« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月の35件の記事

2021年3月31日 (水)

おすそ分け

今日は、我儘な理由で臨時休業させて頂き、申し訳ありませんでした。

見頃は三日程しかないとのことで、会社員時代は到底予定が組めず、定年後も家内の休みと私の定休日も合わずに見に行けなかったあんずの花です。

年も重ねて身体が動く内にと、家内の仕事が一区切りついた今年こそと思っておりました。
本当は、昨日の定休日に予定していましたが、家内の歯の具合が悪くなり、急遽本日あんずの花を見に行ってきました。

つたない写真ですが、皆さんへのおすそ分けです。

Dsc_0005_20210331213301 Dsc_0007_20210331213301 Dsc_0003_20210331213301 Dsc_0013 Dsc_0008_20210331213301 Dsc_0015_20210331213301 Dsc_0009_20210331213301 Dsc_0017_20210331213301 Dsc_0011_20210331213301

来年も見に行けるよう、体に気を付けながら仕事を頑張りたいと思います。

今日(水)は臨時休業いたします。

申し訳ありませんが、今日 3/31(水)は臨時休業とさせて頂きます。

 

お急ぎのお客様は、

自転車修理のぴよちゃん

Shirokuma

自転車修理キーマン

さんを頼ってみてください。

2021年3月30日 (火)

ずいぶん暖かくなりました。

今日は、二件3台の点検と修理です。

一件目は2台のパンク修理のご依頼です。
2台とも2年近く乗られていないそうですが、一台はサイモトさんの自転車で少し錆びは出ていますが、まだまだ綺麗な状態で、チューブ内にわずかですが空気が残っていました。
もう一台は、前輪のタイヤがリムから外れ、チューブが露出しています。
アメサイドなので、タイヤサイドは痛みがありますが、タイヤ内はきれいでした。
一番不安なチューブ露出の前輪から修理を始めましたが、ゴム切れのあった虫ゴムを交換しても空気が溜まりません。
明らかなパンクです。
バルブ座の脇と、すぐそばの折り目(山折り)の2カ所です。
チューブ交換が頭をよぎりましたが、取りあえず大判パッチで対処しました。
規定圧まで空気を入れても異状を感じる部分はなく、様子見をお願いしました。
後輪は、虫ゴム交換をして、空気を入れて様子見です。
サイモトさんの自転車は、前輪後輪とも虫ゴム交換で様子見です。

二件目はお近くだったのですが、タイミングが合わず、いったん自宅に戻って出直しです。
パンク修理のご依頼で、前輪のリム打ちパンクでした。穴は一個でしたが、並んでチューブのつぶれ跡があり、Sパッチで2個塞ぎです。

余り日差しはなかったのですが、作業中は上着を脱ぎました。
バイクに乗ると、まだ涼しいのでオーバーズボンを穿いていますが、あと少しでオーバーズボンも不要になりそうです。

2021年3月29日 (月)

サドルが好評でした。

今日は、三件5台の自転車を触りました。

一件目は、2台のパンク修理のご依頼ですが、一台はタイヤが寿命ならパンク修理は無しでとのこと。
見ると、わずかですがカーカスが露出しており、タイヤの寿命としては限界です。
修理屋の性でしょうか、パンクを放置できず、予備車として乗れるようにパンク修理してしまいました。
勝手にやったことなので、料金は頂いておりません。
もう一台は、今まで目にしたことのないチューブの抉れと折り目(谷折り)の2カ所のパンクです。
パッチ処理で修理完了です。

二件目は、電動アシスト自転車の後輪ブレーキからの異音です。
グリスの注入で解消したのですが、もう一台のサドル交換が追加です。
サドルは持って動いていないのですが、自宅に在庫はあるので、再訪のお約束でいったん終了です。

三件目は、お客様準備の前かご交換です。
しっかり作業を見て頂いたので、次回はご自分でやられるかもしれません。

二件目のお客様のサドル交換に再訪です。
加島サドルさんのサドルに交換させて頂きましたが、クッションの硬さが適度で気持ちがいいと好評です。
もう一台自転車をお持ちなのですが、そちらも交換を検討されるそうです。

2021年3月28日 (日)

久しぶりのペダル交換

今日は、二件3台のご依頼です。

一件目は、先日、ニップル飛びでお伺いしたお客様から、「後輪がゆらゆらする」とのご依頼です。
併せて、リング錠の取り付けのご依頼です。
後輪のゆらゆらは、ニップル飛びの再発かと想像しながらお伺いしたのですが、想像は外れタイヤのカーカス切れによる歪みでした。
タイヤ・チューブを交換し、各部点検・注油をして、乗車確認をして頂き完了です。
リング錠は、ニッコーのNC-100を3台目の取り付けです。
閂のつまみがちょっと押し込みにくいとのことでしたが、右手の親指より、左手を使うと楽に押し込めると、お客様が使い勝手を考えて下さいました。

二件目は、ペダル割れでのペダル交換です。
ペダルがすんなりと外れてくれましたので、あっさりと交換終了です。

ペダルは古くなって、弱ってくると縁石などに当たっても割れることがあります。
左程費用を掛けずに交換できますので、お声をかけて下さい。

2021年3月27日 (土)

今日は、ちょっとバタバタしました。

今日は、四件のご依頼です。

一件目は、タイヤ交換のご依頼。
700x35Cタイヤのカーカス露出とパンク、併せて後のVブレーキのブレーキシュー交換です。
700x35Cタイヤは、在庫を持てるタイヤサイズではないので、急遽ホームセンターに買い出しです。
運よく、陳列されていました。
チューブは、そのまま修理した使用する予定だったのですが、水調べをすると、カーカス切れのパンクではなく揉まれパンクです。
英式バルブだったので、27インチのチューブに交換です。

二件目は、今月初めにパンク修理にお伺いしたお客様からのパンク修理のご依頼。
再発を覚悟して、お伺いしたのですが、再発ではなく新しいパンク穴です。
貫通の2個のパンク穴を見つけて、Sパッチで、二個塞いだつもりが、水調べでパッチ脇からエアー漏れです。
パッチを貼る位置を間違えたかとパッチを剥がして、貼りなおしましが、今度は元のパッチ位置からエアー漏れです。
チューブを大きく膨らませると、まとまって10個ぐらいパンク穴が有ります。
切り出しの大判パッチで、まとめて塞ぎました。
お客様も再発を疑って居られると思い、ご説明したかったのですが、ご不在中の修理で、ご両親しかおられません。
何とか連絡が取れて、状況をご理解いただきました。

三件目は思いがけない原因のパンクです。
駐輪場に留めておられるのですが、風で他の自転車が倒れて重なっていたそうです。
その際に空気が抜けたそうですが、バルブ根元のパンクでした。
一度目は、水調べでエアー漏れ、パッチを剥がして再接着で、水調べも石鹸水チェックもクリアーしました。

四件目は、ロードバイクですが縁石にぶつかったあと、リムにブレーキが当たるようになったそうです。
日没前の修理で、応急的に振れを取りました。
後は、市内の自転車屋さんで、ちゃんとした修理を受けて下さいとお願いし、撤収です。

2021年3月26日 (金)

問題個所多数

今日は、一件のブレーキ異音のご依頼です。

まず、前ブレーキのブレーキシューが欠落したとのこと、後輪のローラーブレーキから異音がする。とのことで、前ブレーキのブレーキシューの交換です。
ブレーキのインナーワイヤーの固定位置が、以前の位置とずれているようです。
ブレーキレバーのワイヤー出口を確認すると、ダイヤコンペのブレーキレバーなのに、アウター受けがダイヤコンペ用ではなく、遊んでいます。
インナーワイヤーの先端にほつれがあり、アウター受けを抜くとワイヤーが通りそうもないので、アウター受けは破壊して取り除きました。

ブレーキの効きを確認しようと、ブレーキラバーを握って、自転車を前後させると、ヘッドパーツがグラグラです。
グリスも切れていたので、ヘッドパーツの分解まではせず、スプレーグリスを吹き込みます。
玉当たりを調整して、スムーズに回ることを確認しました。

後輪のローラーブレーキは、グリスの注入で異音解消ですが、見るとローラーブレーキの固定ネジが締めこまれていません。
フレームに対してホイールがずれています。
ベルトドライブなのですが、ベルトの張りも強すぎます。
すべて、処置をして、乗車点検すると古い自転車ですが、流石ブリヂストン製ですね、気持ちよく走ってくれる自転車でした。

2021年3月25日 (木)

虫ゴム切れの季節?

今日は、五件6台の点検修理のご依頼です。

一件目は、変速不良のご依頼。
ディレーラーガードの変形で、トップと二段目にチェーンが移動しない状態でした。
ディレーラーガードを曲げ戻して修理完了です。
ついでにと、もう一台、点検のご依頼、こちらは、それなりの年数が経過してましたので、虫ゴム交換と。各部点検注油で完了です。

二件目はチェーン外れ?チェーン切れ?のご依頼です。
チェーンは切れていませんでしたが、チェーン調整が片側しかついておらず、しかもチェーン調整がない側のハブ軸ナットが緩んで、ホイールがフレームのセンターから外れていました。
チェーンの掛け直し、ホイールのセンター出し、チェーン調整、ハブ軸の固定で、完了です。

三件目はパンクが続いているとのことで、タイヤ交換のご依頼です。
確かにパンクの修理跡は多かったのですが、虫ゴム切れが在り、パンク穴は見つけられず、空気圧管理はしっかりされていてチューブの痛みもありませんでした。
タイヤ内にも、異物はなく、過去のパンクの原因は?です。

四件目はパンク修理のご依頼です。
現在の営業エリアからは外れているのですが、開業当初からのお客様なのでお伺いします。
暫くご依頼はなかったのですが、虫ゴム切れです、前回の交換から3年以上は経過した記憶です。
パンク穴は、見つけられず、虫ゴム切れと判断しました。

五件目は、漕ぐと異音がするとのご依頼です。
外装変速で、チェーンガードが変形しチェーンリングと、チェーンがチェーンガードに干渉していました。
各部点検で、その他の異常もありませんでした。

 

久しぶりに、多くの自転車を触りましたが、軽修理ばかりだったせいか、修理に適した天候だったのか、あまり疲れを感じていません。

2021年3月24日 (水)

バルブ根元パンク修理失敗

今日は、三件、3台のご依頼を頂きました。

1件目はタイヤ交換のご依頼。
タイヤがサイドの劣化を起こし、使用不能でした。
タイヤ交換後の石鹸水チェックで、以前に行ったバルブ根元パンクの修理箇所から、エアー漏れです。
空気の減りが早いとは感じられていたそうですが、空気圧が低い状態で走られたことによるタイヤサイドの劣化です。
修理直後からのエアー漏れか、途中からのエアー漏れかは分かりませんが、バルブ根元パンクの再発には違いがありません。

二件目は、パンク?のご依頼
お伺いすると、空気は残っています。
暫く(一年)、空気を入れておられないとのこと。
一年、乗っておられなかったとのことで、空気の補充のみで様子見です。

三限目は両立スタンドの破損です。
フレーム固定部の破損のため、スタンド交換です。

2021年3月23日 (火)

言葉の中身は難しい。

今日は、パンク修理のご依頼が一件だけです。

実は数日前に一度お電話を頂き、「しばらく放置していたら空気が抜けている」とのことで、「取りあえず空気を入れて様子を見てみるのも一法です。」やり取りし、「空気を入れて様子を見ます」とお答えいただいたお客様です。

「一日で空気が抜ける」とのことで、お伺いしました。

まず間違っていたのが、暫く放置の期間です。
私は半年レベルで受け取っていたのですが、実際に放置されていた期間は二週間ほどでした。

自転車の状態から、虫ゴムを疑い、虫ゴムを交換して、空気を入れ、他の個所の点検・注油を済ませて、エアー抜けしていた前輪の空気圧をチェックすると明らかに圧が下がっています。
チューブを取り出して、水調べすると、パンク穴が見つかり、パンク修理に切り替えです。

チューブの欠陥の露呈のようです。


修理ではありませんが、ここ暫く、以前にブログに頂いたコメントを読み返す作業をしています。
言葉や、文章、意図などなど、ちゃんと読み取れていなかったと思う個所もあり、気にしていなかった一文が引っ掛かったり、それなりに面白いのですが、一か所、まだ理解できない文章に当たり、悪戦苦闘中です。

2021年3月22日 (月)

久しぶりでバルブ根元?パンク

今日は、三件のご依頼を頂いたのですが、一件は一旦はお引き受けしたのですが、お伺いする足がなくお断りをさせて頂きました。

一件目はパンク修理のご依頼です。
空気圧が少ないまま乗られたのか、バルブ根元近くのパンクでした。バルブ根元まで2mm位で、通常のパッチ修理は出来ず、バルブ根元パンクに準じてパンク穴を接着剤で封止して、封止部にストレスが掛からないよう、パッチ当て、バルブ根元にパッチ剥がれ防止のインシュロックです。
一度目は、パンク穴の接着剤での封止が出来ず、水調べでエアーが漏れましたが、パッチを剥がしての再修理で、石鹸水チェックまでクリアーしました。

二件目はパンク?のご依頼でしたが、放置でのエアー抜けのようで、まだ空気は残っていました。
虫ゴムだけは交換し、空気を入れて様子見ですが、あまり心配はしていません。

三件目は、ちょっと遠方のご依頼で、バイクのバッテリーに不安があり、車でお伺いしようとしたのですが、自宅に戻ると車がありませんでした。
申し訳なかったのですが、修理にお伺いできない旨ご連絡させて頂きました。
期待を持たせてしまい申し訳ありませんでした。

2021年3月21日 (日)

新車でニップル穴パンク

今日はパンク修理のご依頼が一件です。
雨模様だったので、修理は難しいかもとお答えしたのですが、お急ぎのご様子と、屋根のあるカーポートの下で作業可能とのことでお伺いしました。
バルブの脇から漏れる音がするんですとのことで、バルブ根元かもと思いながら開けたのですが、ニップル穴パンクが二か所でした。
ダブルウォールリムに、赤いリムバンドですが、チューブは、ニップル穴の部分で大きく伸びてパンク穴になっていました。

パンクしていない前輪も、少し空気圧も高めだったので、エアーを抜き、お客様には、状況をご説明して、出来ればメーター付きの空気入れで、空気圧管理をしてくださいとお願いしましたが、もう少し高圧でも耐えられるリムバンドで製品化して欲しいです。

気休めかもしれませんが、バルブ脇のニップル穴の部分にVパッチを切り出して補強しておきました。

2021年3月20日 (土)

泥除けの繋ぎ

今日は、修理のご依頼は一件だけです。

パンク修理のご依頼だったのですが、お伺いしてバルブを触った際にトップナットの緩みに気づきました。
お仕事で使われている自転車なので、念のため水調べしましたが、やはりパンク穴は見つけられませんでした。
タイヤはトレッドのパターンがない状態で、ローラーブレーキも酷使の結果か、だいぶ摩耗が進んでいます。
お中元シーズンに入る前にはタイヤと同時にローラーブレーキの交換をしたほうが良いですとご提案させて頂きました。

記事のタイトルは、自宅の自転車です。
ドイツ製の軽快車ですが、アルミの泥除けステーが使われていて、ステーがやや華奢です。
リヤのリフレクターにはランプが内蔵されていて、やや重く、長年の使用で、泥除けが二つに割れてしまいました。
走るとガタガタ音がして、歩いている人が振り返るそうです。
交換用の泥除けを探したのですが、これはというのが見つからず、しばらく放置(荷台に泥除けを縛っていました)していたのですが、そろそろ何とかしてくださいとお叱りを頂きました。
古い泥除けを切り出して、割れた泥除けの裏にはめ込み、ネジで固定して泥除けを繋ぎました。
結構しっかり固定でき、ガタつきはありません。
ついでにリヤのリフレクターもキャットアイの小型のリフレクターに交換し、泥除けへの負荷を減らしました。
これでもうしばらく乗れそうです。

 

2021年3月19日 (金)

修理より食べ物

今日は一件だけのご依頼です。
ご不在中のパンク修理となり、リング錠が施錠されたままの後輪です。

水調べ前のエアー注入で、漏れ音を確認し、パッチ処理をしたのですが、修理後の水調べで、すぐそばのパンク穴を発見しました。
リム打ちパンクだったようです。
張ったばかりのパッチですが、なかなか剥がれず、やすりでエッヂを捲りあげ、何とか剥がして、再度やすり掛けして、二個のパンク穴を一枚のSパッチで抑え込みました。

念のため、タイヤ内の異物チェックは行いましたが、異物は見つけられず、リム打ちと判断したのは間違いなかったようです。

夕刻に、集金もかねて、お客様のお近くの肉屋さんに家内と二人で買い物です。
ヒレカツとメンチカツ、エビとカニのクリームコロッケを買って帰りました。
今日は定休日なので、揚げ物が冷めないうちに早めの夕飯です。
以前から気になっていたお店なのですが、揚げ物は注文してから揚げて下さり、牛筋や、テール、タンもありました。
良いお店を見つけたと、家内と二人笑顔です。

2021年3月18日 (木)

チューブ内異物

今日はご依頼は一件だけですが、パンクの再修理です。

前回パンク穴が見つけられず様子見とさせて頂いたのですが、今回はパンク穴が見つかりました。
面白いというと不謹慎なのですが、
一回目の水調べでパンク穴を見つけ、マークしたのですが、水溶性のマーカーを使っているため、全周チェック中にマーカーが消えてしまい、再度の水調べではパンク穴が見つからず、三回目の水調べでしっかりマークしました。

一回目の水調べの後、パンク修理にかかろうとバルブを抜いた際、空気の抜けが悪かったので、バルブの下を探ると、チューブ内にゴム状の異物を感じました。
パンク穴が、それなりに大きく、エアー漏れもすぐに見つかったのに、二回目の水調べでは見つからなかったのは、チューブ内の異物がパンク穴を塞いだとしか思えません。

今までは、虫ゴム切れでバルブ内に張り付いた虫ゴムはチューブ内に落としていたのですが、今後はなるべく引っ張り出そうと思います。

2021年3月17日 (水)

異音

今日は、一件のご依頼だけでした。

ペダリング時の異音とのことでしたが、BB周りのガタつきもなく、リヤハブの緩みもなく、ペダルの緩みもなく、外装変速でチェーンの伸びもありません。変速も正常で、乗車点検でも不具合は見つからず、お客様にも乗車して頂きましたが異音はないとのこと。

ヘッドパーツと、ハンドルステムの緩みがあり、固定して、ペダル部の増し締めを行って、様子見とさせて頂きました。

 

2021.03.16の異物

Dsc_0003

タイヤの外からしっかり見えます。

Dsc_0006_20210317062401

タイヤ内にこれだけ貫通していました。

Dsc_0007

何かの細いシャフト?でしょうか。

最後の修理?

昨日は、振替の営業日でしたが、ご依頼は月曜日に頂いて日延べして頂いた一件だけでした。
夕方のご依頼だったので、日没が気になり、ちょっと早めにお伺いしたのですが、それらしい自転車が見つかりません。

確認の電話を入れたところ、パンクしたままの自転車に乗られていて、今帰宅の途中とのこと。

チューブの心配をしながら待たせて頂きました。

戻られた自転車を拝見すると、しっかり異物が刺さっています。
お客様の立会いの下、水調べをすると、パンク穴は大きかったですが、異物が貫通した2カ所のみです。
チューブが異物で固定されて動かないという幸運な状態だったようです。

大判パッチを切り出して、一枚のパッチで対処しました。

バイクの購入の予定がおありとのことで、自転車を使われるのはあと一か月ほどだそうですが、各部点検・注油をしてお引き渡しです。

2021年3月15日 (月)

臨時休業申し訳ありませんでした。

本日は臨時でお休みを頂き申し訳ありませんでした。

暫く顔をみていなかった、娘と息子の顔を見に、千葉県の野田市に行ってきました。

二人の元気な顔を見て、一度お伺いして美味しかった中華のお店でお昼を食べて帰ってきました。

明日は、今日の代わりに定休日は返上しますので、ご依頼をお待ちしております。

本日(3/15)は臨時休業とさせて頂きます。

先日もお伝えしましたが、私用のため、本日(3/15)は臨時休業とさせて頂きます。

お急ぎのお客様は、

自転車修理のぴよちゃん

Shirokuma

自転車修理キーマン

さんを頼ってみてください。

2021年3月14日 (日)

修理の天敵

今日は、一日風が強かった為か、修理のご依頼はありませんでした。

以前にも記事を書いていますが、出張修理の自転車屋にとって、雨と風は天敵です。

雨の日のパンク修理は、中0部の湿りの所為か、ゴム糊の渇きが悪いのか、パッチ貼りの失敗が時折ですが発生します。
そのため、通常より糊の渇き時間を長くとったり、気を使います。

風が強い日に一番気を付けるのが自転車の転倒です。
バイクでお伺いする関係で、大きなしっかりした自転車スタンドが使えません。
なるべく、風を受けない場所を探して修理しますが、それでも突風が吹くと自転車を倒してしまうことがあります。
悩みは、それだけではなく、修理用の小物が風で飛ぶことがあります。
虫ゴムや、チューブが入っていた袋、時にはスプレー缶が転がります。

修理の依頼がないと寂しい反面、ちょっとほっとしているのが本音です。

2021年3月13日 (土)

雨の中のパンク修理

今日は、雨の中昨日ご依頼を頂き定休日だからと日延べして頂いたお客様のパンク修理です。
昨日お引き受けしていればと後悔しましたが、後の祭りです。

雨の中の移動で手が冷えてしまい、なかなか修理に取り掛かれません。
暖かい飲み物を買って、体と手を温めてから作業開始です。
駐輪場に留められている自転車も少なく、駐輪場に屋根があり、雨でも修理に不都合はありません。

パンクは接地面の穴でしたが、異物は見つけられませんでした。
併せてご依頼のチェーン弛みが原因のチェーンケースとチェーンの干渉による異音を、チェーン調整で解消してお引き渡しです。

その後は、ご依頼なく雨を眺めながら一日を過ごしました。

怠惰に過ごした一日でしたので、夕飯づくりは私の仕事にしました。
ナスを八割にして油通ししながら、別鍋でひき肉を甜面醤、ドウチ醤、豆板醤、XO醤を紹興酒で溶かした合わせ調味料で肉みそにします。
黒酢を煮切って、隠し味にするのが我が家流です。
肉みそになったら、ほんの少しですが砂糖で味を調整し、ガラスープを加えて、油通ししたナスを加え、一煮立ちさせてから水溶きのカタクリでトロミをつけて出来上がりです。
家内から及第点をもらえましたので、満足です。

2021年3月12日 (金)

米式バルブのバルブ根元パンク修理

完全休業日の予定だったのですが、昨日虫ゴム切れで様子見とさせて頂いたお客様から、「やっぱり空気が抜ける」とのご連絡です。
昨日一日しか持たなかったそうです。
チューブを取り出すと折り目があり、谷折り部にパンク穴が有りました。
1mm以上の穴で、パンク穴はすぐ見つけられたのですが、チューブの重なりで漏れは抑えられていたようです。

パンク修理が終わったところで、お客様のお隣にお住まいの方から、パンク修理2台のご依頼です。
お断りするわけにもいかず、修理にかかりましたが、
一台は米式バルブのバルブ根元のパンクです。
当然というのも申し訳ないのですが、替えのチューブはありません。
パンク穴を接着剤で塞ぎ、穴空きパッチを被せて、米式なのでナットは掛けられませんでしたが、インシュロックが遊んで逃げることがないのでナットなしのインシュロック止めです。
水調べも、石鹸水チェックもクリアー出来ました。

もう一台は、虫ゴム切れが在り、様子見のつもりだったのですが、点検中に空気圧の減少です。
開けてみると、接地面にパンク穴です。
パッチ処理して、異物を探しましたが、異物は見つけられませんでした。

自宅に帰ってうたたねをしていたら、近所のお客様が持ち込みの修理依頼です。
サドルを低くして足つきを良くしたいとのこと。
やぐら返しをして、サドル固定レバーをナットにして限界まで下げて、サドルに座ったまま、かかとが地面付くまで下げました。
電動アシストでしたから、ここまで下げましたが、普通の自転車ではかかとが着くほど下げてしまうと漕ぎだしで力が掛からずかえって不安定になります。

ということで、完全休業には程遠い一日でした。

2021年3月11日 (木)

MPプランジャーでエアー漏れ

今日は五件6台の点検、修理です。

一件目は、譲り受けられたとの、電動アシスト自転車のエアー漏れのご依頼です。
昨日空気を入れたばかりとのことですが、確かに空気は減っていますが抜けきってはいません。
バルブコアがMPプランジャーで、まさかと思いながら水調べをすると、トップナットの脇からエアー漏れです。
全周調べましたが、他のエアー漏れ箇所は見つけられず、MPプランジャーからの漏れ確定です。

二件目は、パンク修理のご依頼ですが、タイヤ交換かもとのご依頼。
タイヤは全く問題なく、虫ゴム切れです。
お近くのお客様で、虫ゴム交換で様子見とさせて頂きました。

三件目は、当日のご依頼で急ぎのリング錠交換です。
四件目のご予約があり、時間を気にしながらでしたがお伺いしました。
BSの一発二錠で、リコール対象品です。
リコールでリング錠も鍵付きに交換されますとお伝えしたのですが、今すぐ自転車が必要とのことで、リング錠交換です。
一発二錠のケーブルも取り外しました。

四件目は、20インチ車のタイヤ・チューブ交換です。
タイヤのバーストで、かなり大きな音がしたそうです。

五件目は外装変速の自転車を両立すたんどにかえようとしたが、スタンドの形状が合わずに断念され、元の一本足に戻したので、取り付けが正しいかチェックと、漕ぐと異音がするので点検して欲しいとのご依頼です。
スタンドは、ナットが完全に締まっていなかったので、左右とも締めのチェック。
異音は、チェーンとチェーンケースの接触で、力業での接触回避です。
お子さんの自転車でしたが、乗車点検をして頂くと、サドルが低すぎです。
膝頭がサドルの高さより上がります。
サドルを10cmぐらい上げたかったのですが、ちょっと怖いとのこと、5cmぐらい上げましたが、漕ぎ始めのふらつきが無くなり、少しは乗りやすくなったそうです。
慣れたら、少しづつ挙げてくださいとお願いしました。

もう一台、こちらも異音ですが、チェーンの弛みでチェーンケースとの干渉です。
チェーンの張りを調整して完了でした。

2021年3月10日 (水)

レクチャー?

今日は、四件4台の自転車?です。

一件目は折り畳み自転車のパンク修理のご依頼でしたが、「タイヤがダメかも」とのことで、20インチと18インチのタイヤ・チューブを積んでのご訪問です。
お伺いすると、前輪のパンクでしたが、タイヤの全周に渡って、カーカスが露出です。
一か所お客様も確認済みのタイヤの穴が有り、その位置でチューブにも穴が開いていました。
前輪なので、タイヤチューブ交換はすぐ終わったのですが、ついでの前輪ハブへのグリス注入です。
前輪を組み終えたところで、お客様から、ブレーキがとの不調の申し出です。
ブレーキを確認の際、リヤハブのガタつきも発見、後輪も外します。
お客様がお出かけの予定があるとのことで、反フリー側のみグリス注入、ガタを取って組み上げブレーキ調整です。
各部注油してのお引き渡しです。

二件目のお客様は、一件目の修理中に、
「空気を入れたら、空気が抜けました」とのご依頼。
虫ゴムは健在のようでしたので、「虫ゴムを奥まで差し込んで、バルブを組み立ててもう一度空気を入れてみてください」とお願いしたのですが、
やはり空気が入りませんとのご依頼です。
お伺いしてみると、虫ゴムのセットはしかり出来ていましたが、新し空気入れでお使い方がよくわからないようでした。

の付いた空気入れです。
使う口(穴が小さい方)と、レバーを倒して固定されることをお伝えしました。

三件目は、持ち込みで電動アシスト自転車の空気の補充とチェーンのキュルキュル音です。
電動アシスト自転車の防錆チェーンは注油しないほうがよいと読んだ記憶があり、迷ったのですが、軽めの油で音だけ消しました。

四件目も持ち込み修理ですが、ロードバイクのサイドプルブレーキの片当たりです。
ブレーキのセンター出しだけで治るかと思ったのですが、リムの振れが大きく、振れ取りをして、ブレーキのセンター出しとなりました。
ブレーキレバーの引きにも軽さがなく、ワイヤーの出入り口に注油して引きの軽さが戻りました。

2021年3月 9日 (火)

乗られなくても空気は入れましょう。

今日はご不在中のパンク?修理のご依頼一件です。

前輪のタイヤがそろそろ限界なのですが、お客様ご不在のため、タイヤ交換は後日とさせて頂きました。
パンクはしておらず、まだ少しですが空気が残っています。
念のため水調べしましたが、パンク穴は見つけられませんでした。
チューブを戻して、前後とも、空気を入れて完了です。

3月15日は臨時休業とさせて頂きます。

私用で申し訳ないのですが、3月15日(月)は臨時休業とさせて頂きます。
代わりに、翌火曜日は営業日とさせて頂きます。

お急ぎのお客様は、

自転車修理のぴよちゃん

Shirokuma

自転車修理キーマン

さんを頼ってみてください。

尚、先の話になりますが、3月末から4月の初めに、杏子の花を見に行きます。
開花時期が短く、家内が仕事をしていたこともあり、今までは見送っていました。
今年は、家内の仕事が休みなので、お花見を決行します。
3月末から4月の初めの定休日にはご依頼をお受けできないです。
場合によっては、平日でも臨時休業する可能性があります。
大変わがままを申し上げますが、40年来の夢ですので、お許しを頂きたく、お願い申し上げます。

2021年3月 7日 (日)

2021_03_07の異物

一個目はタイヤ外から確認できました。

Dsc_0004_20210307233401

ガラスの破片の様です。

Dsc_0006

二個目は、タイヤ内で確認し、取り除いたのですが、異物単体で撮影しようとした際に飛ばしてしまいました。
Dsc_0008_20210307233401
よく見かける、ワイヤーの細線でした。

珍しい異物2個

今日は三件4台のご依頼です。

一件目は、2台のパンク修理のご依頼。
1台は、少し前にパンク修理させて頂いた、自転車です。
チューブが弱っていたのか、パンク後に乗られたのか、2カ所の星屑パンクです。
パンク修理の回数も多く、チューブ交換で対処させて頂きました。
2台目は、初めてのパンクですが、異物が2個刺さっていました。
10年目にして初めての経験です。
2個とも異物は取り除けましたので、この先の不安はありません。

二件目はロードバイクのブレーキのセンター調整。
前後とも少しずれていたので、後輪は当店で、前輪はお客様にて調整です。
ネジが二本、折れているのですが、エクストラクターが見つからず、折れたネジの除去は次回修理時に持ち越しです。
その後も探したのですが、見つからず、ホームセンターで購入しました。
次回修理時には、ネジの除去に挑戦です。

三件目は、パンク修理のご依頼。
走行中に急激に抜けたとのことです。
確かにパンク穴は大きかったのですが、穴は一個で、接地面に近く、異物パンクの疑いが濃厚です。
異物は抜けてしまったのか、見つけられませんでした。

状況確認は、ご本人としたほうが良いです。

昨日は、一件の再訪を含み四件7台の修理・点検です。

一台は、先日来懸案のFD、ディレーラーハンガーの交換です。
送ってもらったディレーラーハンガーが部品違いで、当店のチェック結果と併せてご相談の結果、ハンガー曲がりの修正で対処させて頂きました。

二件目は、三台の自転車のエアー不足です。
2台は虫ゴムの劣化、1台は放置でのエアー漏れ、で3台とも様子見です。

三件目は、パンク修理のご依頼。
パンクはリム打ちパンクで一枚のSパッチで対処できたのですが、自転車屋さんの対応に不満を持たれてのご依頼でした。
昨年チューブを交換されていて、パンク修理を頼もうとしたら、触診のみでチューブ交換が必要といわれたそうです。
確かにチューブはタイヤ内で団子になっていたので、これは多少理解できるのですが、
実はBSのエアハブ搭載車です。
エアハブからバルブまでのチューブが、前回のチューブ交換時に無断で取り外されたそうです。
流石に、この対応はないと思います。

四件目は、外装六段のサイドスタンド車です。
前々から両立スタンドへの交換を考えておられたそうですが、学校の行事で自転車が大量に駐輪される状況になるので、自転車が倒れて他の自転車に迷惑を掛けたくないとのことです。
当店には外装変速用のスタンドの在庫がないとお話したら、ホームセンターまで購入に行かれました。
取り付けだけ作業させて頂きました。
もう一台、前のブレーキが戻らないということで、前ブレーキのセンター出しです。
点検レベルの作業でした。

再訪になったのは、一件目のお客様で、ご不在中の修理でした。
状況の確認に不足がありました。
お客様には、ご迷惑をおかけしましたが、不具合の状況をしっかり確認できたので、対応策を考えて対処させて頂きます。

2021年3月 5日 (金)

足の痛みで修理をお断りしました。

今日は、昨夜来の左足の痛みで、家内にゴミ出し当番を変わって貰いました。
左足、大腿骨頭付近に痛みがあり、歩くと辛かったです。

朝一で持ち込みのパンク?修理のご依頼を頂いたのですが、足の痛みを理由にお断りしました。
申し訳ありませんでした。

昼過ぎには痛みも軽くなり、先日お伺いしたパンクの再修理にお伺いしました。
念のため、車輪を外し、チューブだけ取り出し、大きく膨らませて水調べしましたがエアー漏れは見つけられませんでした。
加圧状態でのエアー漏れ?バルブの緩み?空気を入れないままでのお引き渡し?当考えてみましたが、断定できる要素はなく、もう一度チャンスを頂いて、様子を見て頂くことになりました。
これで、再発するようなら、チューブを交換させて頂きます。

足の痛みは、押したり、捻ったりすると痛みを感じますが、歩行にはあまり支障がない程度まで回復しました。
余り長引く痛みではないようなので、明日の三件のご予約はこなせるだろうと思います。

2021年3月 4日 (木)

パンク修理のご依頼が三件でしたが

今日は、三件4台の修理・点検のご依頼です。

一件目はパンク修理のご依頼でしたが、多少ですが空気が残っており、念のための水調べでもパンク穴は見つけられず。様子見とさせて頂きました。

二件目は、パンク修理と、点検のご依頼です。
パンクは、タイヤのバーストで、タイヤチューブ交換です。
点検は、異状なく各部注油して完了です。

三件目は、パンク修理のご依頼でしたが、こちらもバーストで、タイヤチューブ交換です。

パンク修理のご依頼三件でしたが、パンク修理は無しの珍しい結果となりました。

お客様からお伺いし、確認しに行ったのですが、近所の自転車屋さんが、三月一杯、休業だそうです。
この時期の休業はつらいでしょうが、四月の復帰をお祈りしています。

2021年3月 3日 (水)

前ブレーキの点検はお早めに

今日は、三件3台のご依頼です。

一件目は、BMX風自転車のパンク修理のご依頼です、「細い針金が刺さっていたので抜いておきました」とのこと。
接地面にパンク穴を発見、一個だけでした。
各部点検で、前ブレーキレバーの引き代に余裕がないのを発見。
ワイヤー調整で対処です。

二件目は工事現場で転倒されてパンクしたとのお客様。
リムエッジで、チューブカットしたようで、タイヤにも亀裂ありです。
タイヤの亀裂も、当てゴムと接着剤処置をしてみました。
四本のスポーク切れが在り、スポークも交換です。
各部点検で、前ブレーキレバーの引き代に余裕がないのを発見。
こちらもワイヤー調整で対処です。

三件目はパンク修理のご依頼。
後輪のカーカスが見えていたのですが、今回はパンクのみの修理とのことで、前後タイヤをローテーションです。
パンクは、バルブ座脇の揉まれパンクです。

2021年3月 2日 (火)

空気入れ分解清掃

今日は風と雨の所為か修理のご依頼は無し。
定休日なので、当たり前なのかもしれませんが、ご依頼の電話がないと寂しいのは、仕事人間の性でしょうか?

体重が減ったせいなのか、どこか不調なのか、高圧対応のポンプなのに、5気圧までしか空気を入れられなくなったポンプを分解清掃です。
メーターの読みで5気圧までなので、メーターまでの配管を調べたのですが、特に汚れが溜まっている様子もなく、エアーの流れは問題なさそうです。

今日は、実使用でのチェックは出来ませんでしたので、明日にでも、実際に空気を入れて試してみようと思います。

2021年3月 1日 (月)

中古タイヤで応急処置

今日の一件目は、クロスバイクの700x28cのタイヤバーストです。
スポーツ車のタイヤはお客様の好みや、使用目的で選んでいただき交換しています。
基本的に在庫はしていません。
仕方なくですが、中古のタイヤを使って、チューブは交換し応急的に走れるよう対処させて頂きました。

二件目は、パンク修理のご依頼でしたが、パンク穴は見つけられず、様子見とさせて頂きました。

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    36.2℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ