« 電動アシストの内装三段ブレーキ側ロックナット緩み | トップページ | 訪問時間を勘違い。 »

2020年11月26日 (木)

お客様が引っ越しをされるそうです。

今日は、パンク修理のご依頼が二件です。

一件目は、電動アシスト自転車ですが、リコール対象の一発二錠が付いていました。
パンクは軽微な揉まれとチューブの欠陥の複合原因だと思われ、Sパッチで対処です。

二件目は、半日で空気が抜けるとのことでしたが、水調べを二回しましたが、パンク穴は見つけられず、念のためバルブコアを虫ゴムタイプから、シュワルベ英式バルブコアに交換しました。
事情があって都内に引っ越しをされるそうで、多分今回が最後のご依頼です。
空気圧管理だけではなく、ご自分でもパンク修理に挑戦されたお客様です。
ちょっと寂しいです。

 

 

« 電動アシストの内装三段ブレーキ側ロックナット緩み | トップページ | 訪問時間を勘違い。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電動アシストの内装三段ブレーキ側ロックナット緩み | トップページ | 訪問時間を勘違い。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.7℃
    36.1℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ