« おすそ分け | トップページ | ナローチェーンは厚歯には使えませんでした。 »

2021年4月 1日 (木)

今日はパンク修理の日

今日は、一台の持ち込みと、三件3台のご依頼です。

持ち込みは、かなり激しく転倒されたとのことで、後輪のリム変形による振れです。
拝見すると、スポークが2本折れて、目視でリムの変形が確認できました。
振れ取りでは無理と判断し、中古ですがホイール毎交換です。
併せて、後輪のタイヤのカーカス露出、前ブレーキのブレーキシュー摩耗です。
点検でBB部のガタを見つけ、玉当たりを調整したのですが、修理後の乗車点検で、ペダルに力を加えるとゴリゴリと異音がします。
チェーンの張りは、逆回転で重さを感じることがない張りに調整してあり、走行そのものは、異音を無視すれば快適です。
(手回しでは、感じなかったのですが、右のリテーナーの不具合の可能性が高そうです)
お客様には、引き取りに来られた際に、異音の状況はご説明できました。
出張での修理ならば、即座にお客様とご相談できたのですが、自転車店様の修理の難しさの一端を見た気がします。

一件目は電動アシスト自転車の前輪のパンク修理のご依頼。
「空気を入れても、暫くすると空気が減ってるんです。」とのことでしたが、パンクは折り目(谷折れ)パンクで、大きめのパンク穴です。
折り目(谷折れ)パンクの場合、パンク穴がチューブで隠されてしまうので、穴が開いていても空気の抜けがゆっくりな時がままあります。

二件目は、2月に購入されたばかりの自転車のパンク修理のご依頼。
異物パンクのようでしたが、タイヤ内のチェックでは異物は見つけられず、チューブが位置ずれしていたので、外部からのチェックでも見つけられませんでした。

三件目はパンク修理のご依頼。
暫く空気を入れておられなかったとのことと、多少でしたが空気が残っていたので、様子見とさせて頂くつもりで、空気を補充しBBのガタの玉当たり調整と他の点検を終えて、タイヤの空気を確認すると、減っています。
チューブを取り出してみると、揉まれパンクでした。

 

« おすそ分け | トップページ | ナローチェーンは厚歯には使えませんでした。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おすそ分け | トップページ | ナローチェーンは厚歯には使えませんでした。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ