« MPプランジャーでエアー漏れ | トップページ | 雨の中のパンク修理 »

2021年3月12日 (金)

米式バルブのバルブ根元パンク修理

完全休業日の予定だったのですが、昨日虫ゴム切れで様子見とさせて頂いたお客様から、「やっぱり空気が抜ける」とのご連絡です。
昨日一日しか持たなかったそうです。
チューブを取り出すと折り目があり、谷折り部にパンク穴が有りました。
1mm以上の穴で、パンク穴はすぐ見つけられたのですが、チューブの重なりで漏れは抑えられていたようです。

パンク修理が終わったところで、お客様のお隣にお住まいの方から、パンク修理2台のご依頼です。
お断りするわけにもいかず、修理にかかりましたが、
一台は米式バルブのバルブ根元のパンクです。
当然というのも申し訳ないのですが、替えのチューブはありません。
パンク穴を接着剤で塞ぎ、穴空きパッチを被せて、米式なのでナットは掛けられませんでしたが、インシュロックが遊んで逃げることがないのでナットなしのインシュロック止めです。
水調べも、石鹸水チェックもクリアー出来ました。

もう一台は、虫ゴム切れが在り、様子見のつもりだったのですが、点検中に空気圧の減少です。
開けてみると、接地面にパンク穴です。
パッチ処理して、異物を探しましたが、異物は見つけられませんでした。

自宅に帰ってうたたねをしていたら、近所のお客様が持ち込みの修理依頼です。
サドルを低くして足つきを良くしたいとのこと。
やぐら返しをして、サドル固定レバーをナットにして限界まで下げて、サドルに座ったまま、かかとが地面付くまで下げました。
電動アシストでしたから、ここまで下げましたが、普通の自転車ではかかとが着くほど下げてしまうと漕ぎだしで力が掛からずかえって不安定になります。

ということで、完全休業には程遠い一日でした。

« MPプランジャーでエアー漏れ | トップページ | 雨の中のパンク修理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MPプランジャーでエアー漏れ | トップページ | 雨の中のパンク修理 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ