« 言葉の中身は難しい。 | トップページ | 虫ゴム切れの季節? »

2021年3月24日 (水)

バルブ根元パンク修理失敗

今日は、三件、3台のご依頼を頂きました。

1件目はタイヤ交換のご依頼。
タイヤがサイドの劣化を起こし、使用不能でした。
タイヤ交換後の石鹸水チェックで、以前に行ったバルブ根元パンクの修理箇所から、エアー漏れです。
空気の減りが早いとは感じられていたそうですが、空気圧が低い状態で走られたことによるタイヤサイドの劣化です。
修理直後からのエアー漏れか、途中からのエアー漏れかは分かりませんが、バルブ根元パンクの再発には違いがありません。

二件目は、パンク?のご依頼
お伺いすると、空気は残っています。
暫く(一年)、空気を入れておられないとのこと。
一年、乗っておられなかったとのことで、空気の補充のみで様子見です。

三限目は両立スタンドの破損です。
フレーム固定部の破損のため、スタンド交換です。

« 言葉の中身は難しい。 | トップページ | 虫ゴム切れの季節? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉の中身は難しい。 | トップページ | 虫ゴム切れの季節? »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ