« 今日は一昨日の後始末 | トップページ | 2021.02.11の異物 »

2021年2月11日 (木)

子供乗せとブレーキレバーのスペース確保

今日は二件、4台の修理です。

1件目は、先日修理対象を間違え、昨日下見にお伺いしたお客様。
間違えて修理した自転車は、修理をしたいと思われていたそうで、逆に喜んでもらえて、問題にはなりませんでした。
1台目の修理対象だった自転車は、スポーク切れ、踏み込み時のペダル抜け、BB緩みでしたが、蝶穴のハブで車輪を外すことなく、スポーク交換、振れ取り完了です。
BBの緩みも、左ワンの玉当たり調整で完了。
踏み込み時のペダル抜けは、ラチェット部にオイルを吹き込んで様子見とさせて頂きました。
2台目は、先日修理をさせて頂いた際にも気になっていたのですが、ブレーキレバーが握りにくく力が入りません。
フラッカーズタイプで、前の子供乗せが邪魔をしています。
ヘッドレストを外して、握りやすくスペースを確保して、ブレーキレバーを少し外側に降りました。
ついでに、ハンドルを少し手前に傾け、グリップ位置を下げました。
ブレーキ音が前後とも気になるとのことで、前ブレーキはシューの位置を最適化、後ろのバンドブレーキは音けし処置です。
3台目は、後輪の異音、ローラーブレーキのグリス切れによる内部部品の遊び音です。
ローラーブレーキグリスの注入で遊ばなくなり、音は消えました。

二件目は、パンク修理のご依頼。
お客様が、取り除いてくださった、異物によるパンクです。
チューブを貫通して2個の穴が開いていましたが、大判パッチの切り出しで、一枚のパッチで対処です。

« 今日は一昨日の後始末 | トップページ | 2021.02.11の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は一昨日の後始末 | トップページ | 2021.02.11の異物 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ