« ショートヘッドアーレンキーは自作しました。 | トップページ | 久しぶりの反射板白濁 »

2021年2月24日 (水)

三か月でパッチ下チューブ割れ

今日は、四件5台の点検修理です。

一件目は、パンク修理と点検のご依頼。
クロスバイクですが、しばらく放置されていた前後輪ともエアー抜けです。
放置でのエアー抜けかと、もう一台の点検前に空気を入れて作業開始です。
ブレーキとチェーンが?とのことでしたが、前ブレーキのワイヤー調整と、内装三段のワイヤー調整、各部点検と虫ゴム交換、エアー充填で、気持ちよく走りますとお言葉がいただけました。
点検が終わって、クロスバイクのタイヤをチェックすると空気が抜けています。
水調べで二か所のパンク穴、古い修理跡も三カ所あり、チューブ交換での対処となりました。

二件目は、パンク修理のご依頼。
2~3日で空気が減るそうですが水調べでパンク個所は見つかりました。
揉まれパンクですが、定期的に空気は入れて下さっているので、もう少し多めに3~5回ポンピングしてくださいとお願いしました。

三件目もパンク修理のご依頼ですが、三か月ぐらい前に修理にお伺いしています。
前回修理のパッチ脇からのエアー漏れです。
パッチの下を探ると、チューブが割れています。
パッチを剥がして、大判パッチで対処しましたが、三か月でのパッチ下チューブ割れは初めての遭遇です。
作業に問題があったのか、チューブの問題なのか、空気圧管理の問題なのか?
前輪の空気はしっかり入っていましたし、こまめに空気は入れておられるとのことで、原因がはっきりしませんが、大判パッチで対処させて頂き、すぐ再発するようなら次回はチューブを交換しますとお伝えしました。

四件目は、フラッカーズのハンドルロックが利かないとのご依頼。
ワイヤーの動きには問題なく、ワイヤー調整で完了です。

« ショートヘッドアーレンキーは自作しました。 | トップページ | 久しぶりの反射板白濁 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショートヘッドアーレンキーは自作しました。 | トップページ | 久しぶりの反射板白濁 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.7℃
    35.8℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ