« 今日も大掃除 | トップページ | 珍しく、ハブフランジ側へのチェーン落ち »

2020年12月10日 (木)

間違えて修理。

今日は一件のタイヤ・チューブ交換のご依頼と、もう一件「走るとゴトンゴトンと感じる」とのことでパンクかもしれないとの修理のご依頼です。

一件目で、ちょっとした失態です。
ご依頼をされた方が不在で、リヤカーの修理のご依頼と伺ったのですが、どのリヤカーか分からず、空気が少なかったリヤカーのタイヤ・チューブ交換のご依頼を行いました。
修理後、他のリヤカーとリヤカーを引っ張る自転車の空気圧チェックをすると、別なリヤカーについている自転車の後輪の空気が抜けています。
勘違いして、関係のないリヤカーのタイヤ・チューブ交換をしてしまいました。
元のタイヤ・チューブに戻して、改めてエアー抜けした自転車の修理です。
軽い揉まれパンクで、タイヤのサイドに亀裂はありましたが、内部の損傷はなく、パッチで対処です。

二件目は、内装三段のハブにガタつきがあり、玉当たりの調整も行うため、ホイールを外してチューブを取り出し、大きく膨らませてパンクチェックです。
パンク穴は見つけられず、バルブの根元で、団子になったチューブでゴトンゴトンと感じられていたようです。
ハブの玉当たり調整をして、ホイールをセットし、既定の空気圧を入れると、走りも軽くなったと喜んでいただけました。

« 今日も大掃除 | トップページ | 珍しく、ハブフランジ側へのチェーン落ち »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も大掃除 | トップページ | 珍しく、ハブフランジ側へのチェーン落ち »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ