« 駐輪機に留められた前輪のタイヤ交換 | トップページ | ハブダイナモ断線でした。 »

2020年10月13日 (火)

パッチ下チューブ割れ

今日は二件のパンク修理です。

一件は、当店で修理した修理跡のパッチ下チューブ割れです。
まだ修理後2年を経過していません。
元のパンクは異物パンクで、接地面です。
Sパッチとバルカーンを使った修理でしたが、チューブからパッチを剥がすことが出来ました。
大判パッチを切り出し、チューブの割れ面にもバルカーンを塗って割れ目の広がりを防止できればと考えましたが、何年持ってくれるでしょうか?

二件目は当店修理ではありませんが、パッチ脇からのエアー漏れです。
当店の基準ではやすり掛けの不足です。
パッチを剥がして、やすり掛けして、パッチの貼りなおしです。
併せて、ご不要の自転車から、前後泥除けの移植です。

« 駐輪機に留められた前輪のタイヤ交換 | トップページ | ハブダイナモ断線でした。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駐輪機に留められた前輪のタイヤ交換 | トップページ | ハブダイナモ断線でした。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    35.6℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ