« 自転車パンクについての誤解 | トップページ | 2020.12.29の異物 »

2020年12月29日 (火)

タイヤ傷補修

今日のご依頼は前輪のパンク修理一件だけです。
しっかり空気圧の管理はしていてくださるお客様です。
走っていて急に抜けてとのことで、リム打ちを疑いながら、水調べのため空気を入れようとしたのですが、空気が溜まりません。
見つけた穴は、3mmぐらいの切り裂きで接地面です。
リム打ちのパンク穴ではありません。
異物を探ってみましたが、タイヤには異物が見つからず、原因を悩んでいたら、タイヤ内にい異物が転がっていました。
タイヤにも、切り裂きの穴が見つかり、異物パンクに間違いはありません。
チューブはパッチ処理、タイヤは切り裂かれた穴が4mmぐらいありましたので、ゼリー状アロンアルファで傷口を接着しました。
空気を充填して、少し走ってみましたが、接着部が剥がれる様子はなく、タイヤ側については、様子を見て頂くことにしました。

« 自転車パンクについての誤解 | トップページ | 2020.12.29の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車パンクについての誤解 | トップページ | 2020.12.29の異物 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ