« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月の30件の記事

2021年4月30日 (金)

車椅子の中古タイヤ・チューブ無料でお譲りします。

今日はお預かりの自転車のお引取り一件だけです。
先日、当店リスクでと前輪の振れ取りをさせて頂いた自転車ですが、その後お引取りの日程をご連絡いただいた際に、事情をお話しして、了解を頂きましたので、修理料金も追加で頂きました。
もう一台、修理のご予定がお有だそうで、後日ご依頼下さるとのことでしたが、暫く乗られていないそうで、取りあえずバルブを交換して空気を入れて見て下さいと。新しいバルブコアをお渡ししました。
不具合が残るようなら、ご依頼いただけるそうです。

当店の自由に使っていただける空気入れの脇に、ご自由にお持ち帰りいただける虫ゴム付きのバルブコアを置いています。
それなりに数は減っていくのですが、雨ざらしで、日光に当たりっぱなしですので、虫ゴムの劣化が気掛かりです。
一か月程度で、なくなる数が分かれば、少量にして、定期的に補充するようにしたいと思っています。

纏めてご依頼を頂いた、車椅子のタイヤ・チューブ交換ですが、まだ使ええるタイヤ・チューブも新しいものに交換しました。
中古でもいいという方がいらっしゃいましたら、お譲りしますのでお声をお掛けください。
サイズは24x1 3/8のグレータイヤです。

 

2021年4月29日 (木)

車椅子終了しました。

昨日から始めた車椅子のタイヤ交換ですが、今日、残り2台を仕上げて終了しました。

今日のご依頼は、昨日、日延べして頂いたお客様のパンク修理が一件です。
クロスバイクの後輪のパンクでしたが、バルブ座の近くで穴が開いていました。
細身のチューブが使われていて、バルブ座分の伸びしろが無いことによる、チューブの伸びによる薄化が要因だとおもいます。
当然パッチを貼ることで、更に薄化するでしょうが、後二年の延命が出来るならと考えてパッチ修理を選択しました。

2021年4月28日 (水)

集中力が切れました。

今日は、二件11台のご依頼に対応です。
ご依頼は後二件有ったのですが、一件は明日に延ばして頂き、一件はタイミングが合わずお断りさせて頂きました。

一件目は、10台の車椅子のタイヤ・チューブ交換です。
作業そのものは、淡々とタイヤを外しリムバンドを交換し、タイヤ・チューブを嵌めて、少し空気を入れてリムラインを確認し、規定圧まで空気を入れるだけです。
ブレーキの確認は当然ですが、何台かフットサポートが有らぬ方を向いて居たり、左右の高さが違って調整が必要でした。

途中で、二件目の電動アシスト自転車のカーカス切れタイヤのこちらもタイヤ・チューブ交換です。
日差しが暖かく、上着を脱いでの作業になりましたが、作業自体は特記無く終了です。

又、車椅子のタイヤ・チューブ交換に戻り、8台までは仕上げましたが、集中力が切れてしまい、本日の作業は終了です。
一日に何台も修理される自転車屋さんのご苦労が良く分かりました。

作業中にパンク修理のご依頼を一件頂きましたが対応できる状況ではなく、明日に延ばして頂きました。

もう一件、営業時間外にパンク修理のご依頼を頂いたのですが、お急ぎとのことで、日没後のパンク修理は出来ない旨お伝えしお断りさせて頂きました。
気力と体力に余裕がある日ならお受けしたかもしれなかったのですが、今日は無理でした。

2021年4月27日 (火)

ちょっとハードな定休日

今日は、定休日なので、ご予約で軽めの点検とパンク修理のみの予定だったのですが、
四件、5台の修理となりました。

一件目は、点検のご依頼。
先日、8台の点検のご依頼を頂いた最後の一台です。
虫ゴムを交換して、各部注して完了かなと思ったら、チェーンが固まり掛けています。
まだ2カ所だけだったので、チェーンをしごいて復旧です。

二件目はパンク修理のご依頼です。
パッチ下のチューブ割れで、15mm位の割れでしたが、パッチを剥がして、大判パッチとチューブ内面のSパッチで抑え込みです。
各部点検・注油を終えてお引き渡しに掛かったところで、もう一台追加でパンク修理のご依頼です。
三件目のお客様のご予約が有り、パンク修理を始めると昼食が取れなくなりそうで、三件目の修理後に再訪をお約束しました。

三件目はパンク修理のご依頼でしたが、水調べでパンク穴は見つけられませんでした。
お伺いすると、空気が上手く入らなかったとのこと。
空気入れはご自宅にはなく、外の空気入れを使われたとのことで、原因は確定できませんませんでした。

二件目の追加のパンク修理に戻りましたが、接地面にパンク穴が有りました。
異物を探ったのですが見つからず、パンク穴がえくぼ状だったので、チューブ欠陥の可能性が高そうです。
点検で、チェーンの弛みと、BB部のガタを発見。
いzれも調整をしてお引き渡しです。

四件目は一か月ほど前にパンク修理でお伺いしたお客様、再発とのことでカーカスが見え始めていた前輪のタイヤ・チューブ交換です。

ちょっとハードな定休日でした。

2021年4月26日 (月)

手古摺ったチェーン落ち

今日は、二件、6台の点検、修理のご依頼です。

一件目は、
「ブレーキレバーから、ブレーキワイヤーが外れて、一応元には戻したけれど、やはり不安なので確認して欲しい。ついでに前照灯が点かないようなので、5台全て前照灯の確認をして欲しい」
とのご依頼です。
ブレーキワイヤーが外れたのは、駐輪場で自転車が倒れたことによるもののようです。
ローラーブレーキなので、ブレーキワイヤーの戻しが弱く、外れやすい構造です。
かなり気になるご様子だったので、バンドブレーキのコイルバネを追加して、ブレーキワイヤーの戻しを強くしました。
ブレーキレバーの操作では、追加したばねの重さは感じませんが、ワイヤーは外れにくくなりました。
前照灯は、5台中2台がオートライトで、明るい時間に確認されたため、不点灯を疑われて様です。オート→フルに切り替えて点灯を確認できました。
残り3台のブロックダイナモも問題なく点灯していました。

二件目は、外装変速のチェーン落ちです。
スポークプロテクターとボスフリーの間に落ち込んでガッチリ固定されチェーンが動きません。
車輪を外して、ボスフリーを緩めれば外れるかと期待したのですがボスフリーを一回転ぐらいしか緩められず、
チェーンを切って、フレームから車輪を外して、チェーンをフリーにすることでようやく外れました。
今までで一番手古摺ったチェーン落ちです。
最近のスポークプロテクターはチェーン落ちまでは防いでくれない物もあるようです。
ディレーラーガードも変形しており、多少エンドも変形しているようでしたが、ディレーラーの可動域調整とワイヤー調整で全段変速して、チェーン落ちはしなくなりました。

2021年4月25日 (日)

四件中3台のタイヤ交換

今日は四件4台の修理です。

一件目は、折り畳み自転車後輪の20x1.75のタイヤ交換
摩耗によるカーカス切れでのバーストです。
その他に特段の不具合はなく、普通に走る折り畳み自転車でした。

二件目は、子供車のパンク修理のご依頼。
折り目(山折り)パンクで、チューブには揉まれ跡がしっかりありますが、まだしっかり空気を管理して下されば、使えるレベルです。
乗って確かめて頂くと、気持ちよく走りますとのこと。
明らかにサドルが低く、サドル調整をしたところ、本当に気持ち良さそうに走っています。
お子さんは、成長が早いです。
立ち乗りしていたり、膝頭がサドルより上がっていることに気づいたら、サドルの高さを調整してあげてください。
自転車好きの子供は、大きくなったら、安物自転車より、乗りやすい自転車に目を向けてくれるかもしれません。

三件目は、パンク修理のご依頼です。
カーカス切れでのバーストですが、パターンはしっかり残ったまだ新しいタイヤです。
接地面に近いところでバーストしていたので、タイヤの製造不良を疑う修理でした。
前輪泥除けの変形が有り、タイヤと擦りそうでしたので、変形の修正です。

四件目はパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、2日程前に空気を入れられたそうですが、まだしっかり空気は残っています。
「タイヤがダメそうなので、パンクしているかもと思ったんです。」とのこと。
確かに、何カ所もトレッドのゴムが剥がれかけています。
タイヤチューブ交換で対処です。
後輪のハブのガタを取り、BB部にもガタが有り玉当たり調整です。
ブレーキレバーがハンドルの内側に入っていたのも、固定し直しです。

2021年4月24日 (土)

今日はパンク修理無し

今日は二件2台のご依頼です。

一件目は、クロスバイクのタイヤ交換のご依頼。
タイヤに細かな傷が有り、パンクしたことと併せてのご依頼です。
パンクは明らかなリム打ちで、お客様も、段差に落ちて直後に空気が抜けたと確認されていました。
タイヤは問題ないと判断、パンク修理ではなく、チューブ交換をお望みでしたので、希望に沿わせて頂きました。
タイヤは、空気をしっかり入れて確認しましたが、拡がる傷はなく、カーカスに異常は有りませんでしたので、タイヤ交換無しで修理完了です。

二件目はパンク修理のご依頼です。
お伺いして確認するとむしごむがきれています。
念のため、水調べを行いましたが、パンク穴は発見できず、様子見です。

当日の修理のご依頼は2件だったのですが、予約は三件頂きました。

埼玉もコロナの感染状況は、予断を許さないようです。
でも、出張修理に関しては、あまり話題にもならず、コロナの影響は感じていませんので、少しづつ忙しくなりそうですが、

2021年4月23日 (金)

当店負担?の修理

今日は新たなご依頼はなく、昨日からの仕掛の自転車の修理です。
半日放置でしたが、前輪の空気漏れは有りませんでした。
ブレーキレバーの取り付けが、内側に入っていて握りにくかったので、外に降って固定です。
チェーンに弛みが有り、チェーンの張りを調整。
サドルの押しが下がっていたので、水平に戻します。
ここまでは、昨日の見積もり範囲内だったのですが、乗車点検で前輪の振れを見つけました。
新たな修理項目として、お客様にお伝えしご返事を言待ちしていたのですが、まだご返事は頂けておりません。
見つけた不具合を放置するのは、精神衛生上よくないのと。明日以降の受注状況が分からないので、当店でリスクを持つことにして、修理をしました。
泥除けのステーにも曲がりが有り、結構頑固な振れだったので、事故に逢われた自転車かもしれません。

2021年4月22日 (木)

仕掛一件、部品入荷待ち二件

今日は、先日見積依頼を頂き、提出した見積もりについて発注を頂きました。
車椅子10台のタイヤ・チューブ交換です。
当然と言ってはいけないのでしょうが、在庫が有りませんので、問屋さんに注文です。
問屋さんにも在庫はなく、入荷日未定なので、入荷日確定後の実施日相談となります。

二件目は、電動アシスト自転車の丹生谷公館で、20インチタイヤとまでは確認して、足楽の20インチHEタイヤを持ってお伺いしたのですが、ついていたタイヤは、20x1 3/8WOタイヤでしたお客様にお詫びして、取り寄せ後の再訪問になりました。

三件目は、夕刻の持ち込みで、タイヤ交換?のご依頼でしたが、暫く乗られていなかった自転車で、タイヤはまだ十分使用可能です。
エアー抜けしていたのですが、前輪は虫ゴム切れが明らかで、後輪は空気が残っています。
しっかり点検もして欲しいとのことで、前輪だけ虫ゴムを交換して、空気をしっかり入れました。
明日、エアー抜けを確認して、修理にかかります。

ということで、ご依頼は頂いたのですが、すべて修理未完了の一日でした。

2021年4月21日 (水)

今日は台数だけは稼ぎました。

今日は四件10台の点検と修理です。

一件目が7台の電動アシストの点検です。
予定は8台だったのですが、1台ご使用中でした。
2台の空気圧不足、2台のドレスガード外れ、1台の速度センサーの磁石プレート爪折れが有り、磁石プレートはタイラップ固定です。
7台中6台が一発2錠でしたが、うち一台が黒ラベルのリコール対象でした。
ヤマハの電動アシストですが、販売店からの連絡はなかったそうですので、完了までにはまだまだ時間が掛かるのでしょうね。

二件目はパンク修理のご依頼です。
余り乗られていないそうですが、7~8年ぶりのご遺体です。
後輪の揉まれパンクですが、溝は深くなくSパッチで対処です。
ハンドルの捻じれがあり修正しましたが、まだまだ使えそうなラグ接続のフレームの自転車です。

三件目は持ち込みでのパンク修理です。
二回水調べしたのですがパンク穴が見つからず、チューブを眺めていて、違和感があり、よく見たら接着剤でした。
接着剤を剥がして水調べして、ようやくパンク穴を発見。
パッチ処理して完了ですが、中途半端にパンク穴を抑え込むのも功罪が有るなと感じた修理です。

四件目は、出先でのパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、タイヤに穴が開いています。
26x2.0のたいやです。一度取りに戻ってタイヤ・チューブの交換ですが、チューブは音通り米式のチューブを使用しました。
たまたまですが、在庫が有ったので修理出来、ご自宅まで乗って帰って頂くことが出来ました。

 

2021年4月20日 (火)

放置でのエアー抜け

今日はパンク修理のご依頼一件です。

MTBですが、暫く乗られていなかったそうです。
前輪、後輪とも殆ど空気は残っていませんでしたが、バルブを抜くと空気が抜ける音がしました。

多分パンクではなく、放置でのエアー抜けだろうとは思いながら、パンク比率の高い後輪の水調べを行いましたが、やはりパンク穴は見つけられませんでした。
前輪ついても、錠きゅからパンク穴はないだろうと判断し、しっかり空気だけ補充して、前輪については水調べせず、様子見とさせて頂きました。

各部点検も行いましたが見錠はなく、修理完了です。

明日は8台纏めての点検のご依頼を頂いています。
お急ぎの場合は、対応しますが、お急ぎでない場合、明後日以降でのご依頼をお願いいたします。

2021.04.19の異物

Dsc_0002_20210420000801 Dsc_0001_20210420000801

面白い位置に刺さっていますが、画鋲です。

針は曲がっていたので、器物損壊ではないようです。

2021年4月19日 (月)

サドルとグリップ位置の調整をしました。

今日は一件1台のご依頼です。
パンクだったのですが、画鋲が刺さっていたので原因は明らかで、修理もすぐに完了しました。
どこか調子が悪いところはないですかとお聞きした際、ギシギシいう所が有るようなんですとのことで、乗車点検もかねて、調べたのですが異音は聞き取れませんでした。

気になったのは、お尻下がりのサドルとグリップ位置の高さです。

サドルは水平に、グリップ値は、握りやすい位置に下げましたが、出張修理屋が点検で見つけることなのかと寂しくなります。

購入されるお客様には、当然知識は無い訳ですから、販売時に調整してお引き渡ししないと、お客様は乗りにくいと感じながら乗り続けるしかありません。
自転車の価値を正しく理解して頂く販売をするのが、ホームセンターであっても自転車を販売するお店の最低限の仕事だと思うのですが。

原因が見つかりませんでした。

昨日は、二件2台のご依頼でした。

一件目は、後輪から音がするとのご依頼。
ニップル飛びが2カ所あり、後輪のタイヤがチェーンステーに擦れての異音でした。
ニップルを新しくして、振れを取り、何故だかずれていたホイールをフレームのセンターに調整し、各部点検・注油をしてのお引き渡しです。

二件目は。パンクかも?とのご依頼。
前輪も、後輪もとのことで、パンクはなさそうだと思いながらの水調べです。
お客様が交換された虫ゴムもしっかり装着されており、問題なく、空気が入っていなかった理由がよく分かりません。
空気入れもちょっと疑い、お借りして入れてみましたが、正常です。
お客様に、試しに空気を入れて頂きましたが、ちゃんと空気は入ります。
パンクしていないことは確認できたので、修理完了なのですが、お客様が感じられた不具合が解消されたのか、原因がちょっとはっきりしません。

2021年4月18日 (日)

器物損壊パンク

昨日は、一件一台のご依頼でした。

前輪のパンクのご依頼ですが、先日、先先日とパンクの修理が続いています。

今回のパンクは、タイヤサイドに六ケ所、15cmぐらいの範囲に集中していました。
内2カ所は左から右に貫通した位置です。

駐輪場に留めておられたそうですが、明らかな器物損壊です。
お巡りさんの姿が見えるだけでも、抑止効果があると思うので、被害届の提出をお勧めしました。

エアハブ搭載の年数は経った自転車ですが、チューブに全く痛みはなく、空気圧管理の大切さがよくわかる自転車でした。

2021年4月16日 (金)

お支払いいただけない状態でも、修理はいたします。

今日は、休業日ですが、一件ご依頼を頂きました・
結果的には修理をお断りしました。

過去に三度、ご不在だったり、今手持ちがないからと料金を頂かないまま修理をさせて頂いたお客様からです。
「今から病院に行くので、診察中にペダルから異音がするので修理をしておいていただけませんか?」
とのご依頼です。
診察が終わる時間を見計らって修理が終わるようにしますとお答えしたんですが、「今回も支払いができないので」とのこと。
過去の未払いが溜まっており、お支払いを頂かないと、修理にお伺いできませんとお伝えしました。

今日の修理はキャンセルとなり、お支払い頂ける状況で、再度ご依頼を頂くことになりました。

お客様の状況により、手持ちがなくても、ご依頼いただければ、当店の考え方としては、お支払いより修理を優先して対応させて頂きます。
過去に一度そのままお支払い頂けなかった事がありますが、本当にレアケースで、考え方を変えるつもりは有りません。
今回のように、何度も続くのは困りますが、事情が理解できれば修理対応はさせて頂きます。

手持ちがない時や、ご不在で後日支払いで有っても、修理にはお伺いしますので、お声をお掛けください。

2021年4月15日 (木)

今日はチェーン廻り2台

今日は、朝から、昼過ぎまでご依頼はなく、開店休業かと思っていたのですが、夕方になって一件2台のご依頼です。

一台は、チェーン外れのご依頼。
まだ購入されて一年ほどだそうで、チェーンの伸びている感じはありません。
ハブ軸のナットとバンドブレーキのフレームへの固定ネジを緩めて、チェーン引きを緩めてチェーンを掛け、ホイールのフレートのセンターを出し灘らチェーン調整で完了です。
まだ虫ゴムは弱った感じはなかったのですが、夏に向かいますので、虫ゴムも交換し各部点検をして、注油して、乗車確認をして頂きお引き渡しです。

二台目は、外装ギヤの変速不良ですが、ディレーラーに変形が有り、ロー側に変速しません。
完全には戻りませんでしたが、ディレーラーの変形を修正し、ワイヤーの引きを調整して、全段にちゃーんが書け変わるようになりました。
こちらも、虫ゴムを交換し、各部点検と注油をして、乗車確認をして頂いてお引き渡しです。

営業日にご依頼がないとちょっと寂しかったので、うれしいご依頼でした。

2021年4月14日 (水)

久しぶりのニップル頭引きずりパンク

今日は、一件1台のご依頼ですが、久しぶりのニップル頭引きずりパンクです。

24インチのジュニア用MTBです。
ブレーキレバーの引きも調整されており、チェーンに錆びもありません。
日常点検はかなりしっかり行われている印象の自転車で、点検でも全く異常を感じませんでした。
前輪の空気をしっかり入っていたのですが、
Dsc_0001
ちょっと大きめのパンク穴です。
空気圧不足が原因のパンクは、リム打ち以外は、割とバルブの近辺で起こるようです。
Dsc_0002
ご不在中の修理で、お客様に修理跡を確認して頂くため撮影しました。

ちょっとパッチの端が引っ掛かってしまいました。

2021年4月13日 (火)

今日は食材購入の日

今日は完全休業日で、あちらこちらを回って食材の購入です。

まず近所の農家さんでソース用のトマトを買いました。

その後、朝食のホットドック用のソーセージ、ついでにベーコン、目についたスペアリブのベーコン、レバーペストの燻製、ソフトサラミなど。
ついでに、ソーセージ屋さんのイートインで、ホットドックを食べて。

ソーセージ屋さんの近くの農協の直売所でキノコや野菜、大和芋。

ちょっとホットドックだけでは満腹感がなかったので、直売所の近くでケーキ屋さんでケーキと紅茶で一休みです。

帰り道で、鮮魚センターによって、エビとコウイカを買って帰宅です。

家に帰って、遅めの昼食は、さっき直売所で買ったヤマトイモでとろろ蕎麦です。

おなかが満ちたところで、朝買ったトマト3kを湯剥きして、トマトソース作りです。
朝取りのソース用の完熟トマトで、旨味と甘さがたっぷりのトマトソースが出来ました。

夕飯は、鮮魚センターで買ったエビとコウイカを裁いて、エビとイカのチリソースにします。
エビとイカにはたっぷりの片栗粉を付けて油通しし、チリソースは出来たばかりのトマトソースに、豆鼓醤、オイスターソース、XO醤、豆板醤、ちょっぴりの砂糖、たっぷりのコリアンダーとクミンと、タラゴンを加えて作りました。

家内からの合格点が出て満足ですが、ほとんど、トマトソースのお手柄です。
家内と分担しながらの共同作業ですが、いい休養日を過ごさせて頂きました。

2021年4月12日 (月)

明日13日(火)は完全休業とさせて頂きます。

明日13日(火)は、ちょっと遠方まで買い物に出かけますので、完全休業日とさせて頂きます。
ご容赦ください。

お急ぎのお客様は、

自転車修理のぴよちゃん

Shirokuma

自転車修理キーマン

さんを頼ってみてください。

今日のご依頼は、クロスバイクのパンク修理が一件です。
グレーチングに嵌ったとのことで、お怪我はなかったそうですが、しっかりリム打ちのパンクでした。
もう一か所接地面からリム側に貫通したパンク穴が有り、異物パンクも併発です。
異物はチェックしましたが見つけられませんでした。
クロスバイクで、28cのタイヤに23~28のチューブが使われていました。
お客様には、パッチ処理ができない場合、チューブ交換になりますとお伝えしてからの修理でしたが、リム打ちも、2カ所の貫通パンク穴もVパッチから切り出した極小パッチで塞ぐことが出来ました。
パッチ張後の、放置時間を長く取ったこともあると思いますが、ここ暫く、大きなパンク穴には、ゼリー状瞬間接着剤を併用しています。
パンク穴の内壁に接着剤を塗布して、穴が広がらないのを確認してから、やすり掛けをすることで、余分な接着剤を除きます。
パンク穴が拡がらないので、小さなパッチでもエアー漏れのリスクが減らせることと、チューブの伸びを阻害しない効果を期待しています。

2021年4月11日 (日)

カーカス切れ二件、虫ゴム切れ二件

今日は、五件5台のご依頼です。

一件目は、「走ると自転車が揺ら揺らする」とのご依頼です。
スポーク折れも想定しながらお伺いすると、後輪のタイヤのカーカス切れです。
タイヤ交換のついでに、ハブのグリス注入をしておきました。

二件目はパンク修理のご依頼。
典型的なリム打ちでした。
まだ新しい自転車だったのですが、スタンド、ブレーキワイヤ出口、ペダル、ブレーキレバー等、注油されていなかったので注油しました。

三件目はタイヤ交換のご依頼。
少し空気を入れ過ぎ気味で、カーカスが切れていました。
リフレクターが白濁していましたので、交換です。

四件目はパンク修理のご依頼でしたが、トップナットが緩んでおり、タイヤ内でチューブが団子になっている気配もありません。
虫ゴムを交換して、様子見とさて頂きました。

五件目は持ち込みでパンク修理のご依頼。
後輪は虫ゴムが飛んでいました。
前輪の虫ゴムも、硬くなって切れていたので交換です。
不在時のもちこみで、状況が把握できなあったため前輪水調べしましたが。パンク穴を見つけることは出来ませんでした。

2021年4月10日 (土)

いつもの日常

昨日は、定休日でご依頼もありませんでした。

今日は、三件3台のご依頼です。

1件目は、駐輪場で待ち合わせてのパンク修理のご依頼。
まだ新しい自転車でしたが、2度めのパンクのようです。
タイヤ内でチューブが畳まれていた(谷折り)のですが、いつものバルブ近くの折り畳みではありませんでした。
パンク穴は一か所で、チューブに若干ですが伸びが有り、少し空気を入れてからのチューブセットです。
折り畳みなく、セット出来ました。
各部点検・注油をして乗車点検をして頂いてのお引き渡しです。
毎月の空気入れはお願いしました。

2件目はパンク修理のご依頼でしたが、完璧な虫ゴム切れです。
虫ゴムを交換して、空気を充填してから各部点検に入ります。
BB部のガタが有り、左ワンで玉当たり調整です。
各部点検後の空気圧チェックでは、漏れている様子はなく、一日五の空気漏れの確認をお願いしました。

三件目は、パンク修理のご依頼。
虫ゴムの切れはなく、水調べで、揉まれとチューブ欠陥の複合らしいパンク穴を見つけました。
パッチ処理をして、各部点検で前ブレーキレバーの余裕がなく、ワイヤーの張り調整、チェーンの弛みが有り、チェーンの張り調整を行いました。
各部注油して、もう少し多めの空気充填をお願いしてお引き渡しです。

 

2021年4月 8日 (木)

クロスバイクの変速調整

今日は、一件1台のご依頼です。

「クロスバイクのリヤの変速を調整したけれど、うまくできているかチェックをして欲しい」とのご依頼です。

チェックさせて頂くと、変速は全段切り替わるのですが、ロー側でケージがスポークと触れてカラカラと音が出ます。
駐輪場に置かれていて、「風が強いと自転車が倒れていることがある」とのことです。

エンド修正治具とディレーラー曲がり測定器でエンドとディレーラーハンガーの修正をしました。

リヤは快調になったのですが、フロントのチェーンがロー側に落ちます。
可動域を調整し、ワイヤーの弛みを取りながら、フロントのディレーラーの動きも調整しました。

フロントは、購入時からなのか、お客様が調整されたのかはわかりません。

各部点検。注油を行って、前後のブレーキシューの交換が必要なことをお伝えし、修理完了です。

クロスやロードで部品交換が必要と感じた際には、なるべく近くの専門店での修理をお勧めするようにいたします。
どうしても、緊急の際は当店準備の部品に交換をさせて頂きますが、スポーツ系の自転車の部品を準備するのは当店には荷が重いです。
取り寄せることは出来ますので、時間の余裕があって、どうしても当店でという時は、声をかけて頂ければ対応は致します。

2021年4月 7日 (水)

異物見つけれられず。

今日は、ご依頼は一件1台だけでした。

パンク修理のご依頼です。
後輪の接地面でのパンク穴ですが、空気の漏れは早く、パンク穴のギザギザの切り口から石片によるパンクかなと想像しながら異物を探したのですが、異物は見つけられませんでした。

お客様には、異物によるパンクと思われること、異物を見つけられなかったが、タイヤ内に隠れている可能性があることはお伝えし、直ぐにパンクするようなら、再修理にお伺いする旨お伝えしました。

2021年4月 6日 (火)

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

今日は、完全休業日で、修理のご依頼はありません。

当店で一人プロジェクトとして運営しているスライムパンク防止剤被害低減プロジェクトサイトがあります。

最近は、更新することもなく、放置状態ですが、16ヶ月の検索実績は、このような状態です。

多いのか少ないのか、お役に立っているのかも分かりませんが、サイトを公開しているだけで、毎日何人かの方のお目には止まっているようです。

 

Slime

2021年4月 5日 (月)

何のためのロードバイク

今日は持ち込みで、ロードバイクのサドル位置を下げて欲しいとのご依頼です。

まだ購入されたばかりのロードバイクだそうですが、常にしっかりとブレーキレバーを握れる位置で乗りたかったのか、ハンドルの湾曲部を握って乗りたいとのこと。

サドルを5cmぐらいさげましたが、ほとんど踵が着くサドル位置です。

ご希望通り作業をさせて頂きましたが、後味が悪いです。

またお願いしますと言われましたが、自分で工具を買ってやりなさいとお断りしました。

丁寧に教えてあげるべきなのかもしれませんが、もう少し真摯に向き合わないと、ロードバイクに乗る意味がないと思った修理(調整)です。

 

2021年4月 4日 (日)

今日は、パンク修理無し。

今日は、三件4台の点検と修理です。

一件目は、2台のパンク修理のご依頼でしたが、一台は前後とも空気が抜けています。
確認すると、後輪から虫ゴムが飛んだバルブコアが出てきました、前輪も虫ゴム切れです。
お伺いすると、2年ぐらい乗られていないとのこと。
もう一台は、後輪に少し空気が残っていますが、前輪は空気が抜けていて、虫ゴム切れです。
2台とも、すべての虫ゴムを交換し、各部点検と注油を行って、様子見をお願いしました。

二件目は、見積もりのご依頼です。
2週間ほど前に自転車と正面衝突され、二日ほど前からブレーキが利かないとのこと。
お伺いすると、ブリヂストンの子供乗せ、スマートコントロールブレーキ仕様です。
(見積もりのご依頼の際に、スマートコントロールブレーキらしいと見当はついていたので、交換部品は一応準備していました。)
事故との因果関係がよくわからないのですが、スマートコントロールブレーキのフォークとの固定ナットが外れ、片側のブレーキシューが欠落、
泥除けも固定が外れ、タイヤと接触しています。
見積金額をお伝えし、一応部品は準備してきましたとお伝えすると、修理をしてくださいとのご依頼に変わりました。

三件目はパンク修理のご依頼です。
お伺いすると、空気は抜けていたのですが、トップナットも緩んでいます。
子供乗せ自転車で、毎日ご使用とのこと。
様子見の余裕はなかったので、水調べをしましたが、パンク穴は見つけられませんでした。

2021年4月 3日 (土)

明日から髪形を変えます。

今日は、二件2台のご依頼です。

一件目はタイヤ交換のご依頼。
サイズを確認せずお伺いしたのですが、子供乗せの前後異径の自転車で、前輪24インチのタイヤでした。
いつもはバイクに積んでいるのですが、今日は積んでおらず取りに戻っての交換となりました。
ついでに、ハブのベアリング部にグリスを追加して、玉当たりも調整です。

二件目は、先日修理をさせて頂いた後、「後輪から異音」と再修理のご依頼。
ブレーキワイヤーがスポークと干渉しての異音でした。
当店の修理ミスですし、修理料金の発生もありませんので、修理としてはノーカウントです。

三件目は、昨日持ち込みの子供乗せ自転車の後輪タイヤ交換です。
特記はなく、淡々と作業です。

話は全く変わりますが、行き付けだった理容室がついに閉店されました。
これまでも、開店日が少なく、タイミングがなかなか合わなかったのですが、これで完全にお別れです。
噛みが伸び放題だったこともあり、家内に噛みを結って貰いました。
明日からは、髪を結った姿でお伺いします。

2021年4月 2日 (金)

ナローチェーンは厚歯には使えませんでした。

今日は、二件、2台のご依頼です。

一件目はシティ車のチェーン交換なのですが、ちょっと手古摺りました。
チェーンが外れたか、切れたようなんですとのご依頼で、全ケースの自転車なので、お客様にはチェーンは見えません。
チェーン外れだろうと高をくくってお伺いしたのですが、開けてみたらチェーン切れです。
たまたまですが、積んでいたチェーンが有り、ラッキーと思ってチェーンを交換したら、スプロケットにも、チェーンリングにもチェーンが掛かりません。
一般車用のチェーンと思い込んでいたので、チェーンのピッチとギヤのピッチが合わなくなったのだろうか?
などととんでもないことを考えてしましました。
新品のスプロケットとチェーンを合わせて、やっとナローチェーンを使ったことに気づき、チェーンを取りに戻って、ようやく修理完了です。

二件目はパンク修理のご依頼です。
一回目の水調べではパンク穴が見つからず、お客様から、「リム打ちかも」とのお言葉を頂いていたので、さらに空気を入れて二回目の水調べでパンク穴が見つかりました。
揉まれパンクでした。
お客様に、チューブの状態を見て頂き、パンクの原因もおつたえし、月一回の空気入れをお願いして、大判パッチで少しですが予備軍を抑え込んでおきました。
すぐに再発するようなら、改めてチューブ交換しますとお伝えし、修理完了です。

2021年4月 1日 (木)

今日はパンク修理の日

今日は、一台の持ち込みと、三件3台のご依頼です。

持ち込みは、かなり激しく転倒されたとのことで、後輪のリム変形による振れです。
拝見すると、スポークが2本折れて、目視でリムの変形が確認できました。
振れ取りでは無理と判断し、中古ですがホイール毎交換です。
併せて、後輪のタイヤのカーカス露出、前ブレーキのブレーキシュー摩耗です。
点検でBB部のガタを見つけ、玉当たりを調整したのですが、修理後の乗車点検で、ペダルに力を加えるとゴリゴリと異音がします。
チェーンの張りは、逆回転で重さを感じることがない張りに調整してあり、走行そのものは、異音を無視すれば快適です。
(手回しでは、感じなかったのですが、右のリテーナーの不具合の可能性が高そうです)
お客様には、引き取りに来られた際に、異音の状況はご説明できました。
出張での修理ならば、即座にお客様とご相談できたのですが、自転車店様の修理の難しさの一端を見た気がします。

一件目は電動アシスト自転車の前輪のパンク修理のご依頼。
「空気を入れても、暫くすると空気が減ってるんです。」とのことでしたが、パンクは折り目(谷折れ)パンクで、大きめのパンク穴です。
折り目(谷折れ)パンクの場合、パンク穴がチューブで隠されてしまうので、穴が開いていても空気の抜けがゆっくりな時がままあります。

二件目は、2月に購入されたばかりの自転車のパンク修理のご依頼。
異物パンクのようでしたが、タイヤ内のチェックでは異物は見つけられず、チューブが位置ずれしていたので、外部からのチェックでも見つけられませんでした。

三件目はパンク修理のご依頼。
暫く空気を入れておられなかったとのことと、多少でしたが空気が残っていたので、様子見とさせて頂くつもりで、空気を補充しBBのガタの玉当たり調整と他の点検を終えて、タイヤの空気を確認すると、減っています。
チューブを取り出してみると、揉まれパンクでした。

 

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    36.1℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ