物を取り除いて、チューブをセット、空気を入れて修理完了です。

二件目は、チェーン外れのご依頼です。
フリートフレームの間に落ちて、ガッチリ噛み込んでいます。
ハブ軸のナットを緩め、チェーンを外してフリーに描け、ハブ軸のナットを締めこみます。
ディレーラーのガイドプーリーが、8足のスプロケットの真下よりフレーム側にいます。
ディレーラーの可動域を調整して、朱里完了です。

三件目は、前輪のパンク修理のご依頼
リムからタイヤが外れmチューブがはみ出しています。
原因はすぐ分かりました、チューブのバーストです。
大判パッチで対処しましたが、バーストの原因がいまいち分かりません。
タイヤ内でのチューブのずれはなく、揉まれ跡もないので、空気圧管理はしかりされているようです。
そるなりに使い込まれた自転車ののですが僅かなリム噛みが有ったのでしょうか?

« 2021_05_06の異物 | トップページ | 電動アシスト用20x1.75タイヤ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021_05_06の異物 | トップページ | 電動アシスト用20x1.75タイヤ »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ